薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気は回復しているのか?

2005.12.12 時事放談
景気が回復しているという話は新聞、ニュース等でよく耳にしますよね。
それは本当なのでしょうか?
もっとも、景気が回復しているのは大都市圏(特に東京と名古屋)だけで
あとは割を食っている、その儲かっている地域でも儲かっている人は儲かっているが
そうではない人はより貧乏だという話も聞きます。
(一般に言うところの格差社会ってやつですね)

小生は東京に住んでいるわけですが
やはり景気は回復しているのかもしれないと感じます。
なぜなら小生のバイト先のスーパーの時給が50円上がって850円になったから。
しかし、すぐ近くに新しくヤオコーというスーパーがやってきます。
そこはなんと時給が880円です・・・。

ま・・・負けてる・・・。
そのおかげでうちの店には新しいバイトやパートは来ません。
(以前から来ないのですがね)

とにかく新しくスーパーができることも景気が回復していると考えられるし
時給が高くなってきているというのも証左の一つと考えられます。
ですが結局アルバイトを多用するというのはフリーターを量産しているようなもので
前述の格差社会を助長しているようにも感じます。
たとえ景気が良くなったとて相変わらず小生は学費は自腹なわけで
非常に苦しいことには変りはありません。

・・・ということで明日奨学金の継続申請があります。
家庭の経済状況を書くとかいうイジメ的なことをやらされます。
いやあ。凹みますよコレ。
以前書いたとき泣きそうになった。
むしろお先真っ暗な感じがして鬱になりました。
はあ。

だから常に小生は未来のことは考えません。
明日はこれしなきゃ今週はあれしなきゃとかそういうスパンで
考えています。
日本人特有の先送り体質ですね(笑)

人生先送り!!
スポンサーサイト
コメント5
トラックバック0
2005.12.13 23:21 edit
セーフティーバントより送りバントの方が好き?
じゃんぼ(凡) URL
2005.12.14 00:21 edit
う~ん。色々あるけど結局考えなければ
ならないのならば、早め早めに手を打つ
必要があるのでは、難しいけども。

>じゃんぼ
僕は、セーフティーバント失敗するほう…
らぶろく URL
2005.12.14 04:40 edit
日本の景気がどんなものかはよく分からないけど、こっちはガソリンの値段が落ち着いてきたので景気は安定してきてるのではないでしょうか。
ガソリンの値段だけでこっちの景気を測ることは馬鹿らしいと思うのですが、生活とは切っても切れないものなのでかなり重要ですね。ガソリンの値段はそのまま家計に直撃しますからw
値段が上がるとすぐに不満の声が聞こえるような国ですから、政府が石油の確保に躍起になるのも納得できますね。

>じゃんぼ
最近のは無理だけど、一昔前のなら線上でボールを止めることができるよ。(Pプロならね)
Braze URL
2005.12.14 17:03 edit
よく最近の日本は平和でいられるなと思ったりする時があります。
結局、先送りっていうのもあるし、人任せ、みたいな部分が多分にあるんじゃないかという気がする今日この頃です。
nobue URL
2005.12.15 10:21 edit
>じゃんぼ
人生送りバントです。はい。
>らぶろく
打つ手がむずかしーのよ。
>ぶれーず
ガソリンよりミネラルウォーターのが
高いという(笑)
>nobue
人任せにするところと
自分でやらなきゃいけないことの
境界線を見極めることが大事かもしれません。
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/282-21200c20
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。