薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロルの影

2006.08.14 時事放談
小泉君が参拝したらしい。
おめでとう。
イタチの最後っ屁だね。
よかったよかった。
これは重要なニュースじゃないよ。

重要なニュースは別にある。
それは「加藤紘一議員自宅全焼」というニュース。
腹にケガをした男性が倒れていたそうだ。

ニュースはハッキリ伝えなかったが
情報を総合すれば
”靖国参拝反対を繰り返す加藤紘一の家に右翼が火をつけて割腹自殺を図ろうとした”
ということになる。
正確なことがわかるまで確かなことは言えないが
結局こういうことだろう。
これはマズイ。
大変マズイ。

戦前、戦中は右翼テロの時代だった。
戦後しばらくは左翼テロの時代だった。
(赤軍派とか革マル派とか)
一周してきたのだろうか?
政治家に対するテロというのは日本が今危険な状態になりかけている
ということだろう。
戦前、戦中は反軍部・反右翼勢力と目された政治家は皆殺された。
浜口雄幸も高橋是清も犬養毅も・・・。
終戦のときの首相である鈴木貫太郎も殺されかけた。
西園寺公望はテロにビビって隠居してしまった。

政治家の発言によって命を狙われるというのは
非常によろしくない事件である。
言論の自由が事実上制限されてしまう。

もっとも今の日本は軍事的実力を保有している自衛隊は
政治的発言権を持っていないし文民統制であるから
戦前、戦中のようなことはまず起こらないだろう。

しかし不吉である。
この放火事件が右翼テロ時代の幕開けの事件に
ならないことを切に願っている。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2006.08.16 00:14 edit
とうとううちの目も節穴になったらしい。全焼事件に関する時事通信社のニュースを読んでいて、「男が腹から血を流して倒れていた」といった箇所が「男が腹から皿を流して…」と読んで、恐ろしい世の中になったもんだ、と解釈してしまった…。
おいら、今日はちょっと疲れ気味らしい。横文字の使い方間違えたっぽいし…。
じゃんぼ URL
2006.08.16 23:04 edit
皿が流れてたらそりゃあただごとじゃないねw
目が節穴というより疲労の蓄積でせう。
しばしお休みになっては?
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/487-71402f34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。