薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある授業

2005.10.14 未分類
うちの学科も捨てたもんじゃないと思った授業があった。
その授業の講師は結構有名な獣医師。
テレビにもちょくちょく出ているらしい。
動物園に務めていて野生動物の保護・繁殖活動をしている。
授業は勿論レベルの低いところから始まってしまうわけだが
この人は毎回実務の最前線の話をしてくれるので興味深い。
例えば・・・

今トラは絶滅しそうな種で有名なわけだが
その中でも亜種で中国に住むアモイトラはもうすぐ絶滅するという。
もう数十頭しかいないからだ。
しかし、繁殖の努力が世界で行われているわけではない。
中国にしかいない。
本当は日本に来る予定だったという。
ズーラシアに。
だが来なかった。
なぜか?
当初中国側から
「エサ代もしんどい貸すのはダダでいいから日本で繁殖させてくれないか」
ということだったそうだ。
そこでその講師は子供が産まれても国籍は中国でいいですよ。
ということにしてズーラシアのど真ん中にトラスペースを空けたそうな。
だが直前で・・・
「年3000万くれ」
という要求が。
勿論いきなり3000万しかも借りるだけでなど無理な話。
断ったらしい。
しかもこれはトラだけにとどまらずあの日中友好の証しであるように
言われているパンダも年間一億円で借りているらしい。
繁殖で10年は借りなきゃならんから
10億。
今も上野動物園は払い続けているそうな。
(入園料なんてそう考えりゃ安いもんやね)
パンダも当初は無料で貸しますということだった。
さらにキンシコウというめずらしいサルも1000万。

とんでもアニマルビジネスですな。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/220-96fac94b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。