薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうがないのか。

2007.08.09 時事放談
しょうがない発言のおかげで注目された今日。

注目されたということに関して言えば
あの発言は良かったのだろう。
小生は未だにあの発言は”防衛大臣として”は不適だった
が一個人の考え方であれば必ずしも不適切ではないと思う。

長崎が選ばれたのは偶然でそれは天気とか諸々の条件が
あったからだ。
久間が「しょうがない」と言ったのはあの原爆で軍部を
抑える口実が出来た。本土決戦を避けられたから
犠牲は大きかったがしょうがなかった。
その状況まで追い込まれた当時の政府や軍部がよろしくなかった。

というのが本意であろうと思う。
戦後生まれで豊かな日本しか知らない小生もそう感じてしまう。
なにしろ軍部は本気で本土決戦をするつもりだったらしいのだから。
沖縄は捨て石にされたとよくいわれるが実はそうではない。
日本全土が沖縄と同じ状況になる予定だった。

そう考えればより不適切なのは首相の靖国参拝なわけで
不適切なのは安倍の方だ。

参院選惨敗や北京五輪、アフガンでの韓国人拉致で日韓中それぞれの国が
ヤスクニ云々どころではなく、議論が喧々諤々行われていた数年前の
面影は全くない。
結局、本当に騒いでいるのは本当にほんの一握りで
あとはマスコミに煽られているだけなわけだから当然だが
少々節操がなさ過ぎるような気がしなくもない。

テレビの街頭インタビューで「けしからん」という意見は結局建前で
それで世間が回ってしまう。
もっともたまに気骨のあることを言う通りすがりもいるのだろうが
TV局の主張や”良心”に合わなければ編集されてしまうのであろう。

要は政治家は時流を掴むのが一番大事。
そういうことですな。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/655-a428e480
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。