薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

克己復礼

2006.04.30 未分類
若者が説教臭いことをいうと大概
胡散臭く聞こえるか、非常にウザくなる。
そして小生はその両方をやっちまうことになったw

ゼミの教授が学校の父母会の会報に大学生活の感想文を
ゼミ生の中から書く人間を募集していまして
当然誰も手を上げないわけです。

小生が誰も書きたいと思うわけねーよなー
と、ニタニタしていたら
「ニコニコしている君、書きなさい」
とお鉢が廻ってきた。

二度とニタニタしないことを誓った。

・・・が他の人に押し付けるのも何か悪いような気がして
結局引き受けることに。
締め切りは5月10日。
引きずるのが大嫌いな小生はその日のうちに書き上げて
ゼミの教授に校正をお願いしました。

どんな内容か読みたい方は
追記まで。
ウザい文章を読みたくない人は開かないように。 「克己」とは己に勝つということであり、「復礼」とは社会規範に従うということです。
私は大学生にとって最も必要なことはこの克己復礼であると感じています。
私の所属している環境政策学科は文系学科であるため実験実習の授業がほとんどなく、
そのため自由度が高く自分の時間を比較的多く作れます。
ですから自らの意志の強弱が自分の得るものの大きさを左右してしまいます。
私の場合その自由な時間をアルバイトと自らが課した研究課題について調べること
に費やしています。
私の家は経済的に厳しいので学費は日本学生支援機構からの奨学金と
アルバイト代で支払っています。
ですから遊びに行く時間もお金ありませんので一石二鳥です。
そして余った時間で自らの研究課題である明治以前の日本の環境問題史と
環境倫理について学び深めています。
いずれも一年次に関係する授業があったのをきっかけに調べ始めました。
同時に個人でHPを作成してそこに自分の調べた成果を掲載するようにし、
自分で目標を立て更新を続けています。
それが高じてゼミでは熊沢蕃山の資源保全論について調べることになりました。
新入生の方も自分の興味ある分野を何か一つ見つけてそれを突破口にして下さい。
 新入生にもう一つアドバイスしたいことは授業の受け方です。
授業は中学高校の時のように受け身で聞いてはいけません。
授業という限られた時間だけではその授業のテーマのことは一部分しかわかりません。
むしろ授業はその分野に関するイントロダクションと捕えて欲しいと思います。
様々な授業を聞き、自分の興味のある分野を徹底して学んでいけば
次第に学ぶことが面白くなってきます。
わからない部分や疑問に思った部分は先生方に積極的に質問していきましょう。
きっと丁寧に答えてくれ、視野が広がることと思います。
またノートの取り方も今までと変えなければいけません。
黒板を写すだけでは意味のない授業もあります。
先生方の説明をまとめて自分で再構成するか自分でノートを作っていきましょう。
“強いて勉める“から“問い学ぶ“姿勢に自らを変化させなければ
空虚な時間になってしまいます。
私も残された大学生時代を有意義に使っていきたいと思っています。


自分で読んでもウザっ!!と思うこの文章。
中学生の作文かよ。
大学におべっかつかってるしよー。
でも克己が必要だと思っているのは本心。
スポンサーサイト
コメント4
トラックバック0
2006.04.30 11:48 edit
え、文系だったの??
じゃんぼ URL
2006.04.30 16:12 edit
え、知らなかったの??
八閑斎 URL
2006.04.30 17:37 edit
ハジメテシッタヨ…。
ジャンボ URL
2006.04.30 23:44 edit
オーマイガー。
ハチカンサイ URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/400-de8b2630
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。