薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変温動物現る

2006.06.29 日常茶飯事


カナヘビがコンクリの上で体を温めておりました。
クリクリの目がかわいいです。
無駄の無いフォルムはかっこいいです。
昔はよくつかまえてたなあ。
と過去を懐かしみました。
スポンサーサイト
コメント3
トラックバック0

ある晴れた日に

2006.06.28 日常茶飯事
今日は昼辺りから猛烈に晴れたので
散歩に出かけました
(いや、生活費等々の払い込みにいきました)
天気が良いので道草して
ナデシコが咲いている空き地に行きました。
丁度季節だったはず、と思ったのですが多少ずれていたようで
若干傷んでいました。
でも、キイチゴがなっているのを発見!!


一つ二つつまんで帰りました。
コメント0
トラックバック0

番号ポータビリティーって・・・

2006.06.27 時事放談
新聞整理をしているので少し古い時事ネタが
すごく多くなってます。
で、
この「携帯番号持ち運び制度」ってやつの記事も
出てました。
この制度の話は何度か聞いたことあるんですよ。
某政党の関係でw
だから結構期待していたというか
大きな成果になるのかな?
と思っていたらそうでもないらしい。
MM総研のアンケートによると
利用希望者はなんと・・・

1割・・・(((゜д゜;)))

少なっ!!
なんでもメアドは変えなきゃいけないし
番号持ち運べようと変更手数料取られるのはどうせ
変らないから変えないんだとか。

考えてみればそうだよな。
それに通話よりメールのほうが(個人的には)重要なわけで
変更したのを知らせるのが面倒なのは番号よりメアドだったり
するわけなんだよな。

と、ちょっと最近の若者ぶってみたw
コメント2
トラックバック0

新人クン

2006.06.26 日常茶飯事
バイトに新人クンが入りました。
細身で長身の男です。
大学一年生だって。
でもスーパーでバイトってキャラじゃないんだよなあ。
辞めないよう大事に訓練していこうとおもっとります。

ただ、サッカー部というのが少し気になる。。。
コメント2
トラックバック0

限界集落は亡国の兆しだ

2006.06.24 時事放談
6月18日の毎日新聞の記事を読んで
小生は少なからず衝撃を受けた。
その見出しは
「産廃に沈む集落 処分場を誘致 集団移転」
というもの。
石川県輪島市門前町大釜地区は集落が遂に5世帯8人となり
産廃処分場を誘致して集団移転することになったのだそうだ。
要は廃村だ。
なぜ、よりによって産廃処分場なのか?

それはそれ以外に何も誘致できなかったということらしい。
この地区の区長はゴルフ場やダムを誘致しようとしたが
果せなかったのだという。

普通は作りたいと業者が思っても地域住民が大反対して
建設が困難である産廃処分場。
それを住民が自ら誘致したということはそれだけ追いつめられていた
ということを如実に著している。

このように過疎が極端に進み共同体として存在することが
困難な集落のことを「限界集落」と呼ぶのだそうだ。
定義は
・半数以上が65歳以上の高齢者
・冠婚葬祭や農業に関する作業などで社会的共同生活の維持が困難
だという。

限界集落となってしまっているような集落はかつて日本人の開墾の
最前線であったところだ。
そしてそれは小生がこの日記で何度も書いている
「日本の生きる力」に最も必要な地域でもある。
都市生活者である小生が言うのも笑止なのだが
国は無策だ。
このような最前線を維持しないと
生物資源を最大活用しなければ
ならなくなると予想される”化石燃料以後”の時代を生き抜いていけない。
資金を投入すべきなのは核融合とかそういうものではなく
こういう所なのではないだろうか?
コメント2
トラックバック0

IWC総会で商業捕鯨の再開支持採択

2006.06.23 時事放談
マジでビビった。
まさか!という感じです。
でも記事をよく読んだら3/4以上の議決が無いと
捕鯨は再開されないんだとか。

しかし、支持国が過半数を越えるということ自体が驚きです。
日本は随分撒いたんですかねえ。札束。。。

日本だけですよ。
こんなに捕鯨再開にやっきになってるの。
なんでこんなにクジラを捕りたいんですかねえ?
小生は喰ったことないからわからないけど
それほど労力をつぎ込む必要があるほど美味いんですかねえw

小生が思うにそんなに美味くても食べないほうが恐らく身体には良い。

クジラやホッキョクグマ、アザラシなど大型の北方に住む哺乳類には
PCBをはじめとする内分泌撹乱物質ではないかと思われる化学物質が
多量に含まれていることが報告されている。
それらの物質が脂に溶けやすいのでおのずと体脂肪率が高くて
体が大きな北方の大型哺乳類に多く蓄積されてしまうのだ。
(その動物を沢山食べるイヌイットは都会で不健康そうな生活を
 している人々より化学物質の体内濃度が高いらしい)

もっとも日本人が責任をとってそれらの化学物質を
体に貯えます!!
という殊勝な志から発言しているなら賛成しますがw
(いや、でも遺体を焼いたとき大気中に放出されちゃうから意味ないか?)

あと、小生が気になるのは捕鯨推進論者がよく言う以下の説
1:ミンククジラは増えているから捕ってよい
2:クジラが増えているから水産資源が減少する

1については小生が直接調べているわけではないですから
なんともいえないですけど本当に増えてるの?
というのが正直な感想。
調査するたびに殺して生態解るんですかね?w
生態も完全に解っているわけではないのに本当にそんなこと言えるのか?

2に至っては笑止千万ですよね。
クジラはそもそも海の生態系で生活しているわけで
海のキャパ以上には増えない。
水産資源が危機に瀕しているのは魚を捕りすぎているからで
その元凶は日本だったりするわけです。

ピラミッドの中間辺りを人間が横合いから入ってきて取っているのに
クジラに責任転嫁するとは・・・。
そう考えれば日本の魚は安すぎるんですよね。
もっと高い値段でも良い。
そうしないと少し前のイワシみたくなる。
ハタハタのときみたいに少し我慢するということをすれば
いいんじゃないですかね?
そう簡単にはいかないとは思いますが。

日本の主張もおかしければ反捕鯨国の主張もおかしい。
「賢い動物を殺すな」ってなんだ!?
大体”賢い”のボーダーはなんなんだよ?
そんなこといったら豚だって結構賢いらしいぞ?

こういう意味の解らない論議はピーターシンガーとかの
動物の権利とかそういう辺りから出てると思うんですが
もう少し科学的に話をして欲しい。

結論を言うと捕鯨以前に水産資源全体の管理について
もう少し議論したほうがいいんじゃないのか?
と、そういうことです
コメント9
トラックバック0

会談

2006.06.22 日常茶飯事
今日はT淵氏と多摩センターのサイゼリアで会談いたしました。
T淵氏は理系の大学。
小生は文系の学科に所属しているので
お互いどんなことをやっているのかとかそんな話を
ダラダラ3時間ほどいたしました。

やっぱ理系の大学はスゲーなー
実験とか実習とか高校以来やってないから
なつかしい。

じっさいやったらダルいだけなんだろうけどw
隣のシバはあおいってね。
コメント4
トラックバック0

バッサリ

2006.06.20 未分類
髪を切りました。
坊主に近いです。
友人にはかなり不評で
「せっかくイイ感じで伸ばしてたのにもったいない」
とか
「えーなんでー!?」
みたいな反応しかございません。
でも夏だし。
勉強する決意をしたし。

いいんです!!
(カビラ風)
コメント2
トラックバック0

ポテチ

2006.06.19 未分類
060618_2331~0001.jpg

またバイトでサッカー見れんかった。
そしてポテチを夜中に揚げてたw
コメント0
トラックバック0

上海協力機構は対米軸となるのか?

2006.06.18 未分類
最近、上海協力機構(SCO)が話題だ。
小生が”今年注目の国”として上げたロシアも参加しているので
ちょっと調べてみた。

SCOは96年四月に原加盟国が作った「上海ファイブ」という
整形しまくった黒人ダンサーが出てきそうな名称の集まりが原点である。
その後オブザーバー参加国が増え05年には核問題で問題となっているイランが
参加し、6月15日の首脳会議にもアフマディネジャド大統領が参加した。
ちなみにメンバーは以下の通り
(wikiよりコピペ)
原加盟国
* 中華人民共和国
* ロシア連邦
* カザフスタン共和国
* キルギス共和国
* タジキスタン共和国
* ウズベキスタン共和国
加盟申請国
* モンゴル(2004年からオブザーバー)
* インド(2005年からオブザーバー)
* パキスタン(2005年からオブザーバー)
* イラン(2005年からオブザーバー)
* アフガニスタンは米国の傀儡政権となったので
参加は拒否されているらしい。

よく見てみれば凄いメンツが揃っている。
資源面で見れば
ロシアは天然ガス埋蔵量世界一位、石油も二位
イランは世界第2位の石油埋蔵量
カザフスタンもカスピ海周辺の産油国
と危険だが魅力的な国々。

経済面でも
出世頭の中国、そのうち人口でその中国を追い抜く
ことが確実であり大躍進するであろうインド。

発展途上国の雄が結集しているうえに安保理の理事国が
2ヶ国も含まれているというのも強みだ。
印・パ・中・ロはそれぞれ今までいがみ合ってきたが
現在は反政府イスラム過激派に対する対応やエネルギー問題
などで利害が共通であり、加盟国内で共同軍事演習なども
行われたらしい。

そのSCOがイランを支援するようであれば米国と対立することは
不可避ではないか?
そしてそれはイランの核開発問題の安保理の枠組み内での解決を
より一層困難にすると思われる。
冷戦時のような二大勢力対立には至らないかもしれないが
SCOが強力な対米勢力になることはほぼ確実だろう。
コメント0
トラックバック0

17日のこと

2006.06.18 未分類
今日は日中久々に晴れたのでお洗濯。
でもバイト終って外に出たら大雨(T_T)
せっかく乾きかけてきてたのに・・・。

最近全然時事を扱ってないなあ。
テレビを見てもW杯か秋田の殺人事件かというモノトーン報道だし。
ちょっとテポドン2号に関するニュースも増えてきたな。
明日あたり飛ばすのだとか。
政治学の教授が「週末は美味しいものを食べておけよ」
とジョークを飛ばしていた。
当然ジョークなのだが
うちの大学の学生は多少ビビってたみたいです。
やめて欲しいねこういうジョーク。

それと髪を切りました。
21になったので。
コメント0
トラックバック0

思い出したぞ!!

2006.06.17 未分類
そういやあ昨日は・・・
コメント4
トラックバック0

蛍袋

2006.06.14 未分類


沢山咲いてました。
濃いピンクのタイプもあります。
ただ、花の大きさが大きいので
しおりにはできなんだよなー。
コメント0
トラックバック0

ゼミレポ

2006.06.13 未分類
ゼミで卒業研究の中間発表をするように言われて文書を作成。
ってかHPの内容を改変しただけというお粗末な内容。
A4一枚にまとめろとか言われたんですが
ムリです。
まとまるわけが無い
結局A4で3枚という規格オーバーをやらかしました。
これでも小生は不満足なんですけどねー。
しかしまあ、小出しにしていかないとネタつきそうだし。

ただ、ゼミの教授には
一次資料を読んで論文書けと言われております。
いや、わかるんだけどね。
例えば「岡山市史」とか「徳川実記」とか全部読んでる暇は無い
膨大ですから。
国会図書館にどれだけ通うんだよ。と思うわけです。
そういうのは本当の研究者とか院生がやれば良いと思う。
少なくとも就職活動と公務員試験の勉強しなきゃならない
大学生のやることじゃない。

高校のとき受験勉強をせずにキノコはやしててエライ目にあった。
今回はその二の舞いにならないようにせにゃ・・・。

あとゼミで懇親会を企画しました。
仕切るのあまり好きでない上に酒飲まないのにねーw
でも3年だけで13人もいるのでそういうのも
やはり必要かな?と思いましてね。

最近頑張っております。いろいろ。
コメント12
トラックバック0

ビオトープ管理士セミナー二日目

2006.06.12 未分類
日曜日は「生態学」と「ビオトープ論」の授業がありました。
じつは結構暇だったので過去問を解いてました。
小生が受けようと思っている2級は記述式が無いので
採点される範囲は選択式だけです
(採点されない小論文があって資質が問われる)
そしたら以外とできて拍子抜けしました。
環境関連法の部分が少し不安なので
そこを参考書籍を読んで強化すれば受かるっぽいです。
コメント0
トラックバック0

ゾーリ

2006.06.11 未分類
なーっはっはー今年の新作なのだー。
060610_2156~0001.jpg

最近コツをつかんできて頑丈に作れるようになってきたのだー
ただし、他人が履くのはちょっとむりかもー
コメント2
トラックバック0

ビオトープ管理士セミナー

2006.06.10 未分類
・・・というやつを受けに飯田橋まで行ってきました。
一応セミナーなんだけど正直過去問が目当てw

朝9時半からだったのですが
チケットを家に忘れて遅刻(泣
小生は肝心なときにダメなんですよ。ええ。

なんとか辿着くと会場は大学の教室くらいなので満杯。
(大会議室って書いてあったからもっとデカイのかと思った)
もっと広い会場取れよと思ったが仕方がない。
来ている人は半分がオッサン(造園業者とかだろーな)
若者は男子は少なかった・・・。
興味無いのか?
来れ!!日本男児よ!!

はい。どうでもいいね。

この資格試験は計画管理士と施工管理士の二つに別れているんですが
小生は文系なので計画部門を受ける予定。
遅刻した一時間目は施行部門の専門科目だったのでセーフ。
2時間目は計画管理士の専門科目。
3時間目は環境関連法でした。
3時間目は直前に講師が変わったらしく試験対策のことは
一切説明してくれませんでした(爆

でもその講師のひとはあの有名なアマミノクロウサギ訴訟やったりとか
最近ニュースになったドミニカ移民訴訟の弁護団長を務めたり
していたそうで話は結構面白かったです。

明日もあるのでガンバリマツ
コメント0
トラックバック0

ブックレビュー

2006.06.08 未分類
岩波新書の「朱子学と陽明学」ってやつを読みました。

まとまっていないノートみたいなものを
忘れないうちに書きつけておきます。
()内は感想

・韓愈(宋学の先駆)は「原道」のなかで仏・老排斥を主張
(でも陽明学はそいつらと融合していくんだよね・・。
 熊沢蕃山の主である池田光政が日蓮宗不受不施派を弾圧したのは
 これが原因かなあ?でもあれは幕府御禁制だからな。
 余り関係ないかも)

・礼記 曲礼篇から
『父子天合』-もし父が間違った行いをした場合、子たるもの
       「三度諌めて聞かざればすなわち号泣してこれに従う」
(無理。絶対無理。ただでさえ従わないのに。だから儒教はイヤなんだ)

『君臣義合』-君臣の関係である場合
       「三度諌めて聞かざればすなわちこれを去る」
(日蓮も儒教徒だったのかなあw)


・程伊川曰く
「聖人は学んで至るべし」
(蕃山の基本姿勢です。ただ、生意気だととられるのが普通のようです。)


・理気二元論
理-全てのものはただあるのではなく、あるべきようにある。
  あるべきようにあらしめているのが”理”である。
  そして宇宙をあらしめている原理を”太極”と呼び
  個物を個物たらしめているものを”性”という

気-どこまでも同じ一つの気でありながら、同時に常に必ず陰陽二気である。
  二にして一、一にして二本質的に矛盾的な存在である。
  一気→陰陽二気→五行→万物

(”理”はデカルトのネイチャーのようなものか。
 気は物質的なものであるらしいからアルケーとかアニマに似たものだろうか?
 西欧の自然観に馴れてしまっている小生はどうもアジアの理解の仕方は
 形而上的すぎてわかりにくい)

以上かきつけ
コメント0
トラックバック0

mudai

2006.06.07 未分類
皆さん忙しいんですかね?
むしろ閑人なのは小生だけ?
暇というよりやることやってないってだけなんだけどね。
遊ばずに勉強もせずにただただ腐っていく・・・。
なんてこったい。

久々に本体を更新しました。
「日本の環境問題の歴史」を追加したので
↑から是非見てみてね。
小生はこういうムダなことに時間を費やしておるのです。
まあ、工事中なんですが。
コメント2
トラックバック0

ぞうりをつくる

2006.06.06 未分類
世間は村上さんが捕まったり
ワールドカップだったり
どーんと盛り上がっているわけですが
小生はぞうりを作ってました。
今年初ぞうり。
今年の夏はより多く履こうと考えております。
でも長持ちしないからなあ。

ってかカキコ少なっ(泣
コメント0
トラックバック0

100円ショップ探訪

2006.06.05 未分類
爪磨ぎは100円ショップだと黒ウサギ氏に
教えてもらったので近くのダ○ソーに探しに行きました。
実は初めてだったり・・・。

まずはつめとぎを探す。
うーむ。。。。

あ、発見。
どうも女の子向けであるようで
マニキュアだとかつけづめだとかそういうの類にはいっていました。
多少買いにくいなあ。
まあ、恥ずかしがる年でもあるまい。

お目当てのものはあったので店内散策。
気になった商品は
 
木炭  インドネシア産 マングローブ
中国産が禁輸になったからインドネシアということだろう。
しかし、貴重なマングローブをバーベキュー用の炭にするなんて・・・。

割り箸も中国産のものではなかった。
でもうちのスーパーではまだ中国産なんだよなあ。
なぜ?
コメント0
トラックバック0

焼却炉で木炭は製造できないものか

2006.06.03 時事放談
昨日、WBSを見たのですが
(あ、小生お気に入りのニュース番組ね)
日本は食料自給率が低くて輸入がストップしたら
ほとんど米と芋しか喰えないということをやっていて
これを防ぐには2国間でやるFTAじゃなくて
WTOの枠組みで農作物の安定供給を目指すべきだ
みたいなことを述べていました。

小生は完全に間違っていると思います。
WTOでの自由貿易というのは外部依存という
リスクの増大以外の何物でもないように思えます。

番組の中で中国や印度が人口が増えしかも
豊かになっているから食料が足りなくなることも
警告していました。
つまり世界全体の食料が枯渇気味になっていくということです。
中国は十数年後には食料輸出国から輸入国へ転落するでしょう。
アメリカも現在は地下水の大量使用などによって輸出をしていますが
地下水が無くなれば輸出できるほどの生産ができるか怪しいところです
これは危機でしょうか?中国は脅威なのでしょうか?

小生はチャンスだと思います。
現在は通貨の格差の影響で日本の農産物は割高です。
しかし、農産物が不足し元も切り上がっていけば日本の
農産物だって競争力を持てるかもしれません。
日本には耕作放棄地が沢山あります。
増産の余地はまだあるのです。
木材だってそうです。
中国は割り箸の輸出も木炭の輸出も禁止しました。
中国は森林率が一桁の国ですから遅すぎたくらいです。
日本は農産物と同じくらい林産物も増産できます。

公園の剪定枝や間引かれた木だって資源です。
小生の住んでいる市ではボランティアがそのような木
を炭にしていて小生も参加しているわけですが
どうしても焼ける量は少ないし
木材を野積みしているので腐ったり虫食いでロスが出ます。
小生はこれをいっそのこと行政がやってしまえば
良いのではないかと思います。
丁度、ゴミ焼却炉はダイオキシン対策のために800~900度です
この熱を利用できれば炭が大量生産できるわけで
これを安く売れば輸送費とトントンくらいにはなるのではないでしょうか?
炭にすれば大気中の炭素を固定することにもなるわけで
恐らく木材チップにして公園に敷き詰めるよりも
環境問題対策になるでしょう。
(奥多摩で酸性雨対策として炭がまかれたということも聞きました)

以上思いついたことをダラダラと書きました。
コメント0
トラックバック0

能動的であれ俺

2006.06.02 未分類
人間関係は自分から話しかけていかないと
生まれないですよね。
最近つとに感じます。

小生はからみづらい上に積極的ではありませんw
就活の自己分析をやって気が付きました(遅

でも正直面倒臭いというか
新しく友人を開拓する動機がないというか
これ以上増やしてどうするのか?
みたいに思ってしまうんですよね。

しかし「人間関係も財産だ」みたいな話をされると
なるほどなと思ってみたり
でも利害だけで友達になるというのは最も嫌悪すべき
ことだなと思ってみたり

まあ、悩めるハタチなわけですよ。
もうすぐ21だし何か変えなきゃいけないんじゃないかという
強迫観念にも似た思いに襲われているわけです。はい。
コメント0
トラックバック0

ビオトープ管理士セミナー

2006.06.01 未分類
6月10日11日と参加します。
なんか文系の勉強ばかりでなく生物系の勉強も
しないといけないなと思い。
ビオトープ管理士2級というやつを受けようと
思い立ち、過去問が配られるというセミナーを
受けるべく応募しました。

2日で25000円。
学割で20000円。

高い。
と思ったがこの高さがきっと小生を本気にさせてくれるに
違いない。
試験はたしか9月とかだったかな?

受けるからには受かる!
忙しいぜこのやろー
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。