薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOTTAINAI その2

2005.06.06 時事放談
今日新聞に小生と関わり深い記事が出ていた。
我々は毎日300万人分の食料を捨てているという記事だ。
しかもそれはコンビニ・スーパーのみの量である。
なぜ小生に関係あるかといえば小生はスーパーでバイトをしている。
そして、日々捨てられてゆく膨大な量のゴミを見ている。
もっとも自分の部門の廃棄品はほとんどないわけだが(笑)

環境問題という分野の中で将来食料不足になるということが
よく言われる。
小生はそれは嘘だと思うのだ。
今も将来も食料は足りている、ただ均等に配分されていないというだけの話であろう。
問題の根源は通貨の格差ではなかろうか?
要するに輸入品がが安すぎる、デフレが止らない。
昔、竹中平蔵がインフレターゲット論というのを唱えていたと
記憶しているがやはりデフレの克服というのは難しいようだ。

そういった状況の中、小生がほんの僅かに、微かに期待しているのが中国人民元の切り上げだ。
中国は元を実質的な固定相場制とし、その通貨の差を利用して
膨大な製品を輸出している。
これに対して貿易赤字で苦しむアメリカが人民元切り上げを迫っている。
中国は近々(ここ1,2年の間に)この要求を飲まざるを得なくなるのではないか?
そうすればデフレも幾分か解消されるのではないかというのが
(便乗値上げも含めて)小生の期待である。
そうすれば国内の農林産品も少しは競争力を回復できるのではないか?
まあ、これは素人の淡い期待である。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/97-75576ed4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。