FC2ブログ

薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムウ

2007.04.09 未分類
悩んでいるのではなくそういう漫画の題名である。
図書館に何気なく立ちよったらあったので読んでみた。
なかなか・・・。

ストーリーの概略は以下のwikiでどうぞ
MW(ムウ)
面白かった。
そしてこれは浦沢直樹の「monster」の元ネタなんじゃなかろうか?
と感じた。
MWの結城もモンスターのヨハンも
脳神経をやられた上にこの上もなく残酷な風景を目にして
この世を滅ぼしたいと願うようになり策動を始める。
そして容姿端麗で時に女装するところも
自分と関わった人間を利用した末に抹殺していくことも共通だ。
そしてそっくりな兄弟がいる。
ラストも似ている。

また相手役は(どちらかといえばこちらが主人公だが)それぞれ賀来神父とドクター・テンマだが
二人ともいわゆる聖職にある人で暴走していく相手を
助けたいとも殺してしまいたいとも思っている。


また二作品とも優秀な刑事が出てくる。
優秀なのにのけ者というかアウトローな雰囲気も似ている。

二つの作品は時代や舞台は違うし
恐らく伝えたいことの核心も違うのだろうが
浦沢は手塚のファンで(プルートゥで分ると思うが)あるから
意図してオマージュとして描いたのかも知れない。
そう思って読むと二倍楽しめる。
興味を持った方はご一読あれ。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/611-10d473fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。