薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.31 未分類


今日は小豆から粒餡を作り
さらに米粉から餅も作りましたw
なにやってんだろ。

でも自分でいろいろ作るって面白いですよ。
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

2006.03.30 未分類
年頃の若者にとって容姿は気になるものだろう。
特に”顔”というのはその人のイメージを大きく左右すると思われる。

小生は可もなく不可もないという
現代の素晴らしく平均的な顔だと信じていたのだが
どうやら違うらしい。

どこが違うって”現代の”ってとこですよ。
毎日新聞に50年前と現代のの男子の平均顔
が掲載されていました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/kao-ten/kao/mirai/mirai02.html
それと鏡に映った自分の顔を見比べてみると
・・・・・
やべえ、50年前の平均顔だ。俺

うーむ、小生は現代人にしては顎が発達しすぎているようです。
確かに幼いころ小生は梅干しの種を割って中身を喰ったり
スルメを齧ったり、鳥の軟骨喰ったりというようなことを
してましたからなあ。
発達して当然だ。

余談ですが小生は高校生の時、全く知らない同学年の人に
「朝鮮人顔だ」
と言われたことがあります。
意図が全くわかりません(ジョン・カビラ風)
コメント7
トラックバック0

草喰うネコもすきずき

2006.03.28 未分類
060328_1604~0002.jpg

ネコを飼ったことのある人や飼っている人は
御存知だと思いますが
ネコも草を食べます。
恐らく餌としてではなく整腸剤かなにかの
役割を果しているのだろうと想像されます。
(ネコの身体について詳しいわけではないので
 断定できませんが)
ネコにもきっと食物繊維は大事なのでしょう。
よくペットショップなんかで”ネコの食べる草”
と称した商品が売られていますが
うちのネコはそんなものではなく
普通にその辺に生えている草でも充分食べます。
あんなものに金をかける神経が良くわからん。

というかうちのネコは細長いものなら大概食べます。
何度もズボンの紐を喰われましたw
食われなくとも食いちぎられることも多々。

コメント3
トラックバック0

平和についてのつぶやきシロー

2006.03.27 未分類
きっと平和ほど血にまみれた言葉はないだろう
平和は殺人の大義を世界に振りまき
強者が弱者を支配することを認める
異端は処罰され、文明と呼ばれる
不思議な魅力をもった得体の知れないものが
暴力とともに広がっていく

パクス・ロマーナ、パクス・トクガワーナ
パクス・ブリタニカ、パクス・アメリカーナ
ひとたびもたらされれば生みだされるのは
停滞、腐敗、弾圧、不公平・・・

大量の血をもって勝ちえた安寧は
心を弱くし英雄を生まなくなる
平和であれば人々は戦いを望む
かつて戦いに疲れたことを忘れて

永遠の輪廻からの解脱を望むのは
虚無か逃避行か?

平和を定義することは難しく
人々の脳内にだけ真の平和はイデアとして燦然と輝いている
目指すことに意味がある
そう信じて
コメント2
トラックバック0

同期会

2006.03.25 未分類
高校の同期会に思い切って参加。
交通費その他もろもろかなり痛手w

しばらく野草でも喰って繋ぐか・・・。

じゃんぼ氏と国分寺で待ちあわせ。
話をして小生が彼の大学に行っていたら
間違いなく後ろから刺されるだろうと確信した。
くわばらくわばらくわばたおはら。

じゃんぼ氏からは
「尾瀬 山小屋三代の記」
「栽培植物と農耕の起源」
「現代科学と公害」
「生物」
と4冊も本を頂きました。
この場で感謝させていただきます。
佐助の「栽培・・・」は随分昔に読んだので資料用として
使わせていただきます。
特に嬉しかったのは「現代科学と公害」かな?
読んでみたいとは思っていたので。
ただ、読むのはだいぶ先になりそう。
小生は近世の公害についてまだちゃんと学んでいないので
4大公害はまだムリ。
順序を踏まんとな・・・。

そして、国旗国歌の話をもう少し突っ込んで話をしようかと
思ったところでお時間。
途中で勝谷○彦はいっぺん死んだほうがイイんじゃないか?
とか金○勝は悲観主義者だから不景気の時にしか売れん
経済学者だよね。
とか大学生らしい会話をしながら母校へ。

母校では愛唱歌大会なるものが開催されていたが
知らない曲が続出したので慌てて退散。
(ずっとクチパクはさすがにキツイ)

Z浪氏と雑談していました。
Z浪氏が下ネタを連発するのにはビビったw
そんなキャラだったか?お前。
でも基本形はなぜか城とか剣豪とかの話。

そのうちソリッド氏とかと合流。
変らないねえ。彼は。
変らないクヲリティを提供してるねえ。
ただ、らぶろく氏は病欠。
旧生物部結集率はそこそこかな?

会合自体は小生にとっては他愛もないものだった。
ので「黄門様と犬公方」をこっそり読んでいました。
いや、話はちゃんと聞いていましたが。

その後クラス会がありましたが
やはり酒を飲まない人間が飲み会に参加するのは
無謀であることを改めて痛感。
以後気をつけます。

明日は免許のみきわめだ。
さっさと卒業してえー。
コメント2
トラックバック0

国歌斉唱に不起立はなぜか?

2006.03.24 未分類
毎年こういう問題で教員が処分されたことが
ニュースになっていて
「あーまたか」と思うのだが
昔からわからないことがある。

不起立の理由である。
一体なにが不都合なのだろうか?

歌がダサいから?
君が代が侵略戦争の象徴だから?
アジアの人々が悲しむから?
周りに合わせる迎合は良くないから?
起立すると国家に忠誠を誓っているように見えるから?
右翼が嫌いだから?
押し付けは嫌いだから?

どれ?

ダサいのは個人の価値観だし
君が代を国歌でなくしたところで侵略戦争した過去を変えられるわけでも
謝罪の意を表明できるわけでもない。
アジアの人で日本の国歌を知っている人は恐らく僅かだろう。
小生がアジア諸国の国歌を知らないように。
それに中国人が君が代を嫌いならチベット人は中国国歌が嫌いだろうし
イラク人はアメリカ国歌が嫌いだろう。
旧英領の国はユニオンジャックやイギリス国歌が嫌いなのだろうか?

大事なのはきっと旗や歌ではない。

話が逸れたが最近立川で処分された教諭は
「一つの価値観を押し付けるのは教育に反する
 おかしいことはおかしいと言い続けたい」
ということが理由だそうだ。
そして
「立たない、歌わない自由もある」
ということらしい。
”一つの価値観”って何を指しているのでしょうか?

国歌を歌うときに起立すること?
もしくは国歌を歌わなければいけないこと?

でも普通国歌じゃなくても起立しますよね?
座って歌ってるのなんて小生は一青窈ぐらいしか見たことありませんよ。
小生の小学校では音楽朝礼というものがあって
その日は歌を歌わされました(国歌じゃないよ)
その時に座ったままだったり、明らかに歌ってなかったら
注意されます。
卒業式の時も校歌とか歌いますけど座って歌いませんよね?
しかも歌うことで学校に忠誠を誓うわけでもないと思います。

その時小生が「歌わない自由もある」とかいったら?
「え?」ってことになるんでしょうね。
なんて協調性のないやつだ。と。

勿論自由はあるけど個人的には重要度の低いことは周囲に合わせて
いっても別に良いのではないかと思っています。
どうしても歌いたくなければクチパクでもいいし。

だから小生にはわざわざ起立しない人々の気持ちがわからない。
だからといって日の丸、君が代が日本の文化であり常識である
という意見にも反対だ。
日本という統一国家ができたのがつい最近のことにもかかわらず
日の丸、君が代を振りかざす人達は感心しない。
大体、国旗と国歌を定めること自体欧米流のことではないか。

どうも古い右翼と古い左翼が古い思想でやりあっているとしか思えない。
コメント2
トラックバック0

季節感

2006.03.24 未分類
今日散歩してたらキイチゴの花が咲いていました。
060323_1601~0001.jpg

そんな季節かあ。
ノビルも喰い頃だしなあ。
スミレも咲いてるし
サクラも開花し始めていました。

いい季節なんだけど
これ以上温かくなるとメシの作り置きが出来なくなるw

コメント0
トラックバック0

2006.03.23 未分類
もうついに三年生だということに最近気が付いた(遅っ
小生は公務員を目指しているわけで
そろそろ本格的に試験対策をせねばならない
・・・とこの1年間も言ってきたような気がするが
実際何もせず(爆

負け犬的就職は絶対にしたくないと
思いつつ、そうなる可能性が非常に高いことに
おののいている今日この頃です。

自分を変えるのは自分しかいないわけですから
近々この享楽的勉学を中断して
対策に打ち込もうかとも思っているのですが
なかなか踏ん切りがつかない。

優柔不断だなあ。

優柔不断な男は部下にも盟友にも女にもモテない
ことは歴史が実証済みであるわけで
・・・それはどうでもいいのだが
是非とも公務員になりたい。

むむむむ。。。。
意味不明だがアディオス!!
コメント2
トラックバック0

図書館

2006.03.22 未分類
今日は地元の図書館に行きました。
しばらく閉館していたんですが
それはどうやら検索システムなどを更新していたようです。
機械が新しくなっていて使いやすくなっていたのは良いのだが
予約に今まで不要だったパスワードなるものが必要になった。
いままでは図書カード番号だけで良かったのに・・・。

パスワードはどうすれば貰えるのか聞いたところ
「身分証明できるものを持ってきて下さい」
だって。
聞いてないよ。
もっと事前に宣伝しとけよ。
ブツブツ・・・。

まあ、しかしシステムを新しくしたせいなのかどうなのかは
定かではないが安藤精一の「近世公害史の研究」が書庫に
あることが確認できたのでうれしかった。
(以前は検索してもなぜかでなかった)
小生がこの本にこだわるのはこれを読まなきゃ日本の環境問題についての
理解が一通り終らないと思っているからなのだが
そんなことはどうでもいいか。

ガンバリマツ。
コメント2
トラックバック0

祝・日本WBC制覇!

2006.03.21 時事放談
本当に優勝するとは思いませんでしたねえ。
キューバも追い上げてきたりしてハラハラものでしたが
とにかくめでたい。

・・・で思ったんですが野球が強い国って
アメリカの勢力圏内ですよね。
アジアでは日本、韓国、台湾
ラテンアメリカもしくはカリブ諸国やメキシコなんて
のもかなりアメリカの力の範囲内。
(キューバはもちろん違うわけですが)
カナダやオーストラリアは強いとは言えませんが
これもアングロ=サクソン仲間。

中東やアフリカ諸国でも盛んなサッカーとは随分違いますね。
そのうちイラクでも野球が流行ったりして・・・。
いや、あの国はシーア派化してイラン・イラクで団結するのかな?
シリアあたりも絡んできてね。

やはり世界ではマイナースポーツなんだなと実感しました。
コメント3
トラックバック0

日本韓国に快勝!

2006.03.19 時事放談
見ちゃいましたよー。
丁度いい時間帯にやっていたもんでね。
いや、素晴らしかった。
韓国を完封し勝利。

文字通り三度目の正直ですね。

しかし物凄いアウェー感だった。
なんでアメリカにあんなに韓国人がいるの?
しかもイチローの”30年発言”にマジギレしているらしく
イチローの打席の時は大ブーイング。
だけどイチローは猛打賞で打点も挙げた。
イチローは本当に凄いんだな。

個人的には小笠原が好きです。
あの独特ばフォームもそうなのですが
実は中学生の時によくウソをつく友人と日ハム対ロッテを見に行ったとき
(そのときはロッテが弱小でえらいハズレカードってイメージだったが)
球場に入った瞬間に小笠原がホームラン打ったんですよ。
びっくりしましたね。
それ以来何かと気になったりする選手です。
名字もカッコイイよね。
信濃の豪族で昔いたんだよなー・・・。
コメント3
トラックバック0

近頃知ったこと

2006.03.18 未分類
最近勉強してわかったことはですね
糞尿を肥料にすることは農業国ならほとんどの国が歴史上行っていた
ということです。
ローマでも欧州でも中国でも。
以前、小生は日本だけがやっていたのかと思ってました。

でも欧州では近代では糞尿の肥料としての利用はしていなかったようなんですよね。
小説『ああ、無情』で主人公が下水を歩いているとき
「肥料を無駄に流している」みたいな表現があったそうですから。
(子供版しか読んだことないんで真偽はわかりませんけども)
それにロンドンでも糞尿流しすぎて臭くて議会が中断されたりとか
あったようですから少なくとも都市の糞尿は活用されていなかったようです。

ローマはイタリア半島での農業自体をほとんど諦めてエジプトから
穀物を持ってくるという長期的に見たら暴挙をやったので肥料云々以前の問題ですね。
エジプトは肥料が上流から送られてくる仕組みですから
恐らく糞尿の利用はしていなかったでしょう。
(していてもごく僅かだと思われる)

しかし、食糧自給をローマがやめたのは暴挙だと書きましたが
日本も大して変らないですからねー。
中国から大量に安い食料を輸入している。

その中国はアジア地域で糞尿利用を始めた最初の国のようです。
長江流域から始まってそこから日本に伝わったのだとか。

あと、集約農業をやっていない中国の農家は依然として糞尿を使っていたことが
少し前の中国産キムチに寄生虫の卵が混入していた事件で明確にわかりました。

日本でも1960年代まで糞尿を利用してましたから現在の中国で
それが行われていたとしても驚くことではないでしょう。
個人的には、あの事件で糞尿の有効利用がとまってしまうのではないかと
少々心配です。

・・・ってやはり小生の興味はかなりキワモノのような気がしてきたので
この辺りでやめよう(笑)
コメント0
トラックバック0

プーチンが秒読みします。

2006.03.17 未分類
この日記は時事を取り扱う目的で書いてるのに
最近全然時事を扱ってませんねw

なんでかというと
「書きたい!!」
と激しく思う話題がない。

・・・いや本当は重要な話題はあるとは思うのだが
月並みなことしか思い浮かばず、それだったら書かなくとも良いか。
ということになる。
目が曇っているのか?はたまた耳くそが詰っているのか?

タイゾーが二股しようが三股しようが関係ないし
イランがいくら核開発しようと米国は攻撃する金銭的余力はない。
野球の審判が誤審してもなぜか一向に腹が立たない。
無気力症候群なんだろうか?

いや、むしろ興味が偏向してきているんじゃなかろうかと思う。

今年政治経済で大注目の国はロシアだということは
小生は周囲に(というか若干名に)ずっと言っているのだが
そのロシアがロシア版ダイハードを作ったらしい。
題名は大統領のカウントダウン
内容はどうせ米国がよくやるプロパガンダもどきなのだろうが
ロシアがテロリストをどう描くのかが個人的に気になる。
恐らくラリっちゃってる殺人者みたいなのが登場するのだろうが・・・。

ちょっと見てみたいんだよなー。
コメント5
トラックバック0

2006.03.16 未分類
えーと今日は天気大荒れですね。

にもかかわらず自転車で通勤したので濡れ鼠になりました。
酷いもんです。
あまりにむかついたので廃棄バッテラとカニ玉炒飯を喰いました。
腹一杯です。

関係ないですけどねFF12出ましたね。
だけど小生は一向に興味が湧かない・・・というか
あまり面白そうに見えないんだよなあ。
主人公マンネリしてないか?
CM見ても
「ウヲーやってみてー」
と思わない。

聖剣もレジェンドオブマナからカワイイ系に転向してるし。
4はまだわからないからそれに期待するか。

いずれにせよPS2持ってないからできないけど(爆)
PS3も出ることだしね。
だけど、小生はもうゲーム機を買う気力がない。
なんでだろ?
昔はあんなに夢中にやっとったのに。

恐らく面倒なんですよね。
コンプリートしたりするのが。
小生はどちらかというとストーリーを追って小説読むみたいに
サラサラ進めていきたいタイプなので
謎解き要素とかレベル上げとか大嫌いです。
だから最近のやたら長かったり謎解きが面倒だったりするRPGは
やる気があまりしない。
・・・ということだと思うんですよね。

皆様の旧作で名作だと思われるゲームソフトベスト3を教えていただきたい。
コメント4
トラックバック0

白日

2006.03.15 未分類
ホワイトデーってなんで白なんですか?

一日遅いって?
いや、バイトに行かないとイベント日は気が付かないんですよ。
まあ小生には一切関係ない日だからいいんですけどね。

次は御彼岸だー。
惣菜ではおはぎを大量に出します。
パック詰めがメンドイ。

どうでもいいね。
うん。

再来週あたりに高校の同期会があるそうなんですが
行くかどうか迷い中。
同期生が大学生になってどんな感じに仕上がったのか
見てみたい半面それだけのためになけなしのカネと時間を使うのか?
という思いも・・・。
やること山積してるのにそんなとこ行ってていーのかよ。
と自問自答の毎日です(謎)
コメント4
トラックバック0

そうです!湯浅です!!

2006.03.13 未分類
最近、湯浅にハマっています。

といってもあの胡散臭い弁護士ではなくて湯浅赳夫のほうですが。
「環境と文明」を読了しました。
水と文明、人口と文明についても著作があるので読みます。
個人的に塩類土壌の説明に多少疑問符とかが出るのですが
まあ、これは小生の勉強不足かもしれないので更にハゲみます。
とりあえず「環境と文明」は面白かったです。
小生のやろうとしていたことは半分くらいやられている感じです。
これらの本を読んで分ったのは小生の知りたい海外の内容については
外国の論文でしか扱っていないということ。
しかもどうやって手に入れればよいのかよく分らんということです。

しかし、まあそれ以前に読まなきゃいけない本が和書でも
腐るほど(いやむしろ腐っている・・・)あるわけで。

まずそいつら読んでこいって話ですよね。
ええ。言われなくたってわかってますよ。
読みますよ。
時間が足りないんですよ。
言い訳するなって?ブツブツブツ・・・。
ゲホッ!

特に安藤精一の「近世公害史の研究」を読みたいのだが
市立図書館にも大学図書館にもない。
恐らく都立図書館から取り寄せることになるでしょう。
この本と言い「はげ山の研究」といい名著と言われている本は
なぜかなかなか置いてない。
そのくせ「バカの壁」とか「超バカの壁」とか
(そのうち「超ベリーバカの壁」も出るに違いない)
「人は見た目が9割」とか
役に立つのか立たんのかよーわからん
(読んでもいないのに批判するのはよくないかもしれないが)
本はやたらとあって大事なスペースを奪っている。
・・・ように見える。

そもそも小生の住んでいる市は図書館整備が遅れていると思われる。
狭いし検索用PCは古いし良い本はない。
映像資料はゼロだしアイドルのCDとかもなぜかある。
人件費じゃなく資料費にお金を投じて欲しかったり
する今日この頃。
ガンバリマツ。
コメント3
トラックバック0

真のエリート

2006.03.12 時事放談
今日、報道2001に「国家の品格」を書いた
藤原正彦が出演していました。
(本は未読・・・というか読む気がしない)
そこで”天皇家男系は断固守るべし!!”とか
”真のエリートを育てろ!!”とか述べておりました。
男系維持は事実上不可能であろうことは以前述べたので
ふたたびは書きませんが
”真のエリート”というのが気になる。
近頃、エリートが流行りなわけで
エリートでない落ちこぼれな小生からすると
不快至極なわけであります。

一緒に出演していた中曽根(もういい加減引退したらどうなのか?)や
コメンテーターの竹村健一もエリート教育の必要性を説いていたわけですが
明治政府のエリート崇拝のせいで国が滅びたのを
この人達は忘れたのでしょうか?
(バブル期にもエリートがしこたま借金築いたような気もするが)

二次大戦で暴走した参謀達はいずれもエリートで国家が手塩にかけて
育ててきた連中です。
そいつらが国家に反逆し政府の統制を受けず勝手に英雄気取りで
戦争を拡大していったのが日本が滅びた一因なわけですが
それらをもう一度呼びだそうということなのでしょうか?

元来、エリート教育というのは日本の伝統には無いように思われる。
むしろ伝統があるのは科挙をやっていた中国でしょう。
日本の歴代の行政府の中身を見てみれば大概、権力者の一族が世襲している。
(江戸幕府の勘定奉行などは実力で抜擢されたそうだが)
例せば幕末期の旗本のレベルなどヒドいものだったらしい。

それにこの藤原氏はやたらとイギリスでは・・・とかフランスでは・・
と西欧のことを例にとり”成熟した国家は皆こうだ”とおっしゃる。
小生は色々な意味で西欧が成熟しているとはとても思えない。

それに藤原氏はエリートは国家の為に死ななければならないとか
いうのだがこれはきっとパブリックスクールとかのこと
を指しているのだろうと思われ、益々西欧かぶれな感じがするのです。


もっとウケたのが竹村健一が自慢気に話していた孫の話で
「家に帰ると袴を着る、居合もやっている」
のだそうです。
評論家の孫が武士のマネゴトか?
日本人はどうしても
”武士だ!武士道だ!!!葉隠だっ!”
とわめき倒すのですが昔の「日本国民」は
ほとんど農民なわけで紋付き袴を着ているわけが無い。
(庄屋とかは別ですけどね)
むしろ西洋人に言わせれば半裸だったわけです(笑)

昔に帰りたいなら草履をはいて浴衣を着て畑を耕せばいいわけで
袴を着て居合をやるというのはどう見ても右翼にしか見えない。

”日本人は侍精神”とか言っている程度では
ハリウッド映画程度の文化レベルなのではないだろうか。
とSAYURIがなんか賞を貰っていたことにブーイングを送りつつ思った。
コメント4
トラックバック0

東京五輪

2006.03.12 時事放談
空気も春の香りがしてきた今日この頃
皆様におきましては如何お過ごしでしょうか?

突然ですが
慎太郎が公設カジノ計画に続く
荒唐無稽プランを出してきましたね。

東京五輪をもう一度・・・。

って絶対無理だと思う。

個人的に疑問なのは東京でオリンピックを開催すれば
都知事の大嫌いな不法滞在外国人が激増するということは
容易に予想できるのだがその辺りどういう対策をとるつもりなんでしょうかね?

しかし本気なのは確かなようです。
日本橋再生計画に否定的なのもこれがあるからでしょう。

オリンピックにしろ日本橋にしろ他にやらなきゃならんことは
沢山あるだろうにと思うのは小生だけか?
コメント0
トラックバック0

暇人もしくは閑人

2006.03.09 炭焼き
060308_1043~0001.jpg

木炭とナットで作ってみました。
これであなたも腕に炭素が貯められますよ・・・。

ただ、高温に晒されると火がつきそうだ(笑)

これからも若者に炭が受け入れられるアイデアを
考えていきたいです。

VIVA木炭!!
コメント2
トラックバック0

タイゾー的

2006.03.08 未分類
最近このブログもさびれてきましたね。
仕方のないことですが(笑)

ところで小生は以前タイゾー君のブログをリンクに勝手に加えたわけですが
彼のブログは本当に面白い。
自分と大して変らないレベルの書き方だからだろう。
そういう良い意味での”素人”の目から国会が見えるので毎回楽しみにしている。
・・・が多少気にならなくもない記述もあったりするわけで
ちょっち引用。

>最近、どうも哲学だの宗教だの
>そういう類の本を読みあさっているせいでしょうか、
>杉村太蔵の頭の中もソクラテスだの親鸞だの
>やたらに和洋折衷であります。

>政治家になってからの勝手な疑問に、実はそれはまだ僕自身、
>明確な解答を得ていないのですが、「法」と「宗教」は
>どのような関係になっているのか、非常に興味がある。
>政教分離、という言葉があります。
>なるほど、その趣旨はよくわかる。
>わかるけど、本当に実社会、つまり民主主義国家、法の支配のもとにおいて
>果たして完全分離なのか、実はさりげなく「宗教」の教えというものも
>含まれている部分はあるのか、
>なかなか壮大なスケールで物事を考えている、
>また考えようとしている。

若者によくありがちなことで小生もよくやりますが
タイゾー君自分を頭がいいように見せようとしてますね~。
うむうむ。

しかし、政教分離というのはタイゾー君が理解しているものとは
ちょっち違うんじゃないのかな?
政教分離というのは明治政府が国家神道をつくったようなことをしてはならん
ということであって「法」や「政治」に
宗教の倫理的要素(彼の言葉で言えば”教え”)
を含むことを禁止するわけでは無いと思うのですがねー。

もっともタイゾー君の”法の支配と宗教に関係があるのではないか?”
という問いは興味深い論題ではありますが
日本の場合、伝統的には関係ないでしょう。
明治以前の日本の法体系は中国(儒教)のものが根底にありますから
神道や仏教的要素があるとはあまり思えません。
欧米はローマ法が基礎だと思いますがよく知らないので言及を避けます。
イスラム諸国など明確に国教を持っていて
まだ宗教的活力を失っていない国ならば
恐らく関係はあるでしょう。

一番問題なのはタイゾー君のいう「法」が何を指しているのか?
ということですね。
民法なのか行政法なのか憲法なのか?
行政法には宗教的要素はとてもじゃないが入れないだろう。
具体的な手続きとかになりますからね。
(イスラム教国は多少あるかもな)
民法や憲法なら可能性はありますが小生の学んだかぎりでは
そういう香りのするものは日本の場合見当たらなかった。

ということでタイゾー君には更に研鑽に励んで頂きたい。
そうすれば見えてくるかもね。
いつか。
コメント3
トラックバック0

カラマワリ

2006.03.06 未分類
朝起きて朝食作って喰って
風呂入って掃除して食器洗って
昼飯喰って
読書して図書館に本返して
1日終った。

内容薄いなあ。
これだけ内容の薄い生活している大学生はなかなか居まい。

やらなきゃならんことは分っている。
そして山積している。
なのにやらないのは意志の弱さか・・・。

やる気が空回り。
目標は果てしなく遠い。
もう時間はない。
そろそろ頑張らねば。
コメント3
トラックバック0

炭出し

2006.03.05 炭焼き
今日は炭焼きクラブで、出来た炭を窯から出す作業に参加。

行ってみたらいつもより人が多い・・・?

しかも何か大きめのカメラもあるぞ?

どうやら多摩TVの取材のようです。

しかも市役所の記録係?の担当者もカメラを回して撮影してました。

多摩TVも市役所も2人づつ。

少ないね。うん。

小生はその人達に「ちょっとどいて」とか言われながら

作業に参加。

鼻をかんだら黒かったです。

炭出し作業が終ったら出来た炭で鳥のスペアリブとエリンギをを焼いて喰いました。

来週は窯に材を詰める作業ですが教習所に行くので参加できないかもな。

ああ。さっさと卒業してえ・・・。
コメント0
トラックバック0

中古洗濯機ヲ購入ス

2006.03.04 時事放談
一人暮らしをはじめた・・・

わけではなく今まで使用していた洗濯機が物故なされましたので
中古の洗濯機を購入いたしました。
(週末以外は一人暮らしなのだがね)

以前から壊れていたのですがタイミングとフィーリングが合ったので
買いました。

タイミングというのは家電製品の安全確保を図る電気用品安全法に基づき
表示義務制度が四月一日から実施されるということです。

これのせいで二〇〇一年度以前に製造されたアンプやシンセサイザーのほか
テレビや冷蔵庫といった一般家電品、二百五十九品目は安全マーク(PSEマーク)
がないと新品・中古品を問わず販売が禁止されるのです。

同法は、製造業者などに製品の安全性検査やマークの表示を義務付ける制度で
違反した場合、個人では最高百万円の罰金などが科せられるのだとか・・・。

音楽家とかは随分反対しているようですが。

そもそも意図がいまいちわからないですよね。

マークが付いてりゃ安全なのか?

かえって不法投棄が増えやしないのか?

新品を売りたいメーカーの陰謀じゃないのか?

と色々なことを想像したわけですが

とりあえず01年以前のものはきっと安くなっているだろうと思い
買いに行きました。

色々廻りましたが00年製の9700円のやつを買いました。

ただ、今まで使用していた小生よりも長生きな洗濯機と乾燥機を
引き取ってもらうのに合わせて約4000円かかり、しかも出張料1000円も取られた。

結局1万5千円くらいかかった(泣)

本当は値切ってやろうかとも思ったんですが、元来商人魂は持ちあわせていないですし
可哀想な気持ちが先だって払ってしまいました。

いや、なにせ爺さんが3人くらいでやっているジャンク屋なんですもの。

しかし、彼らが不法投棄しないか心配・・・。

ちゃんと引き取ったものを処理してくれるかなあ?

洗濯機と乾燥機の冥福を祈りつつ。
コメント0
トラックバック0

ノビル調理

2006.03.03 日常茶飯事
今日はノビルを調理しました。

まずうすかわと根っこを取り除き葉とタマネギっぽいトコを分離。
060303_1647~0001.jpg


葉の部分はきざんで溶き卵と合わせて醤油を入れて焼く。
060303_1651~0001.jpg

・・・とこうなります。
060303_1717~0001.jpg


ネギっぽいところは微塵切りにして酢と味噌と芥子をまぜまぜ・・・。
060303_1931~0001.jpg

一日置くと味が馴染んでより美味しくなります。

ただ、これは食べると口臭きつくなります(笑)
コメント1
トラックバック0

きょ~うはたのしいひなまつり~

2006.03.03 日常茶飯事
ちっとも楽しくない八閑斎です。

最近ずっと寒くて雨がやたら降って凹んでいましたが

今日はやっと晴れて気分がいいので散歩に行きました。

そしたら1本だけ咲いている梅がありました。
060303_1226~0001.jpg


そこだけ日当たりがよかっったのか、この梅がはやまったのか(笑)は
分かりませんがそこだけ良い香りがしておりました。

個人的には桜より梅の方が好きです。

喰えるし、香りは良いし、派手に咲かないところも良い。

もっとも梅は史前帰化種らしいんですがね。
コメント0
トラックバック0

ニンテンドーDS Lite

2006.03.02 時事放談
が売れているらしい。

頭を鍛える用のソフトが出てから中高年もやるようになったそうだ。

小生はテレビゲームをやらなくなって久しい。

知らない間にゲームは社会的地位を築いていたようだ。

小生がファミコンでドラクエ4とかテトリスとかスト2をやっていた時分には

世間では”有害”というイメージしかなかった。

「目が悪くなる」「暴力的になる」最近では「ゲーム脳」という批判もあった。

それが今度はゲームで脳を鍛えるというのだからコペルニクス的転回・・・

ではないが(笑)イメージを一新させたのは確かだろう。

老人ホームにワニワニパニックをいれたら入所者が遊ぶことによって

動かなかった部分が動くようになったとか改善されたという話も聞いたことがある。

良い面、悪い面があるのはゲームに限ったことではない。

アルコールだって少量なら健康に良いかもしれないが飲みすぎれば良くないわけだから
要は何事も節度が必要だということだろう。

ただ、個人的には小学生のうちは外で遊んだ方が良いと思っている。
コメント6
トラックバック0

2006.03.01 時事放談
ボスニアの選手は名前が8割方タマゴッチだ。

こんにちは八閑斎です。

寒いですね。色々と。

ボスニア対日本戦のハーフタイムから「ガイアの夜明け」を見ました。

株投資の光と影。みたいな内容でしょうか?

巨額の金を動かす若者が登場しておりました。

なんでも100億とか動かしているのだとか・・・。

でも飯はカップラーメン。

夢は”損をしないこと”らしい。

本人いわく「ニートですね」。

その彼は一日中株取引しているらしい。

でも超金持ち。

これは幸せなんでしょうか?

まあ、価値観は個人によって違うからなんとも言えませんが
儲けるばかりで使わないなんてとても面白いとは思えない。


最近、主婦や学生もネットで株取引をしてそのせいで
日経平均が上昇しているのだとか言われていますが小生はどうも
アメリカみたいになってきてイヤだなあと感じています。

昔テレビで年金がリスクの高い投資型年金で老後の貯えを全て
スってしまったアメリカ人の老夫婦の番組を見たことがあります。

小生はどうにもそういうのが性に合わない。

金融業をやっていたユダヤ人が嫌われたのは小生のような人間が
多かったからかも知れません。
(小生個人がユダヤ嫌いとかいうわけではないです)

小生は文字通り”守銭奴”で肉体労働でコツコツ貯めた金を
ひたすら”守る”ことしか脳にないアホな大学生ですから。ええ。
(プロテスタントか?・・・・)

しかしやはりそんな若者ばかりではダメだということで
経産省は小中学生に株取引の講座をはじめたそうです。

江戸時代の賤金思想からするとえらい違いですね。
(勿論、石田梅岩みたいな例外はいましたが)

講師を招いてリスクとリターンについてとか学ぶのだそうです。

小中学生のほうはもうそういう知識を既に仕入れているのだそうですが。

かく言う小生も実は中学の時、社会科の教諭が株取引の授業をやりまして
実戦さながらの株取引ゲーム(要は実際の株価でバーチャルで取引した)
を体験しました。

多少儲かりましたが性格が災いして大きな利益は得られませんでした。

うむ。向いてねえんだな。


ともあれ、株取引から社会のことを学ぶのは良いですがはまっちゃったらまずいよねー。

学生時代にもう借金築いちゃったりしたら大変だもんね。

しかし自分が若いころ(小学生の頃)商売して儲けることを夢見たこともあった。

「ズッコケ三人組」シリーズで三人組が友達に株券発行して金を集めて
釣り場で商売するという話がありまして、結局損しちゃうんですけど

小生はそれを読んだ時(小3とか)自分ならもっとうまくやれるという
根拠のない自信があってやってみたいと思っていました。

あ、でもこれは株取引と性格が違うか・・・。



東インド会社から数百年。

株も変わったもんです。

当時は確か一航海ごとにカネ集めて分配してという作業をしていた
と記憶していますが、現在は”株”というものを売ったり買ったりで利益が出る。

その会社が本当に価値を生みだしているかどうかについての
重要度が下がってきたように見えます。
(いや、専門家は高い価値を生み出していて株価が低い会社を見つけて買うそうですが)


世の中がどう変ろうと小生はサムマニーで生きていきます。
下流で結構。
(もう下流だけど)
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。