薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうです!湯浅です!!

2006.03.13 未分類
最近、湯浅にハマっています。

といってもあの胡散臭い弁護士ではなくて湯浅赳夫のほうですが。
「環境と文明」を読了しました。
水と文明、人口と文明についても著作があるので読みます。
個人的に塩類土壌の説明に多少疑問符とかが出るのですが
まあ、これは小生の勉強不足かもしれないので更にハゲみます。
とりあえず「環境と文明」は面白かったです。
小生のやろうとしていたことは半分くらいやられている感じです。
これらの本を読んで分ったのは小生の知りたい海外の内容については
外国の論文でしか扱っていないということ。
しかもどうやって手に入れればよいのかよく分らんということです。

しかし、まあそれ以前に読まなきゃいけない本が和書でも
腐るほど(いやむしろ腐っている・・・)あるわけで。

まずそいつら読んでこいって話ですよね。
ええ。言われなくたってわかってますよ。
読みますよ。
時間が足りないんですよ。
言い訳するなって?ブツブツブツ・・・。
ゲホッ!

特に安藤精一の「近世公害史の研究」を読みたいのだが
市立図書館にも大学図書館にもない。
恐らく都立図書館から取り寄せることになるでしょう。
この本と言い「はげ山の研究」といい名著と言われている本は
なぜかなかなか置いてない。
そのくせ「バカの壁」とか「超バカの壁」とか
(そのうち「超ベリーバカの壁」も出るに違いない)
「人は見た目が9割」とか
役に立つのか立たんのかよーわからん
(読んでもいないのに批判するのはよくないかもしれないが)
本はやたらとあって大事なスペースを奪っている。
・・・ように見える。

そもそも小生の住んでいる市は図書館整備が遅れていると思われる。
狭いし検索用PCは古いし良い本はない。
映像資料はゼロだしアイドルのCDとかもなぜかある。
人件費じゃなく資料費にお金を投じて欲しかったり
する今日この頃。
ガンバリマツ。
スポンサーサイト
コメント3
トラックバック0
2006.03.14 10:27 edit
あの弁護士はなぜあんな髪型に…。

日本の古本屋(http://www.kosho.or.jp/
大学に入学したときから使っている。
安い本なら、交通費を払うより得なこともある。

この地域の古本屋だと、町田の高原書店か、
八王子のまつおか書房だと思う。
じゃんぼ URL
2006.03.14 22:55 edit
いやーだけど論文とかは本屋にないじゃないですかー。
参考文献が英語の論文だったりするんですよね。
そうするとお手上げ・・・みたいな。
八閑斎 URL
2006.03.15 01:51 edit
あー論文かー。
たまに雑誌がまぎれているけどね…。
そういうのとは違うかぁ。
じゃんぼ URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/359-37fdcab7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。