薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党新憲法草案

2005.10.30 未分類
出てきましたね。ついに。
一通り読んでみた感想は「原案よりはマシ」。
特に中曽根康弘元首相が作った前文の原案はひどかったので
それが修正されて出てきたのは良かったと思う。
原案の前文が何がひどいっていちいち
「太平洋と日本海の波洗う美しい島々」とか関係ないことが書いてあったり
「国を愛する国民の努力によって国の独立を守る」とか右翼的愛国心が称揚されていた。
もっとも草案でも
「国民は帰属するする国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有」
とかかれ強調されている。
個人的には笑止千万である。
国や社会を守るのは義務でも責務でもない。
自分が守りたいと思うから守るのではないのか?
守りたくないと思うような国や社会なら既に亡国であって
守ることはないし存続する意義もない。
それをいちいち憲法に書かれるというのは非常に不快である。
自民党内には「日本の文化や伝統」をもっと書き込めという意見があったそうだが
それを憲法に書き込む意味が全くわからない。
憲法は他国に見せるものではなく「国民皆の決まり」であって
自画自賛したところで行数の無駄である。

最も話題になるのはやはり9条。
第一項は変更はなかった。
第二項は題も(自衛軍)となり大幅に文章量が増えた。
一号2号とも問題となりそうな部分はないが重要なのは第3号で
抜粋すると・・・
「国際社会の平和と安全を確保するために
 国際的に協調して行われる活動
 及び緊急事態における公の秩序を維持し、
 又は国民の生命若しくは自由を守る
 為の活動を行うことが出来る」
である。
曲者は「国際的に協調して行われる活動」のところだ。
どこからどこまでがその活動に当たるのか。
イラク戦争における有志連合はそれにあたるのか。
(米英以外は都市などの制圧など攻撃的活動に参加していなかったと記憶しているが)
微妙なところである。

日本人の中にはそれ以前に自衛隊が自衛軍に改称されたことに
違和感を持つ人もいるかもしれない。
小生もいちいち改称する必要はあるのか疑問であるが
まあ、「自衛隊」と「自衛軍」の違いがわかるのは漢字の使用圏である中国と韓半島
ぐらいで英語に直したらきっと今までと同じ表現なんだろうなあと思ったり。
(実際この改称で反応するのは前記の二者だったりするわけなんですがね)
自衛隊を英語でなんて呼ぶのかは知らないけど・・・。

これから改憲論議が進んでいく中で小生が注目しているのは
左派勢力がどれだけもつかということ。
現在左派勢力は共産、社民、と民主の一部に存在しているわけですが
選挙で連敗続きで死にそうな勢いです。
これは経済政策の違いで連敗してきたわけですけど改憲の話題が中心になれば
まだ巻き返しのチャンスはあるでしょう。
日本全体が右に重心を移している今
どれだけ平行に戻せるかが課題になってくるのではないでしょうか?。
スポンサーサイト
コメント15
トラックバック2
2005.10.30 19:53 edit
僕がこの類のエントリーに発言するのは珍しいかな?
いちいち愛国心みたいなものを条文にいれないと、国を愛してもらえない、魅力を感じてもらえない、ってのはププーッって感じがしますけど…。
文字じゃ伝わらないんだって…。
発想が単純。
じゃんぼ URL
2005.10.30 23:13 edit
自衛隊の英語表記はSelf Difence Forceだった気がする。
ケシ炭 URL
2005.10.30 23:31 edit
いや、敵意は伝わるか…。
じゃんぼ URL
2005.10.31 03:08 edit
自衛隊の英語表記はケシ炭さんの在ってると思いますよ。

日本じゃそんなことが進んでるんですねぇ・・・知らんかった^^;
愛国心云々はいらないとおもうけどねぇ・・・
実際、自分はめっちゃ日本に帰りたい。
これも愛国心の成せる業(違w

隊だと小規模で軍だと大規模に聞こえるのは何故?

国際協力は構いませんが米国と政治的な一蓮托生は止めて欲しい^^;
え?もうなってる?
そうですか・・・orz
Braze URL
2005.10.31 16:54 edit
英語ではアーミーって普通に言われる事が多いですね。セルフディフェンスフォースはよっぽど自衛を強調する時くらい。普通の会話とかニュースとかではあまり使われてないみたいですね。
nobue URL
2005.10.31 22:03 edit
愛国心・・すなわち、カントリーロードですな。

愛国心って響きは拒否反応がありますな。強制的な雰囲気がある。愛国心を育てる、郷土愛を育てる、何にしろ胡散臭いです。
straysheep URL
2005.10.31 22:17 edit
小生は自国を愛していない人なんていないと思いますよ。
日本は二次大戦の経験から「愛国心」という言葉が
トラウマになっているのでしょう。
一般市民にも「右翼的」というイメージしかない。
だけどBraze氏が言っているような郷土愛も
愛国心の発露の一つなわけです。
原監督のジャイアンツ愛と同じようなもんですよ。
だから小生は書くのに反対なんです。
なんかみっともなくて。

それと英語表記については
army とtroopsとforceの違いがわからん。
ニュアンスの違いとかあるんでしょうか?
八閑斎 URL
2005.10.31 23:24 edit
英英辞書で調べてみた。

army:the military forces of a country which are trained to fight on land

force:a group of people who are trained for a particular purpose

troops:soldiers
soldier:a member of an army

ようわからんが(爆

フォースは国の所有物とはかぎらんらしい。ある目的のために訓練された人々。

アーミーはもろに戦争用に訓練された軍隊・・地上戦用?

トループスはアーミーに所属しているソルジャーズのことらしい。

自衛隊の場合は軍事目的というのが薄まってるからフォースなのかね

May the force with you....
(フォースと共にあれ・・
straysheep URL
2005.11.01 00:01 edit
自国を愛しているという自覚がないのだが…。
無意識レベルはさておき、少なくとも、僕の意識にそういうものはないらしい。幸か不幸かわからんが、まぁそんなの別にどっちでもいい気がする。
いずれにせよ、上から押し付けられる愛国心なんて持ちたくないね。
じゃんぼ URL
2005.11.01 19:55 edit
>まだ「国」という言葉に引っ掛かっているようですね。
いや、そうでもないんだけど…。(ここで押し切られても困る)

>国と政府は違いますよ。
うちは国と政府とは考えてないよ。
そんな風に考えようとするなら、
国と組織(政府)を動かしているごく少数の人間、といった方がいくらか正確。
それだったら認める余地あり。
じゃんぼ URL
2005.11.01 22:05 edit
なんか俺のコメントが勝手に消えてるんだが・・・。
なんでだ?・・・。
謎。
もう一度同じことなんて書けないし。
ううぐぅ。
八閑斎 URL
2005.11.01 22:08 edit
「フォースの暗黒面の仕業じゃ」(by養田)
straysheep URL
2005.11.01 22:13 edit
暗黒面って小生のかい?
小生は常にダークサイドですが?
押し花でしおりとか作っちゃうダークサイドですが何か?

それはともかく「愛国心」という言葉に関してはレスポンスがよかったので
後々ちゃんと記事として書いてみます。
八閑斎 URL
2005.11.01 22:53 edit
いや、記事が消えたのがダークサイドの仕業かもってことね。何者かはわからんけど。

押し花でしおりってダークなのか?

わしも結構ダークサイドじゃ。
straysheep URL
2005.11.02 00:27 edit
ぼくははらぐろ
じゃんぼ URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
自民党の新憲法草案(新旧対照表)  法治国家つまみぐい
 「GHQ占領下で押し付けられた憲法は放棄し、自主憲法を創りあげる」という理念を
2005.10.31 13:36
自民党新憲法草案の狙いは改正要件の変更にある  Blog for Japan
自民党の新憲法草案が出された。改正ポイントをまとめると(1)自衛権・自衛軍の明記(2)過去の裁判で不都合となった部分の改正(3)更なる改憲に向けた足がかり、という大きく分けて3つの変更箇所がある。このうち(1)と(2)は解釈改憲や最高裁の判例によってすで
2005.11.02 22:20
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/237-37565a8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。