薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソクラテスの弁明なんて聞きたくない!

2007.11.29 未分類
今日は本の丸写しである。


「悪法も法である」
そういってソクラテスは毒杯を仰いだ。

彼の祖国愛が伝わってくる。

しかし、彼に祖国愛が本当にあったなら
そしてそれが弟子に伝わっていたならアテネは凋落せず
ソクラテスも裁判にかけられなかっただろう。

彼はどうやら戦犯として裁判にかけられたようだ。
正確には戦犯を教育していた罪である。
戦犯とはアルキビアデース、クリティアス、カルミデスの三人である。

アルキビアデースはソクラテスの弟子兼おホモだちだったそうだが
将軍職に就くとペロポネソス戦争で無謀なシチリア遠征
を強行し、敗戦の原因を作ったという。
クリティアスとカルミデスもソクラテスの弟子だったが
彼らはペロポネソス戦争後、三十人政権の中心人物として
活躍したが民主派を弾圧し三十人政権の乱という1年に及ぶ
内乱を引き起こしペロポネソス戦争と同程度の死傷者を出した。
この乱は「両派が今後一切の責任追及をしない」という
アムネースティアー条約を結んで決着した。

問題は彼ら3人は責任を全うする以前に暗殺されたり戦死していた
ことである。
アテネが凋落したのは明らかに彼らに大きな責任があるのだが
既に死んでしまっている。
だから、彼らを教育をしたソクラテスを裁判にかけることとしたらしい。
しかも前記の条約で戦犯扱いにはできないから
「若者に害悪を与える」など若干意味のわからない起訴理由となったという。

ソクラテスは裁判の中で確かに自分は民主制を批判したがクリティアスらの
寡頭制も批判したなどと弁明する。
まあ、これではアテネ市民の怒りは収まらないだろう。
自身も教育責任は感じていたのではないだろうか?
だから逃げるチャンスはあったのに死刑に服したのではないだろうか?


・・・ということだそうである。
2004.木田元 編.「哲学キーワード事典」.新書館p46~48
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

本気と書いてマジ

2007.11.25 未分類
温暖化防止対策が叫ばれているがどうも本気度は薄いような気がする。

例えばクリスマス約一ヶ月前だがイルミネーションが
燦々と輝いている。
温暖化防止キャンペーンのために一日だけ電灯を消そう
というような運動があったかと思うが
この様子ではそこで削減した分は消し飛んでしまっただろう。

環境省はクリスマスイルミネーションを全部消したら
どのくらい電力が削減できるのか試算したほうが良いと思う。

いや、これはひがみではないw
コメント0
トラックバック0

意外と嫌

2007.11.21 未分類
ファッションとしてブームとしてのエコ。
あまり好きではありません。
ロハスとか。
クールビズとか。
打ち水とか。
なんでだろ。
なんかカッコイイというふうにして
広めようという精神に共感できないのかも知れない。
個人的には生活はほとんど変わっていないのに
環境負荷が少ない生活をしているっていうのが良い。
これは気分的なものでしょうかねえ。
いや、ブームにしてはやらせるのもいいんだけど
それって通り過ぎて廃れちゃてカッコ悪いことになったら
えらいことになるんじゃないか?という不安がある。


関係ないけど
夏の冷房節約って凄い言われるのに
冬の暖房節約って全然言われない気がする。
消費エネルギーで比べたら段違いで暖房の方が
かかっているのに。。。。
なんででしょ?
冷房節約の方が辛いからなのかな?
環境政策から精神論、根性論は排除したほうが良い。
振り返ってそう思うw
コメント0
トラックバック0

夢見がち

2007.11.17 未分類
2007.11.6の朝日新聞の社説
「地域連合国家ニッポンへ」
夢見がちですw

要旨は
・暮らしに関わる全てを地域政府が決める
(地域で手に負えない政策は中央政府が補完)
・地域共有の財源を設け、新たな仕組みで分け合う

小生も昔、そんなようなこと書いてたなあww
http://burahuman.blog5.fc2.com/blog-entry-626.html
正直これは書生論ではないのか?
3大紙の社説たるものもう少し現実的な提言をしたらどうなのか?

まあ、マスコミは理想主義的な議論が好きだから
仕方ないのかも知れないが。。。
コメント2
トラックバック0

一部更新

2007.11.10 未分類
日記と本体の背景を変更しました。

本体の方は自主製作w

本物の紅葉をスキャンしてフォトショで読み込み
イラストレーターに変換して周囲をなぞって
色をつけて・・・。
小一時間かかってしまいました(汗

でも、たまに変っていると新鮮でしょ?

新鮮!!サランラップ!!!
コメント0
トラックバック0

原油はどこまで高騰するか?

2007.11.02 時事放談
石油ショックなのだそうだ。
1バレル100ドルだっつーんだから
確かにそうなんだろう。

小生は車も石油ストーブもないから直撃ではないが
じわじわきている。

だが、個人的にはこの高騰はいつまでも続かないと思う。
春先以降には落ち着くのではないだろうか?
世界的には金がだぶついているといわれ、それがヘッジファンドにより
運用されている。
それが今、石油に流れ込んでいる。
だからサブプライムローン問題が解消し株式市場に資金が戻れば
石油価格は落ち着く。
ただ、暴落というところまではいかないだろう。


・・・と、思うのだが
この石油高がデフレにストップをかけてインフレ方向に
進んだほうがよくはないのか??
しかし、給料の上がりは鈍いからスタグフレーションに
なるんでしょうかねえw

でも、景気が良くなっても普通の人は
「景気が良い!!」
なんて主張しないから良くわからないですね。

正直生活が出来れば御の字というのが本音w
コメント0
トラックバック0

次は何萌え?

2007.11.01 未分類
ALWAYS三丁目の夕日が大ヒットで昭和30年代ブームが起きていますね。

これはその時代を懐かしいと感じる世代が消費の中核にいると
そういうことなのかもしれません。


・・・とするとその波は次第に時代が進んでいくということになります。
30年代ブームの一部に加えていいのかわかりませんが「工場萌え」
っていうのがありますね。
これは「廃虚萌え」の進化系かもしれないのですが
古い工場が好きってやつです。
(個人的に工場とか廃虚とかダムが好きな人々は「萌え」とか
 言わないんじゃないかと思うんですけど、一般的にはそういうのも
 いっしょくたで、マニア・オタクに分類されているようです)


そして、このまえニュースでやってたんですが
「団地萌え」っていうのも存在するらしいです。
当然、若い世代。

要は自分の幼少の頃の景色が懐かしくてしょうがないって
事なんだと思います。
あと、消えてゆくもの亡び逝くものに対する憐愍の情でしょうか?

そうすると団地の次は人々は何に「萌え」るのでしょうかね?
コメント2
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。