薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アル・ゴアとIPCC?

2007.10.12 時事放談
今年のノーベル平和賞はゴアとIPCCらしい。
何かピンとこない・・・。

温暖化について強く訴えたということなのだが
日本ではサラッと去っていった感じなので印象がないのだろう。
一応、バラエティ番組などにも出演して映画の宣伝をしていったが
その後、家がでかくて消費電力が物凄いらしい
といういまいちよくわからないバッシングを受けていたw

言行不一致ということなのだろうが
まさかゴアだって哲人政治家じゃないんだから
小さいことは見逃してあげようw


IPCCのほうはゴア以上に批判に晒されてきた。
温暖化に懐疑的な科学者が排除され、純粋な科学でなく
結論にすでに何か意図が組み込まれているというものだ。

自分はこの批判は妥当かもしれないと考えるが
IPCCの主張と立場を支持する。
地球温暖化はもはや方便であるとおもう。
実際に地球が温暖化しなくても、温暖化が人為によらなくても
温暖化問題は現在の環境問題のいわばランドマークであり
維持可能な社会システム形成への旗印である。

温暖化しなくても化石燃料からの脱却は必要なのだ。
・・・ってこれは日記で繰り返し述べたかも知れないが。


環境を扱う人々がノーベル平和賞を受賞したことに感慨を感じる。
一昔前までは戦争や貧困問題を扱う人達が受賞していた印象があるから
環境問題がいよいよこれらの問題と同じくらい重要で深刻だということが
認識されてきたのだろう。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/669-9e903f50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。