薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は人までも消費するのか?

2005.04.10 未分類
中絶胎児の幹細胞移植というのを昨日のNHKスペシャルでやっていた。
幹細胞とはES細胞とはまた違うものらしい。
興味のある方は詳しくは別途調べていただきたい。

この幹細胞を移植すると失われた神経などの機能が回復する。
アルツハイマーとか半身不随の人とかも治せる可能性があるのだ。
しかし、それは胎児という別の人間の(胎児が人間かどうかということは倫理的に論争がある)体を使用して治療する治療法だ。
問題となっているのはそこである。
中絶胎児には人間の尊厳はないのだろうか?
日本で実際あったようにゴミ袋に入れられて焼却される存在なのだろうか?
中絶胎児利用は「ゴミ」の「リサイクル」なのだろうか?

私はあいにく答えを持ちあわせていない。
胎児は母親の付属物でもあるようだし、別個の命でもあるような気がする。
また、胎児の利用は中絶の罪悪感を薄くし、中絶を助長するという意見もある。
現在、胎児の利用は無償提供のものに限られている。
しかし、金のない人がわざと中絶して密かに金を貰って胎児を渡すという事態も発生することは十分に考えられる。
これは新しい形の人身売買ということになりはしないか?

一つだけわかっていることは胎児利用は加速するということだ。
中国では人に対して臨床試験を実施している。

それが唯一の治療法かもしれないのに倫理的課題でそれができないなどという状態はおそらく人類には耐えられないだろう。
人類は長生きしたい、障害のある子供に普通の生活をさせたい、
動かない足を動かせるようにしたいといったような欲望を抑えられない。
それは母性愛だったり親への愛だったりする。
そのために人は人を消費するようになる。
胎児は中絶されてクスリとなり他の人体に注入されるのだ。

私たちはなぜかそういう時代に生きている。
今、私たちは命を考えるとき、選択をするときを迎えているのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック1
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
[メディア]中絶胎児利用の衝撃  ひぐらし天声人語
いくら考えても難しい問題だと思った。 4月9日放送のNHKスペシャル「中絶胎児利用の衝撃」の再放送を観た。今、最先端医療を担うバイオテクノロジーの世界で、胎児細胞に大きな注目が集まっているという。分裂能力が旺盛で、神経や筋肉などさまざまな組織に分化する「幹細
2005.04.12 21:15
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/45-049e98a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。