薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人民元

2008.04.12 未分類
1ドル6元台に突入した。

ということが話題になったりしてますね。
これは今迄中国で商品を安く生産して
日本に輸入している業界には打撃かも知れない。

でも日本で製造している企業には光明かも。
まあ、ベトナムとかに移って行くだけなんでしょうが
その移るまでの間が少し儲かるかもw
コメント0
トラックバック0

独立

2008.03.20 未分類


まずはコソボ問題。
コソボがセルビアから独立した。
セルビアは当然反対したがEUが後ろ盾になっているので
強気に出たようだ。
しかし、セルビアの背後にはロシアがいる。
このセルビアとロシアのタッグは第一次世界大戦を思い出す。
チトー以降最近バルカン半島が安定したことはないと思うのだが
なんなのだろうか?
戦略的にも経済的にも非常に重要というわけではないように
思うのだが・・・。


独立といえばチベットがキナ臭い。
まあ、ダライラマが「独立でなく高度な自治」を要求しているから
コソボとは違うかも知れないが
ハッキリ言って「高度な自治」は独立への布石としか思えない。
(もっとも独立したところで強力な後ろ盾がなければ
 東ティモールみたく経済的苦境に陥る)
なぜ今騒乱が起きているのかはよくわからない。
オリンピック前だからとか全人代開催中だったからとか
諸説あるがわからない。
ともかく理由は
鉄道がつながってもチベットにはほとんど利益がなく
少数の漢族に集中しているから不満が溜まっているのではないか?
そういう意味で中国はチベット統治に失敗している。

それと中国のチベットへの対応を批判をするとき
日本も過去に同様なことを
してきたことを忘れてはならない。
日本は明治に琉球を併合し、アイヌの反乱を武力で押さえつけてきた。
(シャクシャインの反乱などは江戸時代の出来事だが結局
 シャクシャインは日本側の騙し討ちで殺された)
そして「土民保護法」などで支配してきた。
たまにそれを忘れて
「日本は単一民族の国家だ」
とのたまう国会議員もいらっしゃる。

中国と同様にロシアもチェチェンで弾圧を行っている。
日本のマスコミはチベットならチベットだけ
チェチェンならチェチェンだけではなく
繋がりも伝えて欲しい。

コメント0
トラックバック0

畏れと穢れのはざまで

2008.03.18 未分類
高野山へ行ってきた。
でもそこには厳しい戒律で守られた真言密教の道場の姿はなかった。
(まあ、俺みたいなやつが入れてしまう時点で・・・。)

まず、高野山にコンビニがあるw
そこで肉製品が売られている。
昔の高野山でチキンカツサンドを食べるなど言語道断だったろう。
そして今は女性も出入り自由である。
・・・というよりむしろ住んでいる。

一応今も高野山には女人堂という建物が残っている。
これは高野山の結界内に入れない女性がそこで祈りを
捧げるために建てられていたものだ。
これを現代のフェミニストが聞いたら仏教は酷い宗教だ
と言うかも知れない。

まあ、女性が結界内にはいれないのは
普通修業中の僧侶に性欲を惹起させるからとか
そういうことが予想されると思うのだが
(勿論そういうこともあったのかも知れないが)
別の要因もある。
それは穢れだ。
いや、それは女性自身が穢れているということでは
ないだろう。
もっと正確に言えば「血」が穢れなのだ。
女性は出産や月経により血との関わりが強い。
南方熊楠によれば彼の地元では
月経中の女性は家の敷地内の別の小屋で生活していたという。

入れなかったのは女性だけではない。
肉食した者、五辛(ニンニクとかネギとかの類)を食べた者
も入れない。
この理由はなんだろう?
肉食はインドの時点では否定されていなかった。
それは修行僧は托鉢で貰ったものを選好みすることを
否定されていたからだ。
きっと不殺生戒が徐々に変化したのだろう。
五辛は活力がつくことや息が臭くなることが
嫌われたのだろうと予想される。

そして服喪中だったり病気中だったりする人も
穢れているので入れない。
特に昔は死穢に敏感で貴族の家では使用人が
死にそうになると家の外に捨てに行ったほどだ。

個人的にはこれらの穢れ観念は仏教というより
列島にもともとあった感覚なのではないか?
つまり神道的感覚なのではないかと思っている。
しかしそうすると
ここで一つ疑問が起こる。
神道の祭事には実は狩猟に関するものが多い。
血塗られた神事があるのだ。
例えば諏訪大社では
http://park14.wakwak.com/~systemheart/suwataisya/
シカやイノシシの生首など供える。

うーむ。わからなくなった。
これは穢れが畏れになったのではないか?
と思うのだがどうだろう。
資料も考察も足りないので今はなんとも言えない。
これは民俗学者の守備範囲か。。。
コメント2
トラックバック0

たまに

2008.03.03 未分類
メールとかシカトされると悲しいです。

相手が気が付いていないのかも。。。
とか思ったりもするけど
いや、面倒だから返信しないのか。
とか思ったり。

若干しつこい性格なんでね。

うわあ。女々しいw
コメント3
トラックバック0

緑の革命

2008.02.23 未分類
単一作物を機械的に効率的に大量に作る。

その単一作物は遺伝子組み換えで肥料を効率良く
可食部に変えるというもの。
でも、そのためには大量に水と肥料と農薬を必要とする。
できた作物は商品として国際的に流通する。
作った人が食べるというわけではない。
生産者は自分の食糧はまた別に金で買わなければならない。
単一作物を大量に作れば病害、虫害も大規模化する。
それに対応するための農薬も大量に使用することになる。
農業の工業化、グローバル化による弊害は大きい。

この本でヴァンダナ・シヴァは緑の革命の立役者
であるノーマン・ボーローグやスワミナサンを
列強や多国籍企業の手先であると批判している。

農業の企業化というのは小作農とほとんど
変らないんじゃないか?
もっとも企業なら就労規程とかそういうのがあるから
全く同じというわけではないが。
コメント0
トラックバック0

テーラーメイド

2008.02.18 未分類
命のテーラーメイド。
なんて素晴らしい。

いろんな能力を組み込めるんだね。
まるでRPGのアビリティみたい。
そのうちトレハロースを細胞内で生産する
耐熱耐冷の強化人間とか登場するんでしょうか?

「僕はこの遺伝子をつけよう」
とかいって注射打って能力を得るとか。

アニメの世界だったらもう登場してそうですがw

俺はそんな世界は望まないけど
もう細菌だったら実現してるしね。
コメント2
トラックバック0

距離

2008.02.17 未分類
心の距離

肉体の距離

色心不二は言うけれどね。

此岸と彼岸の距離は絶対的だね。

3月がもうすぐ来る。
嫌いな季節。
卒業が嫌とかそういうショウもないことではないのですが
人によってはもっとショウもないことと思うかも。

命日忘れるって罰当たりなんかね?
俺はもう忘れたいし。
墓とかにも参りたくないし。

墓の前に立つには恥ずかしい自分だからですかね。

人生は旅だって言うけど
そうは思わない。
動かなくても人生は過ぎる。

人生終りが近づいても
「すまん、こんな風にしか仕上がらなかった」
って恥ずかしい報告しなきゃならないんだろうな。
墓に報告しても
「わたしはそこにはいません~♪」
ってことなんだろうけどw

墓参りとか最近の習慣らしいし。
昔は死穢を恐れて家の近くに別の石塔とか建てたんだってさー。
コメント2
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。