薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しいですねえ

2007.01.30 未分類
最近更新出来ていませんでした。
テスト期間なのでね。。。

しかも今回は真剣にやらないと危険な香り。
テスト難しくするなら1,2年の時にして下さい(汗
就職活動と相まって忙しいのに難しくするなんて
困るわ。

と言っても始まらない。

ブッシュの一般教書演説とか
そのまんま東当選とか
「あるある」とか
伯夫の「女は子供産む機械だ」発言とか
書きたいネタは沢山あるのに
しばらく書けないと思いますw

ただ、伯夫クンの発言はそんなに
批判するもんじゃないと思う。
だって政治家とか官僚は女性に限らず
人間を人間と思っていないと感じるから。

それも仕方ないと思う。
データは数字で上がってくるんだもの。
出生率にしろ失業率にしろ数字。
そこに人間の生活は感じ取れない。
特にそういう生活を体験したことない人にはね。
厚労省は出生率上げないと年金がマズイという
強迫観念があるから数字を上げたいと思っているのだろう。
でも、そこに「人間」がないから
そういう人達が考えた政策で出生率が上がるわけない。

また、現在の科学は人間を「機械」として見ている。
感情だって反射とか本能とかが複雑に組み合わさって
出来ているだけだって言う人さえいるんだからねw
先端医療なんかもそう。
臓器は部品。
ついこのあいだ移植の問題がありましたよね。
子供だって体外受精できるんだから
体外受精して人工子宮とかで育てたら本当に機械
って感じがしてくる。

・・・もっとも伯夫クンがそういうことを踏まえて
発言したのかどうかも知らないし、発言内容が正しかったとも
思わない。
けど、報道を見ているとただの政争の具。
政治ゲームをしている。
そういう感じがする。

それが世間だとか言われてしまうと反論の仕様もないですが。
スポンサーサイト
コメント14
トラックバック0

昨日のその時歴史は動いた

2007.01.25 日常茶飯事
島原の乱についてやっていました。
首謀者とされているのは天草四郎ですが
本名は益田四郎時貞つーんですね。
名字の読みが一緒なので昔から少し親近感を持っていました(勝手に)

昨日の扱いは島原の乱は宗教一揆という部分が
強調されていましたが最近の研究では
宗教のためだけに起こしたわけでは無いということがわかっています。
だから、なんか違和感w
幕府がキリスト教(耶蘇)を諸外国の侵略を懸念して弾圧した
みたいな扱いをしていましたが、これもおかしい。
幕府は耶蘇ばかりを弾圧したわけじゃない。
しかも宗教弾圧は徳川時代に始まったわけじゃないことは
信長の叡山焼き討ちや秀吉のバテレン追放令からも明確です。
あと、九州なのでキリシタン大名が増加したのは
純粋に耶蘇に帰依したものばかりでなく貿易目当ての
者や仏教勢力に対抗するために奨励したものも多かったようです。
なぜ領主が仏教勢力に対抗しようとしたのかといえば
仏教勢力も領主と同様の力と領地を持っていたからです。
両者は土地などを巡って対立する存在だったのです。
下手をすれば自分がやられると
家康は特に若いころの三河の一向一揆で痛感したはずです。
(家臣も宗教を理由に裏切った)
家康の宗教政策にはそれが生かされたのでしょう。
本願寺は東西に分裂し耶蘇は禁止、権力者に反抗的だった
日蓮宗不受不施派も禁止され耶蘇ともども弾圧。
(島津では一向宗が弾圧され藩境で
 何度も侵入しようとした僧侶が捕まったそうな)
在来の宗教勢力は権力に協力することで生き残り
特権を維持することが出来た。

話がなんだかこんがらがってきましたが
要は島原の乱は宗教上の理由だけではなさそうだということ
が言いたいのです。
勿論、大きな理由の一つだろうし精神的支柱だったと
思いますが松倉氏がちゃんと支配をしていれば
こんなことにはならなかっただろう。
つまり生活が十分できているが信教の自由がないから反乱を起こす
というわけではなかろうとそう思ったわけです。
はい。
コメント0
トラックバック0

中国が衛星を撃墜??

2007.01.23 時事放談

軍拡の意志ではない。
と、釈明したらしい。
明確にウソだと思うがw

MDを自前で出来る。
もしくは大陸間弾道弾に高い精度がある。
ということを誇示したいに違いない。
しかし、中国軍は士気は低いらしい。
とりあえず就職したいという若者が
多く入り込んでしまったため実戦力は低下している
と中国の将官は気にしているらしい。
これも経済発展の賜物だな。
しかも昔はインド、ソ連、チベットと
戦場になりうるところは沢山あったが
今は紛争になりそうな地域はない。
せいぜい台湾くらいで、その台湾も
武力というより政治的統一に力を入れているように
思われるから仮想敵国はやはり日本とアメリカか。。。

とにかく中国には責任ある国家になってもらいたい
と切に願うのみだ。
コメント6
トラックバック0

南米の社会主義化

2007.01.20 時事放談
凄まじいですね。
世界の不安定要因の一つに成長していくのではないかと
思われるわけですが、これはどの位長く続くのでしょうかね?
個人的にはそれほど長くないような気がします。

南米は元々資源に恵まれているわけで
農産物生産のポテンシャルもかなりあります。
しかし、長きにわたって発展できなかった。
現地の人々はそれはアメリカのせいではないか?
と考えているようなふしがありますね。
まあ、アメリカも中南米にはちょいちょい介入
してきて政治的にある程度コントロールをしてきたわけですから
(コロンビアの麻薬とも関係あると思いますが)
そういうことも関係しているかも知れません。
そう考えると皮肉なものですね。
世界のほかの社会主義国が資本主義に移行して
一つの流れになりかけてきているのに
アメリカが介入してきた中南米は逆に今、社会主義化している。

日本では日銀が金利を上げる上げないで政府とやり合っている
というニュースを流していますがベネズエラのチャベスは
中央銀行を国有化しちゃいましたからねw
金利を上げる上げないも政府の思うがまま。
もっとも日本は昔、「最も成功した社会主義国家」なんて
言われていましたが・・・。

ところで日本はどこを目指しているんだろうか?
未だに見えない。
「小さな政府」にソフトランディングするつもりなのだろうか?
とりあえず昔の”輝ける社会主義国家”には戻れないw
あれは成長している時期にしか出来ない
一瞬の出来事のようですね。
コメント2
トラックバック0

Iam broken television

2007.01.19 未分類
070118_1508~0001.jpg

Iam broken television
僕はここに辿着いた。
コメント0
トラックバック0

はっ!?

2007.01.18 未分類
070117_1400~0001.jpg

ベネッセの本社のヘリポートにヘリが!!!
初めてみたぜ。
何かの演習かしら??
コメント3
トラックバック0

中国で儒教復活

2007.01.13 時事放談
復活してきているらしい。
共産党の力が強かったときは
排斥されていたらしいからようやく本来の中国に
戻ってきているのかも知れない。
市場も開放され官僚の汚職と貧民の発生
というこれまで通りの中国の姿に近くなっている。

結局のところ清王朝が混乱を経て共産党王朝になったのだろう。
だから、やがて易姓革命が起きるに違いないと思う。
一部マスコミで中国は崩壊すると主張するする
人々がいるが崩壊はすなわち易姓革命にほかならないと思う。
次はどんな王朝が誕生するのだろうか?

小生が生きている間に革命が起きるかわからないが
恐らく民主化は無いと思う。
コメント0
トラックバック0

風林火山!!

2007.01.11 未分類
小生が実家で一人暮らしというのは
友人の皆様には周知の事実であると思いますが
まあ、そのせいで掃除をすると大量にごみが出てくるのです。
あと良く分らないもの・・・w

070111_2017~0001.jpg


これはそんな良く分らないものの一つ。

そう、今年の大河はこれなんですよね。
山本勘助が主人公とか。。。
初回見ちゃいましたよ。
兵農未分離の感じとか
原虎胤とか北条氏綱とかシブくて
なかなかよかったと思います。
でも上杉謙信がガクトなんだって・・・。
それDJ OZUMAと同じくらい人選ミスだと思うよ???
謙信ファンとガクトファン相互にとって
不幸だと思われ。

リアル路線でいくならもう少し考えて欲しかったなあ。
でも山本勘助の存在自体がリアルじゃないという噂も。

うん、もう少し様子を見ようかな?
コメント0
トラックバック0

防衛庁、省に格上げ

2007.01.09 時事放談
内閣府の下部機関から独立した省になる。
端的にはそういうことだろう。
それにともない発言力も上昇するし
独自に法案も立案できるようになるらしい。
しかし、いまいちその実感は涌かない。
久間さんはどうも字がヘタだ。
くらいの感想しか持てないのである。

それとマスコミは海外派遣が本来業務になる
ということを取り上げるくらいで
他に何か取り立てて変化することはないようだ。
そしてこのことについていわゆる左派の人々は
米軍と共同して戦争する体制に近づいていると
言うが、小生は実際的な問題の所在はそこではないと思う。
防衛施設庁の問題が以前あったが
小生はその癒着の部分が拡大するのではないかと懸念する。
軍需というのは原子力などと同じく特殊な産業で
ある一定の技術力、もしくはその技術を開発する資金力がないと
参加できない。
アイゼンハワーのいう軍産複合体が日本でも出来てしまうのではないか?
(もう出来上がってしまっているのかも知れないが・・・。)
という気がする。
防衛庁が省に格上げになって権限が強化される
ということは予算も増え軍需産業も潤う。
・・・と、そんなことになりはしないかと
一納税者として思うのだがどうであろうか?
コメント4
トラックバック0

英雄の書?

2007.01.06 未分類
毎日新聞で宮部みゆきが新しい連載を始めます。
その名も「英雄の書」。
ゲームっぽ。

なにしろ宮部みゆきはゲーマーだとの噂ですからねw
「ブレイブ・ストーリー」も完全にそっち系だし。
小生は「クロス・ファイア」とか好きだったけども。
(もう火が出ること以外は忘れてしまったけども・・・)

まだプロローグだからわからんけど
なんか「十二国記」みたいな雰囲気だよ。
少し楽しみ。
でも、新聞連載って一回が短すぎ(〒。〒)
これは毎回思うんだけどね~。
しかし週一のマンガを待つよりはマシかな?
モンスターとかは繋がりがわかなんないと話がホントわからないから
えらいことになってました。
それにマンガは休載多いし。
コメント4
トラックバック0

お買い物

2007.01.05 未分類
今日は天気が良かったので
毎度のことですが洗濯をし、掃除をしました。
朝飯は長芋と納豆のパスタ。
これウマイよ。
最近のハマリもの。
もうパスタなのか何ナノかw
ネバネバ好きにオススメ。

で、珍しくお買い物に行きました。
ユニクロへ690円のシャツを買いに(汗
攻めてるねー。
ただファーストリテイルングは欧米に進出したは
いいが苦戦している模様。
安さと品質の良さだけでは勝負できないらしい。
それにヨーロッパではブルガリアとルーマニアが
中国にかわる生産工場になっていて
ヨーロッパにすぐ輸送できるという利点を生かして
輸出を拡大しているらしい。
ただ、華僑資本が流入しているらしいから
結局のところ中国??
恐るべし。。。

あ、それと今日ビジネス用の靴も買いました。
5000円。
高っ!!Σ(‐?‐)
と思ったけど
これくらいはスタンダードってか安いほうらしい。
まあ、これでグッズはコンプリ-トだな。
コメント5
トラックバック0

お久しぶり

2007.01.03 未分類
ブログの方は久しいですね。
いやはや。
光陰矢の如し。

で、話が変わるんですが
年末年始って時代劇が多いですよね。
特に戦国モノ。
同じ時代を何度もやるなよ
と言いたいのですが人気があるんでしょうね。
一番気になるのは出ている俳優。

カブり過ぎじゃね??
少し気が付いただけでも
唐沢寿明は
前田利家と明智光秀
上川隆也は
山内一豊と織田信長
西田敏行は
徳川家康と土井利勝

他にも色々いるけども
同じ人ばっかりな気がする。
気のせいかな?

それと時代劇はもう少しリアリティを出して欲しいなあ。
なにか浮ついていてイメージ通りな感じがして
見ていて面白くない。
あと、主人公は絶対いい人だったりとかね。
戦国時代の人だから少なからず腹黒くないと上まで行けないんだけども
ドラマの中で行為を正当化しちゃうんだよね。
それが嫌いだなあ。
まあ、でもリアルすぎるというのも考えものかw
いや、だけど当時の生活感とか身分の感じとか
新しい学説とか取り入れて挑戦的に作って欲しいですな。
うむ。
コメント3
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。