薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと反応が遅れたが第二次指定

2005.08.23 時事放談
特定外来生物の第二次指定が行われた。
前回の主な論点はブラックバスだったが
今回はやはりムシキング
・・・じゃなくて外国産甲虫類。
WWFなどの記者向け資料がコチラ
http://www.wwf.or.jp/lib/press/p2005/p05080502.htm
ポケモンと同じ感覚でムシキングだからね。
ムシは空想の生き物でもないしオモチャでもない。

「ねえねえボクのヘラクレス壊れちゃった」
「あら、じゃあまた買えばいいわよ」
「やったあ、じゃあこんどはネプチューンがいいなあ」
こんな会話がないことを祈る。

クワガタムシやカブトムシは小生も勿論大好きだ。
今、NHKでやっている「地球不思議大自然」の前身の
「生きもの地球紀行」の前身の「地球ファミリー」の
ころから大好きだ。
番組でネプチューンとヘラクレスの夢の対決をやった。
ヘラクレスが勝った。
だけどそれは画面の中の話で小生はそいつらを欲しいとは
思わなかった。
森の中で逞しく存在しつづけて欲しい。
そう思っていた。
実際に飼うのは自分で捕まえたコクワガタやカマキリやバッタのたぐいだった。
餌をやったりしていたら卵を産んでベランダで大量発生したこともあった。

小生のあこがれのムシ達。
そいつらが今、日本でカプセルに入ってオモチャとして
売られている。
何か悲しい。と同時にそれを売ってる奴も買ってる奴も
すごい野蛮なように感じた。
それは気のせいなのだが
そう感じた。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2005.08.23 22:06 edit
ムシキングか。
ところで八閑斎殿はある人物の存在を知っているだろうか?
そう、最近出てきた子供達のニューヒーロー『ムシキング・テリー』のことを!
プロレスラーの彼は例によってマスクマンなのだがいまやアニメ出身であることを忘れられてなお、自力でガンバっているサンダーライガー選手のようにがんばってほしい。
話が変わるがオレのバイト先ではムシ全般に触れるのが自分だけらしい。
彼らにこそムシキングブームがきて早くGくらい退治できるようになっていただきたい
隠尊法主 URL
2005.08.25 00:28 edit
ムシキング・テリー・・・・。
知らなんだ。
ムシキングブームの渦中の子供たちは
恐らくGは触れないと思う。
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/175-04cb11c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。