薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近頃

2006.09.26 時事放談
安倍新内閣が発足する。
ニュースで盛んに役員人事とか閣僚人事について
流れているのでここではあえて批評しないが
一つ感想を言わせて貰えば
「手堅い」
幹事長 中川秀直
国対委員長 二階俊博
は誰にでも予想できた正攻法だ。
安倍は小泉と違って手堅い政治をやっていくつもりなんだろう。
安倍は確かに家康タイプだ。
ただ、若すぎるが。
家康であればまだ”誠実さ”を売りにして
ひたすら耐えていた年頃である。
織豊時代から江戸時代に入れるか?
というところ。
その際、本願寺は西と東に分裂させられてしまったが
大丈夫かな?
今のところ安泰だが
少し心配だ。
数は力。
結束は力。
分かりにくい正しさより
分りやすい偽善。
それは正しいとおもう。
組織にはむしろそっちがの方が大事だ。
小生が馴染めないだけなのだ。


小泉政治は見ている分には楽しかった。
「人生色々、会社も色々」
というのには賛同できたしw
政変劇はオペラさながらだった。
しかし、小生にとっては冬の時代であった。
もろに”改革”のあおりを喰ったからである。
奨学金が貰えていなかったら大学は退学していただろう。
だから今の与党には恨み辛みがある。
でも不良債権処理がほとんど終り就職難も終りを見せ始めている
その点は個人的に感謝すべきところだ。
だが、その景気もメリケンの土地の値段に左右されているのだから
安心できない。
経済ニュースでは日本経済は力強い、底堅いというが
どの辺が力強くて底堅いのか?
小生には危ない綱渡りにしか見えない。

経済が復興したら次はいよいよ日本の国のカタチを決めねばならない。
小生は半閉鎖系の国家を作るべきだとかねがね言っている。
エネルギーの安全保障と環境問題に対応するにはそれが一番だ。
勿論いきなりは無理だからそれをイデアとする国造りをして欲しい
とそういうことである。
ただ、世界の南北格差がなくならないとそれは難しい。

まあ、完全に経済復興するのはポスト安倍政権くらいからだろうか。
もっとも誰もそういう国家は作ろうとしないだろうがw


今日のレシピ
サツマイモとカボチャのサラダ
1,サツマイモとカボチャを茹でる
2,ホックリ仕上がったらボウルに移し
  マヨネーズとあえながら潰す
3、コショウを振って終り!!

超が10こつくほど簡単でおいしい。
ヨーグルトかサワークリームがあったら
ちょっと加えるとグッド!
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2006.09.27 21:00 edit
>半閉鎖国家
んなことしたらアメリカが怒りますw

>サラダ
おー、美味そうw

でも、ウチには緑のかぼちゃが売ってないorz
オレンジのかぼちゃでもいいのかな?
Quilt URL
2006.09.28 08:44 edit
>半閉鎖国家
メリケンが怒る?
確かにw
でも日本に戦略的価値がなくなっていけば
大丈夫じゃないか?
まあそれは国が衰亡しているということかも知れぬが。
>カボチャ
味が一緒なら大丈夫だと思うよん。
甘い方がウマイかも。
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/516-bc259895
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。