薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバイト

2007.05.31 日常茶飯事
始めようと思います。
6月1日から仕事です。
市営プールで清掃と監視員。
時給は800~850と安い。
場所も少し遠くてこれなら交通費出るだろ。
と、思ったらコミコミなんだってorz
そんなーー(泣
うう。チャリで行くしか選択肢はない。
でも短期で堅実な仕事だとこういうのしかない。
勤務時間は9時~16時だと・・・。
うーむ。
7時間かあ。
一日大体5600円で
週3くらいでいれると一週間18000円くらい
とすると一ヶ月7万くらいか。。。
まあ、まあ、やね。

他のところは本当に長期できる人みたいな感じでしたから
条件が悪くても仕方あるまい。
少し不安もあるけどね。
夏休みとかはやはり死ぬほど忙しいらしい。
昼飯もろくに喰えないらしい。
プールだもんねー。
でも屋内だから日焼けはしないで済むぜ。
皮膚ガンのリスクはナシ!!

なんとか3ヶ月乗りきりたい。
なんとか。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0

市中引き回し

2007.05.30 時事放談
松岡農相が自殺した。
というのはここ最近一番のニュースだろう。
おかげでZARDの坂井さんが亡くなったニュースは
霞んでしまった。
坂井さんにとってはそのほうが良かったのかも知れないが。
亡くなったことも驚いたしガンだったというのも驚いた
なによりもう40才だったというのがなによりの驚きだった。
俺も年食うわけだ。
俺もう就職だもんなあ。。。
と少しセンチになりましたが

松岡農相の話。
これはどうも根深いようだ。
秘書、農相、緑資源機構元理事
三人も自殺している。
責任を取ったというより完全に「逃げ」だが
ムゴイ話だ。
これ、かなり巨額な金が動いていたんですかね??
緑資源という国の基本を維持する組織が何やってんだか。
しかし、農相は遺体が農水省やら内閣府やらを
霊柩車で回っていたがあれはどうなんだろう。
死体になっても市中引き回しの刑なんだろうか?
と疑問に思うのだが。
俺だったら死体になってまで仕事場に廻されたくない。

だが、同情はしない。
国会議員なら責任をちゃんと取れ。
死んで逃げるな。
大臣ならなおさらだ。
一般人と違うのだ。
野党は厳しく追及して欲しい。
コメント2
トラックバック0

ぼくらの

2007.05.29 未分類
最近「ぼくらの」というアニメをたまに見ます。
ざっくり言ってしまえば
少年少女が自分の命と引き換えにでかいロボットを動かして
よくわからん敵を倒す。
という筋立てなのですが
まあ、少年少女が「死」に対面したとき同感じるか
その人間関係とか心模様が主なテーマなんですね。
もっとも毎回見ているわけではないのでなんとも言えませんが。
筋立てはエヴァっぽいですが更に生々しい感じです。
エヴァ+地獄少女÷2みたいなw
でも絵はさっぱりしてる。

見て感動とか楽しい気分になるもんじゃないんですが
比較的面白い。
リアルに嫌な気分になる回もあるけど。
12チャンの夕方やってる子供向けのモノよりは
クオリティは高いですね。
コメント0
トラックバック0

2007.05.24 未分類
今日は真面目です。

ローカリティと環境問題の結びつきに関して考えてみました。
ローカリティはざっくり訳してしまえば”地域性”という
ことでしょうか。
俺は卒論で日本の環境思想はどうあるべきかということを
指摘したいと思い文章を作成中なわけですが、
そのなかでこのローカリティというのはかなり大きな役割を果します。

環境問題が深刻になった一因として化石燃料文明の到来によって
物流革命が起きたというのがあると思うのですが
これはローカリティと関係あります。
これが原因の環境問題なら世界が地域性を取り戻すことによって
解決できる。
日本という視点なら地産地消だし、世界からみたら国の自給率向上。
(食料だけじゃなくエネルギーなどもね)
しかし、一度壊してしまったものを修復するのは難しい。
特にローカリティで重要なのは人間関係ですから。
住民に政治と行政を取り戻すときに個人主義ばかり押し出していたら
話し合いにならない。
でも、自分はその個人主義(考えてみればこれも輸入した思想ですが)
が最も激しい世代に属していて、そのなかでもかなりの個人主義者な
わけです。
こんな無責任な話はないw
言行不一致。
だからといって今から自分の思想改造が出来るかと言っても
無理だろうし、下の世代にも教育でそれらのことを
教え込むのも筋違いのような気がする。
だから今必要なのは欧米化してしまった自分たちを
いかにこの国の風土に馴染ませるかという方法なのではないかと思う。
今の自分は変えなくてもよくて社会的にはローカリティを
取り戻せる。
そういうシステムとかが求められているんじゃなかろうか?
と思うのですが
そんなウマイ話はありませんなw
コメント2
トラックバック0

うーむ

2007.05.23 未分類
最近鳥肉とタマネギしか食料がないので
レシピに難渋しておりますw
そんなことはどうでもいいんですが。。。

バイトの面接に行って参りました。
時給1000円位なのでやりたいなあ。。。と
しかし、面接行ったら若干渋い顔されましたね。
なにせもう大学4年ですからw
長くて1年、短いと半年くらいで辞めるのは
明確なわけですからね。
投資するエネルギーに見合わないんじゃないか?と
ですから面接で「就職は?」って聞かれました。
電話でも聞かれたのに。
しかもアルバイトからの登用制度があるみたいで
そういうことを基本的に狙っていたようです。
なんか書かされた書類に”志望動機欄”見たいなのがありました。
就職面接かよ。。。
空欄にしておいたらそのままスルーされたので
別に必須ではなかったのかも知れませんが。
でも、だから面接落ちるかもw
なんか金曜日に採用者にのみ連絡しますとか言ってた。
これも就活っぽい。
ええい。
もう知らんわ。
ここダメだったら時給安くても、もう少し地道に働けるところを捜そう。
コメント5
トラックバック0

10ミニッツボックス

2007.05.21 未分類
NHKのこの番組が以外と好き。
NスペやETV特集とかで放送したことの
エッセンスを10分で伝えてくれる。
しかもジャンルに壁がない。
この前は宮沢賢治をやっていた。

やっぱりいいなあ。
宮沢賢治は。
番組で取り上げたのはオツベルと像だったけど
個人的にはグスコーブドリの伝記とヨダカの星が好き。
かれの作品は多少説教臭かったり
仏教説話っぽいものもあるんだけど
表現方法が面白いし
詩的な部分で科学っぽい用語を入れたりして
それが時代感覚をなくさせることに
寄与している感じがする。
コメント0
トラックバック0

以外と

2007.05.18 未分類
家族が全員いなくなるって嫌かも。
親族と家族ってやっぱ違うし。

自分一人ってのは
寂しいというのとは異なるけど
それがリアルに実現しつつある
自分の人生って
以外と残念な人生何ではないかと
最近気が付いた。
コメント4
トラックバック0

大卒就職率96%

2007.05.17 時事放談
まあ、ほぼ全員就職できました。
と、そういう事だと思うんですがね。
自分は結構勢いで決めてしまいました。
後で後悔するかも知れませんが
それはそれ。

いい企業に入りたいと皆さん頑張っているようです。
いい大学行って、いい会社に入るってトレンドは
全然死んでないって思いますね。

企業側は志望動機っていうのを伝家の宝刀のように
かざしてくるのですがはてさてそれは
いかほどに意味があるのでしょうか?
その企業に入って本当にその仕事が出来るとは限らないし
その仕事が想像と違っていたら一気に萎えてしまいますよね。
企業はそれをわかってこれを重要視しているんですかね?
それとも礼儀として聞いているだけなんでしょうか?

いずれにしても”つまらない仕事”を楽しくやる能力が
一番重要なんじゃないかと個人的には思っているわけですが
スーパーのバイトしかしたことのない青二才には
そんなこと言う資格ないですねw

そういうひとは公務員になるのかな?
だから特殊な公務員以外はモチベーション低いんじゃないでしょうか?
公務員こそ志望動機が重要なのにね。
でも、あの職業はローテがちゃんとあるから
そうも言ってられないのかな?

とにかく自分も就職決まってなによりだということです。
コメント3
トラックバック0

平等な世界

2007.05.16 時事放談
フランスでサルコジが大統領になり
アメリカ型競争社会へのシフトが起きると報じられている。
日本でも格差社会は毎日ニュースの中で報じられている。

一貫しているのは
平等=善
という思想であり金持ちへの羨望と恨み辛みである。
社会主義の生まれ故郷と言ってもよいフランスならまだしも
なぜ日本でこんなにも平等が叫ばれるようになったのか?
(悪平等がよくないとかそういうことが言いたいわけではない)
個人的にはみんなが経済的にも身分的にも
平等であった時代はないと思っている。
”一億総中流”
という言葉は幻想ではないか?
当時の首相が「中流です」と言っていることからも
この言葉の欺瞞が感じられる。
首相とサラリーマンが一緒の階層なわけはないのだ。
総中流の時代だって格差はあったが
きっと希望がそれを覆い隠していたのだ。
世の中に横溢していた上昇機運が不平を言わせなかったのであろう。

バブルが崩壊し、経済が低迷すると
不満がドッと出た。
そして経済はある程度成熟して生物の増加曲線のように
伸びはほんのわずか。
これからみんなが金持ちになれるわけじゃない
(今の経済的身分が固定される)という
マインドが形成されると今、金持ちが羨ましくなる。
金持ちの情報(いいところだけ)をマスコミが過剰に
流すことも影響しているだろう。
あれだけ自慢されれば、ひがみもする。

結局、格差社会は幻想であると思う。
もとから平等は存在しない。
連綿と身分や資本による格差はあった。
しかも戦前はそれが生まれついたところに左右されることが
多かった。
ハッキリ言って今より悪条件だ。
ただ、安倍のように公然とそれを認めてしまうのは
如何と思う。
西欧近代国家は国民を養ったり守ったりするために
生まれたもので
幕府のように勝手にやって下さいと言うわけにはいかない。
我々はそのために室町時代や江戸時代のときよりも
重い税金を払い、種々窮屈な暮らしをしている。


とにかく格差だ格差だと騒いで小生のような貧乏人を
なんとかしようとしてくれているのはありがたい話で
それだけでも良い時代に生まれたものだと感じている。
ただ、救済の手などは”一切”届いていないがw
コメント2
トラックバック0

いやはや

2007.05.14 未分類
自分で日記を読むことってほとんどなくて
コメントを頂かないかぎり管理者ページしか見ないわけでして
久々に自分のブログを見たらアーカイブ欄が随分長くなっていて
正直自分で驚いた。
こんなに長く日記・・・というか雑記をつけていたのか。。。
とね。
まあ、9割方駄文だから不毛なものの集積なんですけど
なんか少し無意味に誇らしい。
(ただ最近は日記の数が減っていて危険だと感じたw)
顔見知りの友人以外は誰も読んでいないのだろうが
誰かに読んでもらっている、もらっていないに関わらず
続けてこれたことが嬉しい。
なんでこんな感慨にふけっているんだろうか??

コメント0
トラックバック0

東京DC構想

2007.05.13 時事放談
猪瀬直樹が地方分権の一環として
東京23区の一部をワシントンDCを模して
国の直轄地にして地方に廻そう
みたいな意見を述べたようです。

昔、自分も似たような(大分違うけどw)ことを
述べてましたねえ。
2005.9.12の日記でございます。
とりあえず以下全文載せると


以下引用   ・・・・・・・・・
しばらく入れなかったから久々の更新だぞ。
まあ、選挙の感想は・・・。
やっちゃったね

自民が単独で絶対安定多数以上を確保するとは・・・。
勝つとは小生も思っていたがここまでとは。
投票率の上昇が原因だな。
ブーム
みたいな。
ホリエモンはブームに乗れなかったようですが。
無所属だからね。
彼が議員になるのは勘弁だったからいいけど。

ところで今回の選挙ほど将来のヴィジョンが語られなかった選挙はないですね。
いや、毎度そうだが。
一つだけ「小さな政府」というのが将来像らしきものです。
ただ誰も具体的にどういう感じと説明してくれなかった。

そのかわりと言ってはなんだが八閑斎的日本の将来像を描いてみる。
近未来ではないです。
100年後目指す(目指して欲しい)日本像です。

・内政
八閑斎の理想とする政府像は実は徳川幕府です(爆)
この政府はとことん小さかった。
地方分権・小さな政府を突き詰めればこれに近いものになるはずだ。
ただ、財源の問題とかが課題である。
どういう形でどのくらい地方政府から税を取るのか?
江戸幕府は直轄地の収益で大体運営されてました。
(政府というより徳川家ですからね)
今、直轄地を作るわけにはいきませんから全体から外交と国防に関する
もののみの税を集める。
(4大都市圏を直轄地にしてもいいんですがね、弊害が多そう)
そうすれば地方交付税は全面廃止。
公共事業は地方公共団体が独自に100%自腹で行う。
税金が足りなければ自分たちで殖産興業する。
教育も自治体が好きなようにやって下さい。
社会保障は徐々に小さくする。
「老後は子供を頼りましょう」
ということで。
実はこれは発展途上国の人達が沢山子供を産む理由だったりするんですがね。
さすがに日本じゃ通用しないか・・・。
なんにしろ社会保障を財政上削減。
皆さん動けなくなるまで働きましょう
がスローガン。
食料生産自給率100%を目指す。
学校給食などからはじめる。
今はコスト高だが世界の穀倉地帯が力尽きたときに備えねばならない。
林産物もしかり。

・軍事
対ソ連用に配備されてる部隊、装備を無くし規模も縮小。
海外派遣・災害出動部隊と対テロ用部隊をメインにする。
陸自より海自重視。
(日本に大規模なグランドフォースはいらないと思う)
海上保安庁と連携強化、一部一体化で密入国や国境紛争に対処。
独自に国土防衛できる体制作り。
(核の脅威があるかぎり無理なんですけどね 汗)

・外交
東南アジアと経済協力。
中国と主導権争いをする。
(今メコン流域で負けちゃってるから急いで!!)
中韓に関しては過去の歴史について正式に謝罪し
領土問題で強力に主張する。
ロシアとの交渉は小生に解決策を考えることは不可能です。
もう住み着いちゃってるし。
返してくれることになっても何を見返りに求められるのか想像もつかない。

残りはまた明日。


引用終了・・・・・

東京のみならず四大都市圏を直轄にしてしまえという
超乱暴な論を立てていました。昔の自分恐るべしw
勢いで書いてるねえ(今もだけど)
とりあえず四大都市圏を国の直轄にして国を運営すればいい。
あとは国税をタダにしてしまえばいい。
と、個人的には思います。
格差是正ということでね。
乱暴だけど。
コメント2
トラックバック0

あるいみ伝統

2007.05.09 未分類
辻ちゃんが出来ちゃった婚だと
散々報道されています。
正直そんな重要じゃないのになんだこの扱いは
それは宮崎県知事の扱いにも言えるんですけどね。
正直そのまんま東にそんな興味ないんですけど。。。
平和なんだね。
日本。
いいことだと思うよ。
小生もこの一時の平和を満喫したいと思っています。

で、戻るんですが
世間的には出来ちゃった婚をはしたないと見る傾向が
若干あると思うんですが、日本史から見れば
全然普通のことだと思います。
つーか江戸時代のある農村では村の若者がみんな夜這いして
女性が妊娠した時点で女性がだんなを選ぶって言う
風習もあったそうです。
子供は当然誰の子供かわかんないんですけどねw
それは別にいいか。
ってことだったんでしょうね。
その地域では。
勿論日本全国そうだったわけじゃなくて
もっと厳しいところ更にゆるいところ
色々だったと思います。

だからはしたないって思っているのは
明治に入ってきたプロテスタント的倫理観が
影響しているのではないかと思います。
彼らはどうもやたら貞操観念にうるさいようですから。

結論としてはこういう事は当人達が望んでいて幸せであったら
それでいいのではないかと。
そういうふうに思います。
そして別に順序は逆じゃないと。
だから世間や、ましては国家がとやかく言うことではない。
まあ、言うだけならいいのかな?自由だから。
コメント2
トラックバック0

やっぱね

2007.05.07 時事放談
サルコジだったね。
まあ、確率1/4だから当たっても嬉しくないけどw
しかし、ロワイヤルにならなくてよかった。
あの人確かに福祉は重点的にやりそうだけど
凄い波風たてそうだもんなあ。

北京五輪はボイコットだ!!
って言ってたみたいだし。
過激すぎるよ。。。
更に世界がギクシャクしそうだった。
まあ、フランスだけがボイコットしても影響力は
余りなさそうだが・・・。

個人的にはドビルパンがどうなったのか
気になるところ。
コメント0
トラックバック0

未来のエネルギーの在り方

2007.05.03 時事放談
日本はカザフスタンと原子力協定を結んだらしい。
ウラン価格が高騰する今、有意義な協定なのだろう。
しかし、ウランも無尽蔵なわけではない。
プルサーマル計画もパッとしない。
地中処理のコスト(危険性を含む)は恐らく
化石燃料以上だ(異論・反論あるだろうが)

そして海外依存というところでは
化石燃料と構造は変わらない。

今、注目されているバイオエタノールもしかりである。
トウモロコシなどから作っているうちは結局海外依存だ。
バイオ燃料は国内で賄われなければいけない。
国内にはまだまだ未利用廃棄物があるはず。
でも、コストが高い。
これは更に化石燃料や食料価格が上昇して
需給がひっ迫しないと実用化は難しそうだ。

だがそこまで至ってしまうと日本は良いが
経済力の弱い国々は食料などを確保できなくなってしまう。
市場経済だから仕方ないと言ってしまえばそれまでだが
それで見捨てるわけにもいかない。
廃棄物から安くエネルギーを抽出する技術
そしてそれを国内で自給するシステムが必要だ。
コメント0
トラックバック0

出世がしたい?

2007.05.02 時事放談
日米中韓の高校生に
「偉くなりたいか?」
と聞いたらしいw
これだけでかなりえげつないと思うのだが
日本で「強くそう思う」と答えた
のは8%だったとして議論が様々あるらしい。

ちなみに
中国 34.9
韓国 22.9
米国 22.3
だったらしい。
それだけハングリー精神がある
(逆に日本はない)
と取られたと思うのだが
小生はこれは良い事だと思う。
「それだけ格差が少ない」
「現在の生活に満足している」
ということも言えるだろうが
小生は
「我欲を顕示することはみっともない」
ということが反映されているのだと思う。
日本人の高校生にだってもっと偉くなりたいと
考えているやつはいるはずである。
(歌手や芸人になって売れるとか)
とりあえず8%ということはあるまい。
それでもこれほど少ないのは
「俺が、俺が」
と前に出る人が少ないのだ。
できるだけ平等に平均にという意識がどこかで働いている
そういう気がする。
勿論それは良い部分も悪い部分もあるのだが。。。


それとこの調査が載った毎日新聞の記事で
「公務員になりたい」と答えた学生が99年比22ポイント減
に関して
「明確な目標も持てていない」
と表したがこれは笑止で99年の高校生は
「不景気な今は公務員で身分の安定を」
と考えたに過ぎない。
今の学生が将来就きたい職業がないと答えているのは
自己実現=就職
と考えているからだ。
そしてそれは世の中や学校がそれが良いことだと
教えているからである。
社会に奉仕・貢献せよと。
我欲にまみれて出世した象徴であるホリエモンが
制裁を受けて消えたように社会構造がそうなっているのだ。
つまりこのアンケート結果は日本の社会の要求や構造を
よく反映していると言えるだろう。
コメント2
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。