FC2ブログ

薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく

2007.08.18 未分類
なんとなく生まれて

なんとなく生きて

なんとなく死ぬ

それはなにげに難しい。

幸せはどれだけ金をもっているかとかじゃないというのは
なんとなくわかるが生きていくのに金が要るのも又事実。

テレビの街頭インタビューで
「今の時代はカネと時間に振り回されている」
といっている人がいた。

確かにそうだ。

それは人々が土から離れたから

都市生活を送るようになったから

だからといって団地っこの自分はいきなり農民になれそうもない。

だから日本の一次産業に貢献できるような仕事をしようと思っている。

自分が入る会社ではそういうこと(も)出来そうだ。

ただ、下積みがかなりかかりそうだが。。。

あと、安藤昌益は老子に主張が似ていると思う。
要旨だけだったらほぼ同じなような・・・。
所詮原理主義はイデアとしてしか存在できないけども。
スポンサーサイト
コメント4
トラックバック0
2007.08.20 00:54 edit
そういえばこの前の論文(安藤の自然について)どうだった?
じゃんぼ URL
2007.08.21 21:29 edit
昌益の人と動物と植物の違いについての考え方が
のっていたのが個人的には収穫だった。
ただ、筆者の「自然界」の捉え方が個人的には
賛同できない。
・・・というかこれは難しい問題なんだけど
どこまでを「自然界」とするのかは意見が分かれる
ところ。物質的なものなのか物質を支配する法則
も範疇に入れるのか・・・。そこをもう少し定義
付けしないといけないような気がするけど
そんなことしてると本論にはいれないとうことにw
八閑斎 URL
2007.08.21 22:10 edit
そっか、そっか。
確かに、中国人の「自然」の捉え方もあるかもしれないから、その辺はゴタゴタしそうだね。まぁ、読んだ文献をすべて入れることはまずないでしょう。論文を書く上で、使える文献と使えない文献を分けるのは必要。うちも今校正していて、どんどん削ってる。
じゃんぼ URL
2007.08.23 00:44 edit
基本的に中国と日本の「自然」という言葉に対する
理解というのは明治までほぼ共通で(中国の思想を受容しているから)
それは説明されていたんだけど筆者は結局どう考えるのか?というのが弱かった気がする。
問題は文献というか筆者自身の定義づけだったかな?と。
いずれにせよ昌益は難し過ぎるんですw
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/657-b9ea4360
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。