薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超越主義

2006.08.21 未分類
最近はエマソンを読んでいます。
って「論文集」の上下だけですけどw
結構読みごたえはあった。
ってか意味不明なことが多かった。

とりあえず・・・
「超越的」というのはカントがそう呼んだから
流行するようになったそうです。
エマソンに言わせると超越主義は唯心論であって新しい考えでは
ないらしい。(もっとも古く最も新しいというところか)
東洋の仏教徒も超越論者だと書いてました。
確かにね。
仏典をたまに読んでいると超デカイ”宝塔”なるものが
でてきたりとか超デカイ鳥が止まり木がないから山にとまったりとか
それはもう”心”の世界が満開ですから
仏教も唯物論ではなく唯心論でしょう。

一番理解できないのは「霊」のこと。
エマソンは「神」「霊」「大霊」を同じように使います。
多分大日如来が垂迹して神々として顕現しているみたいなのと同じだと思うのですが
言葉の使い分けとしてどうなっているのかわからない。
もしくはわけていないかもしれない。
「自然」についても「人工」の反意語としてと自分以外のもの「非我」として
両方混ぜて使っています。
ってか事前に混ぜて使うよ。ってエマソンが言ってました。
「だって人間の加工なんて宇宙からみれば取るに足りないもん。
 加工してないのとほぼ一緒でしょ?」
つーことらしいんですが小生は納得できない。
まあ、まだ19世紀でしたからね。
エマソンが現世に来ればまた違う印象を受けるでしょう。

結論としてはエマソンはムズかった。
スポンサーサイト
コメント6
トラックバック0
2006.08.21 11:14 edit
訳語はたまに意味不明なときがある。今、ドイツ語でJ・フォークトっていう今ではマイナーな(80年代くらいの歴史家のあいだではまぁまぁ有名だった)歴史家の本を読んでいるけど、原書と訳本を照らし合わせて読むと、結構いい加減に訳されていることがある。

エマソンの場合、訳の出来はどうなのかわからないけど、キーワードとその説明に相当するところくらいは原書で確認できればいいよね。ちょっと時間はかかるけど、そのほうが安心できる。
じゃんぼ URL
2006.08.21 22:31 edit
時間をかけられればいいんだけどねえ・・・。
いやはや、なかなか。
読まなきゃならんものが山積みで(汗
しかも卒論とかにも関係ないからなあ。
言い訳なんだけどねw
熊沢蕃山の文献だったら原書をあたりたいんだけどねえ。
八閑斎 URL
2006.08.21 23:58 edit
 エマソンが世の人々に伝えたかったことは、「光明思想」と総称され、その後、潜在意識の活用法やこれを基礎にした成功哲学の形で、広く知られるようになっています。
 
 光明思想が発見した神の新しい概念は、イエスが2000
年前に説いた神のことであることも、明らかにしました。

 しかし、光明思想では、新しく発見された神の存在を証明すことは出来ませんでした。

 しかし、新しい神の概念と、この新しい神の概念がもたらす新しい人間観に基づいて行動すると、病気が治せたり、願い事を確実に実現できると分かって、新しい神の概念の有効性を実証したのでした。

 それから約百年あまり。
 今、新しい人間観ももたらした新しい概念の神の存在を、特定の宗教宗派の経典類や教義等に一切まったくたよることなく、自然法則とエネルギーの性質等から、自然科学的に存在証明が出来るようになりました。
 次のブログを見てください。

 http://blog.goo.ne.jp/i-will-get-you/


一般法則論者 URL
2006.08.22 02:16 edit
おお・・・
Charlie URL
2006.08.22 16:51 edit
>一般法則論者さん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
でも、小生には少々難しくてわかりませんでしたよw
八閑斎 URL
2006.08.23 02:57 edit
 光明思想とか、潜在意識の活用法とか、この世界の成り立ちと仕組みの中では、いわゆる神の存在は、自然科学で言う自然法則とエネルギーが持つ性質と働き方の原理から、機械的に、論理必然的に、自動的にその存在が証明できる、もともと宗教などには一切関係のない存在であり、この世界の中で生きている以上、自然法則とエネルギーの存在とその働きを無視することができないように、いわゆる神の存在も、この世界の構成要素として無視できない存在らしい、と小耳にも挟んでおいてくださるだけでも良いと思います。

 この先、何かの機会に、神の存在+潜在意識の活用法はハウツー物の王様だと発見されるときが、あなたにも訪れることがあるでしょう。
                       一般法則論者拝
一般法則論者 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/492-0881e7cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。