薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漢語

2007.08.23 未分類
今の日本人は
なんとなく「日本は中国より上」という認識
をしているような気がしますが
そういう国家主義者は概してなぜか儒教が元ネタの
熟語を多用したりします。

漢文はまあ、漢文なわけで日本語じゃあないのですが
なんだか多くの人はそれを「日本的なもの」と捉えているようです。
それは風林火山といえば武田信玄というような類の勘違いなんですが
そこは誰も触れないようです。
結局かれらは本当のナショナリストではなくて”飾り”として
そういう活動をしているわけですから別にいいんですけど
そろそろ本人達も自覚したほうが良いと思う。

真のナショナリストなら漢語をやまとことばに読み替えるくらいの
作業をして欲しいものだ。

全く力が入らないけどw


いずれにしろ日本での漢語の力はまだまだ大きいような気がする。

この前も飽きもせず漢文新訳大系の「老子・荘子」を読んでいたんですが
(なかなか理解が深まらないので何度も読むことになるが何度読んでもわからん。。。)
「教父」という文字が出てきたんですね。
自分みたいな浅はかな男は「教父」と聞いたら反射的に思わず

アウグスチィヌス!!!

と叫んでしまうわけですが(受験教育の弊害ですなw)
実際は当然キリスト教とは一切関係なく解説を見てみると
「教えの父とする」
ということだそうです。
まさか明治期の歴史学者がここから「教父」という言葉を採用したとは
思えないから偶然の一致だろうが改めて”言葉”と”認識”の問題について
考えさせられた。

経済だって経世済民のことであってエコノミーとは意味が違うと
聞いたことがあるから日本語というのはかなり
「記号的に」使用されている言葉が多いような気がする。

だから本来言葉に”乱れ”っていうのはないってことだね。
日本語自体が漢語を”乱して”つくったものだから。

わりかしどうでもいいね。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

なんとなく

2007.08.18 未分類
なんとなく生まれて

なんとなく生きて

なんとなく死ぬ

それはなにげに難しい。

幸せはどれだけ金をもっているかとかじゃないというのは
なんとなくわかるが生きていくのに金が要るのも又事実。

テレビの街頭インタビューで
「今の時代はカネと時間に振り回されている」
といっている人がいた。

確かにそうだ。

それは人々が土から離れたから

都市生活を送るようになったから

だからといって団地っこの自分はいきなり農民になれそうもない。

だから日本の一次産業に貢献できるような仕事をしようと思っている。

自分が入る会社ではそういうこと(も)出来そうだ。

ただ、下積みがかなりかかりそうだが。。。

あと、安藤昌益は老子に主張が似ていると思う。
要旨だけだったらほぼ同じなような・・・。
所詮原理主義はイデアとしてしか存在できないけども。
コメント4
トラックバック0

敗戦の日

2007.08.15 時事放談
近頃のこの日は靖国参拝を巡って騒がしかったが
今年はそれぞれの国がそれぞれの理由で忙しくて注目されなかったようだ。

靖国へは一、二度足を運んだことがある。
そのなかで良く覚えているのはパール判事の碑だ。
このインド人判事はA級戦犯すべて無罪として
いまでも右翼の尊崇を受けている。

無罪の理由は裁かれる法が事後法であって
裁判的におかしいというものであった。
しかし、彼は日本軍の残虐な行為には激しい非難を加えている。

日本人は戦犯をもう一度自らの手で裁かねばならないだろうと思う。
未だに「事後法での裁判は無効だ」とか
「A級というのは罪の大きさを示すものではない」とか
右翼は細かいことをゴチャゴチャいうが
祖国を負けさせた、滅ぼした責任を誰がどのようにとるのか
ということに言及していない。
(もっとも自分は左翼的思想の持ち主ではないが)
もっとも、責任の所在が極めて曖昧な分裂状態、無責任状態
というものが一番非難されるべきなのかも知れないが。。。

日本は未だにあの戦争の総括が出来ていない。

コメント0
トラックバック0

しょうがないのか。

2007.08.09 時事放談
しょうがない発言のおかげで注目された今日。

注目されたということに関して言えば
あの発言は良かったのだろう。
小生は未だにあの発言は”防衛大臣として”は不適だった
が一個人の考え方であれば必ずしも不適切ではないと思う。

長崎が選ばれたのは偶然でそれは天気とか諸々の条件が
あったからだ。
久間が「しょうがない」と言ったのはあの原爆で軍部を
抑える口実が出来た。本土決戦を避けられたから
犠牲は大きかったがしょうがなかった。
その状況まで追い込まれた当時の政府や軍部がよろしくなかった。

というのが本意であろうと思う。
戦後生まれで豊かな日本しか知らない小生もそう感じてしまう。
なにしろ軍部は本気で本土決戦をするつもりだったらしいのだから。
沖縄は捨て石にされたとよくいわれるが実はそうではない。
日本全土が沖縄と同じ状況になる予定だった。

そう考えればより不適切なのは首相の靖国参拝なわけで
不適切なのは安倍の方だ。

参院選惨敗や北京五輪、アフガンでの韓国人拉致で日韓中それぞれの国が
ヤスクニ云々どころではなく、議論が喧々諤々行われていた数年前の
面影は全くない。
結局、本当に騒いでいるのは本当にほんの一握りで
あとはマスコミに煽られているだけなわけだから当然だが
少々節操がなさ過ぎるような気がしなくもない。

テレビの街頭インタビューで「けしからん」という意見は結局建前で
それで世間が回ってしまう。
もっともたまに気骨のあることを言う通りすがりもいるのだろうが
TV局の主張や”良心”に合わなければ編集されてしまうのであろう。

要は政治家は時流を掴むのが一番大事。
そういうことですな。
コメント0
トラックバック0

ごぶさた

2007.08.01 時事放談
でした。こちらの方はw

忙しいからねえ。
文章書くのが億劫になる。

まず、参院選。
予想が外れました。
石原パターン(負けそう負けそうと騒いで勝つ)かと
思いましたが本当に負けちゃいましたw

でも経済には全く影響なし。。。
株価が1万7000円割れしてますが
これはアメリカの住宅ローンの焦げ付きが不信を呼んでいるから。
というのがもっぱらです。
実際そうなんでしょう。
だから日本の政治とかって経済にさほど大きな影響はないんですよね。
勿論、売り買いのネタの一つにはなると思いますけど
自民から民主政権になったからって日経株価は全面安にはならないでしょう。

でも、この焦げ付きの話は心配。
日本のバブルの時に似た感じ。
竹中平蔵は当時の日本の経済政策より今のアメリカの経済施策は
全然シッカリしているからそんなことにはならないって言ってましたが
経済って・・・っていうか株はマインドが大きいですからねー。
アメリカ発世界同時株安とか起きそう。
規模は日本のバブル崩壊より全然小さいでしょうが。。。

しかし、株やってる人にはチャンスだよな。
堅実な株も煽りを喰ってある程度落ちるから買い時。

まあ、俺には関係ないかw
コメント3
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。