薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国会議員の歴史認識

2006.07.02 時事放談
毎日新聞が全ての国会議員にアンケート調査を行ったようです。
アンケート自体にも素人の小生がみても問題ではないかと思われる
質問文があるのですがそれは置いておいて
1番驚いたのは公明党が以外と保守寄りの解答をする議員が
いたということです。
野党時代では考えられないと感じました。

共産、社民は予想通りの解答をしているわけですが
公明党では「対米開戦は止むを得なかった」と解答する議員が4人
「対中戦争で侵略的行為はなかったか?」との質問に
「どちらとも言えない」と答えた議員が2人いたりして
小生は複雑な心境です。

もっとも、「対中戦争で侵略的行為はなかったか?」という設問は不適当で
何が”侵略的行為”なのかが明確に解らない質問文になっています。
その言葉の捉え方は質問した新聞社側、解答した議員、結果を見る読者
それぞれ違う可能性があるわけで混乱を招くのではないか?と
感じるのですが毎日新聞はその点認識しているのでしょうか?
(意図的なのでしょうか?)

これは毎日新聞だけではなく多くの新聞社がやっていることだと
社会調査法という授業で習いました。
結局、アンケートをとると見せかけて説明文で誘導して質問する側の
意図通りの解答を得ようとしているのです。
当然強固な意志や考えを持っている人は誘導されませんが
特に意見を持っていない人は誘導されてしまいます。
(今回のアンケートは国会議員だから誘導はされていないと思うが・・・)
そしてその結果を見て小生のような愚者は
「なるほど世間はこう感じているのか、これが常識なのか」
と勘違いしてそれが物差しになってしまうのです。

結局のところ一人ひとりが”考える”ということを
しないと誰かさんのいいなりになってしまうということですよね。
たぶん。
スポンサーサイト
コメント5
トラックバック0
2006.07.02 04:19 edit
さっさとネット繋ぎたいなー・・・Quiltです。

>保守的
 まぁ、守るものができれば保守的にもなろうものですが、その結果には驚きましたな。何かしら権力を持つモノはは必ず保守的になるのだ、と友人が言っていたのを思い出しました。
 しかし、何を指して「保守的」というのか自分にはイマイチ分かりません。自分の場合「現状維持を求める人」は保守的だなと考えています。一般世間ではどうなのでしょうかね?右翼的な考えを持っていると「保守的」か?もしくは第三帝国や戦中の日本よろしく、「平氏に非ずんば人に非ず」的な、雰囲気を持っている人のことなのか?
日本語難しい^^;

>アンケート
確かに世論というものは作られる物だという話は聞きますね。同じ内容でも質問の仕方が違うだけで結果がまったく反対になるということも考えられるそうですし、あいまいな表現で質問して結果を曲解、拡大解釈して放送するなんてこともできるそうです。(実際にやって欲しくは無いですが)

如何に捏造された世論でもそれが世の人々の意見であると取られてしまうところに世論調査やそういった類の調査の怖さを感じますね。

結局、管理人殿の言うとおり、自分の意見をはっきりと持つことが大事なのでしょうね。

なんだか論旨とかけ離れた内容になった気がしないでも無いです・・・申し訳ない。
Quilt URL
2006.07.02 11:53 edit
>QUILT
同じ人間であっても、ときによって保守的になったり、革新的でなったりする。日本国憲法の成立時に憲法に賛成していた保守政党が今は改憲の立場をとっていたり…。

>アンケート
おととしの5月3日にも毎日は憲法アンケートを公開していたね。今回のもその時のとあんま変わらなかったんじゃないかな(質問の仕方とか)?まだ見ていないんだけど、今日(2日)の新聞?他にどんな質問があったの?
ちなみにうちらの高校を卒業生(18期くらい)の議員(山本一太と仲良しの彼)はどういう反応を示していたのでしょう?彼はおととしのそのアンケートでは「9条第2項を変えて集団的自衛権を認めるべき」といったことを言っていて、うちの業界にもいろんな考え方をする人がやはりいるもんなんだなー、と思ったけど。
じゃんぼ URL
2006.07.02 23:34 edit
>Quilt
「現状維持」ってのは文字通りの保守だね。
小生がこの文で使ったのはどちらかというと
いわゆる「右翼的」なほうかな?
イメージでしかないけども。

>如何に捏造された世論でもそれが世の人々の意見である
>と取られてしまうところに世論調査やそういった類の
>調査の怖さを感じますね。
そういうことを授業で習いました。
感覚的にはわかっていたけど具体的方法を
教えてもらうとまた違います。
意図的にやっているとは限らないというところが
またウケルのですがね。

それと論旨とずれようがコメントくれるだけで
うれしいですよ。

>じゃんぼ
小生の勝手な予測ですが
憲法に賛成した政党は再軍備するには
カネがかかるから戦争放棄を認めたんじゃないですかね?
あと、再び軍部に政府を乗っ取られるのは
御免だったんでしょう。
軍出身者以外は戦時中苦い思いをしたはずです。

でも改憲の論議は結構早くからあったようですよ。

アンケートは憲法だけじゃなくて戦争観を
聞いたものだそうです。
ちなみに日付は6月25日ですw
すいません古い話題で・・・。

他の質問とか遠山の金さんの解答が気になるようでしたら
掲示板の方に書いておきますが?
八閑斎 URL
2006.07.03 01:22 edit
戦後、憲法に賛成した「保守」政党については、
天皇制(それとも国体の護持だったかな?)をなくさないですむなら、9条をとりあえず認めておこう(いつか変えてやろう)、という立場だったみたいよ。
樋口陽一を初め、いろんな人がいろんな本で言ってるよ。
でも、再軍備とカネってのもあながち間違いではないかもね。

日付がわかったから、とりあえず図書館へ一度調べに行ってくるわー。
じゃんぼ URL
2006.07.03 22:55 edit
ああ、国体護持の為っていうのはよくいわれてるよね。
でも本当に当時の人間は天皇のこと
大事に思ってたのかな?
個人的には疑問です。
具体的な天皇より文字としての(良い表現がみつからぬ)
天皇を維持したかったんじゃないでしょうかねえ?
まあ、平安時代以降天皇は所詮権力者が
日本を統治するための道具なんですよ。

>記事
そっちの方がはやいですな。うむ。
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/454-99797eea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。