薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史認識摩擦

2005.06.20 時事放談
今、日中、日韓で歴史認識を基底とする問題が多々起きている。
だがそれだけではない。
中韓の間でも実は歴史認識摩擦が起きている。
高句麗に関してだ。
内容としては現在中国内にある高句麗の遺跡の案内版に
「高句麗は中国の一地方政府である」
ということが問題になったらしい。
小生から言わせればどちらでもないのではないか?
ということになるのだが、どっちか選べと言われれば
朝鮮の国家に近かったのだろうと思う。
(勿論、後漢の楽浪郡があり公孫氏がいた時代は中国領であったが)
なぜかといえば国名が3文字もあるからだ。
中国は異民族の国名を表記するとき大概、2文字以上にする
もしくは人でない(ケモノヘンがつく)漢字を使う。
高句麗、新羅、百済、鮮卑、女真、吐蕃、匈奴・・・など
倭は一文字だが「ちっちゃいやつ」といったような意味なので
はなからバカにしている。
だから当時の中国は高句麗を自らに近いとは思っていなかった
だろうと予想される。
清の時代に失われた力を取り戻した中国はまた漢代の時のように
膨張したいという願望を持っているのだろう。


ついでに書いておくと韓国では日本の侵略は5回すなわち
白村江の戦い、秀吉の朝鮮征伐×2、日清戦争、日韓併合
と教わるのだそうだ。
日清戦争は譲るとしても白村江の戦いは侵略では決してない
なぜあれが侵略になるのか?
百済まで援軍を出しただけではないか?
日本には大出費であるし当時の日本に他国を侵略して治める
国力など到底ない。
この一事を聞くだけで韓国というのは日本と同程度のいい加減な歴史教育しかしていないのだとわかる。
理由があって批判されるのはまだしも見当違いな批判は御免だ。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0
2005.06.22 12:32 edit
歴史問題はいつもシビアなので困ります。
自分が議論したくても、相手が応じてくれないことも
ありますしね。
こっちの韓国からの留学生は基本的にこの話題は
避けますね。日本人はもちろんですが・・・

歴史教育かぁ・・・今度聞いてみようかな?
冥色の零機 URL
2005.06.22 17:03 edit
無理して突っ込まないほうが良いと思いますよ。
不和の元です。
民間人の間ではしばらく棚上げしておくのが上策かと。
八閑斎 URL
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://burahuman.blog5.fc2.com/tb.php/110-c0de553f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。