薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知万博

2005.03.07 時事放談
今日の毎日新聞の夕刊にこんな記事が出ていました。
「愛知万博 環境3団体不参加」

記事の環境3団体とは
WWFジャパン、日本自然保護協会、日本野鳥の会のこと。
テーマは「環境」ということになっている愛知万博になぜ
この3団体は参加しないのか?

それはこの万博の根本的性格に由来する。

そもそも上記の3団体は万博建設予定地をめぐって対立してきた。
実は愛知万博のパビリオンが立っている場所は「海上の森」という森で
いわば森を切り開いて建物が造られることになった。
計画の縮小により3団体は妥協したが、今回絶滅危惧種のホトケドジョウをめぐって
再び争いになったというわけだ。

環境博と言われている今回の万博だがその会場作りで自然環境に
被害を与えているとは皮肉な話だ。

私はWWFの会員なので海上の森問題について情報を得ていた。
その時点でこの万博は胡散臭いなと感じて失望したのだが
少し調べると「だいたいこの万博はトヨタ博なんだ」
という意見も聞かれる。
愛知でやるのもトヨタがあるからでトヨタが自らの技術を
売り込むための万博なのでは?というわけだ。
また、会場の駐車場にケナフを植えよう!!
という恐ろしく愚かな意見もあったと聞く。
(実現したのかどうかは知らない)
この万博は本当に「環境」がテーマなのか?むしろ
現代の環境問題のジレンマを体現してしまったような万博だ。

スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/6-c6214bff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。