薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4連戦

2006.01.31 未分類
現在バイト4連投目です。
5連投までは確定なのですがさすがにキツイので6戦目は休みます。
補講、教習所、バイトと強行スケジュールのため
目が死んでます。
今日チーフに
「もしかして怒ってる?」
と聞かれました。
いや、怒ってないですよ。
疲れてるんですよ。
小生は元々人相が悪いので疲労していると不機嫌に見えるんですね。

もっとも不機嫌になるような要因は沢山ありましたけど。
教官が教習中に寝てたり
学生証が見つからなかったり
頭痛がしたり
教授が試験の話を一切しないで最後の授業を終えたり
給料が7万割り込んだり
そもそもバイトの日に雨が降っていること自体腹立たしい。

無意識のうちに表情に出ていたんでしょうか?
不機嫌だったせいか(昼飯しか喰っていなかったのが原因だが)腹が
やたら減ったので廃棄の寿司を3人分喰った。
そんな日でした。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0

2006.01.30 未分類
何か小四のときの担任の先生から同窓会の誘いが来た。
メタセコイアの下に埋めたタイムカプセルを掘りだしましょうって。
うーん。どうなんでしょうね?

相当みんな変ってるだろうからなあ・・・。
あまりそれを見たくないというのがあったり
小生の不甲斐ない現状を知られるというのもあまり愉快で無かったり
また、過去を振り返ると色んなことが思い出されて辛かったりする。
・・・ので行くかどうか迷ってます。


ちなみに小生の通っていた小学校は統合されて小生の使っていた校舎は
現在何に使われているのかは不明。
思えば小生の世代は子供が少なくて一学年一学級とか二学級でした。
三学級の学年は確かなかったと記憶しています。
教師もコロコロ変って6年間で6人の教師が担任になりました。
(産休で臨時で来たって人もいたが)
いやーあの頃は良かった。
嫌なこともあったけど未来はあった。
あらかた勝負がついてしまった今となっては笑える大望も持っていた。

いずれにせよタイムカプセルにはガラクタを入れたということは覚えている。
コメント7
トラックバック1

ハマス圧勝

2006.01.29 時事放談
中東の民主化の結果がこれだと思う。
米国の”大義”はなぜか反米国家をつくりだす。
イランもそうだしイラクもそうなるのではないかと予想されている。

小生は米国が何を求めているのか未だに分からない。
石油を確保して親米政権をつくりたいなら
民主化しないほうが良いのに。。。

まあ、国際政治なんて「歴史」になってからじゃないと
小生のような小市民には分からないんだろうな。
コメント6
トラックバック0

(アブラ)ゼミ

2006.01.27 未分類
ゼミの入室希望を書いてきました。
実は1年の時でも入れたんですが気乗りしなくて
結局、周りと一緒のタイミングで入ることにしました。
第一希望と第二希望をとるんですが
第一希望はまああまりよろしくない噂のある教授だったりします。
しかもそこのゼミの先輩(知らん人だけどね)
はその教授をなぜか崇拝している模様。

微妙なんですけどね。
その教授と話が多少通じるところがある
(熊沢蕃山の話をしたら偉い喜んで自分は三浦梅園とかが
 好きなんだということで話し込んだ)
というのとゴミ行政の専門家(というか元環境官僚)なので
それはやりたいなということでそのゼミにしました。

小生が研究していることを卒論にすることはできないっぽい(どこの部屋でも同じだが)
ですが完全放し飼いの部屋とかよりはマシかな?


第二希望の教授は学科長で人柄もなかなか良い元旧自治省官僚です。
最初はこの人の部屋にしようと思ったんですが
専門が地方自治なので小生の興味がイマイチ涌きません。
(小役人になりたい小生としては地方行政を学ぶのは役に立つと思うのですがね)
しかも三年のゼミでやることが教科書を輪読して内容を検討するとか
新聞の社説を要約するとかそういうことなので
小生としては
「うーん。それは・・・」
ということになり第二希望となったわけです。

ゼミ。不安だな。
コメント4
トラックバック0

ショック

2006.01.26 未分類
テンプレ不評だったのでまた変更。

給料日だったので郵便局へ記帳へ。
給料は
6万6千円・・・。

すくねっ

しかも携帯代が6千円もかかってた。
えー。そんな使ったか?

ショック・・・。

今日は英語のテスト結果が発表になりました。
エ!?ウソ!!
一つ落ちてた。

再びショック・・・。

授業全部出て宿題も出して小テストもそこそこだったのに。
なんでだ?
それを覆すほどテストが悪かったのか。
結論としてはそうだよな。
マジヘコミだわー。


そしてバイトを終えて帰宅。
親父の弁当を作って生協の注文書書いて
さあ、寝よう。
????
布団が無い。

どこいった?

あ、干したままだ

当然冷凍布団。

三度ショック。

再試は受かりますように(泣)
コメント9
トラックバック0

むだい

2006.01.25 未分類
最近のニュースはライブドアしかやってなくてツマランです。
耐震偽造やった人達は運がよかったね。
ホリエモンに感謝しないと。

小生はといえばダルダルです。
テストが近いのですがね。
何か興味の湧かない授業が多い。

来週はバイトの相棒がテスト期間なので
6連続出勤です。
気合いが入らねえ・・・。
まあ、なんとかなるけどね。
あ、そういや今日は給料日だ。
記帳してこないと。
コメント2
トラックバック0

ホリエモン逮捕サル

2006.01.24 時事放談
逮捕なんて想定外です。ホントに。
コメント4
トラックバック0

エビちゃん

2006.01.23 時事放談
路面のアルベドが高いです。
八閑斎です。

友人に
「エビちゃんって知ってる?」
と聞いたら
「サカナくんのなかま?」
と答えました。

小生は良い友人を持ったようです。


・・・小生は別にモデルの話がしたいわけではありません。
ただ、このモデルが宣伝している食品について少々思うことがあるのです。

その食品とはマクドナルドのエビフィレオ。
”エビ”繋がりという非常に安易な人選だということをまず思いましたが
それはどうでもいいです。

思ったのは
「ついにエビもここまできたか」
ということ。
エビフィレオは大量にエビを使っています。
なんの種類を使っているのか気になったので調べてみましたが
というエビだそうです。

そしてこの商品は、つなぎにもエビを使用しているとのこと。
エビちゃんがCMで「エビの数だけ幸せになれる」云々とのたまわっていましたが
これは使いすぎです。

小生はファーストフードという薄利多売商品の中に高級品「海老」が
入ってくるとは思いませんでした。
いや、ロッテリアに昔から同様の商品(エビバーガーだったか?)がありましたが
それなりに値が張っていたように記憶しています。

小生が不安なのはエビの大量消費(つまりは大量養殖)による
生産地の環境悪化です。
エビの大量養殖は随分以前から行われていましたがこのエビフィレオによって
より一層高密度養殖が拡大し餌が大量に投入され生産地の水質悪化が進行するのでは
ないでしょうか?

このバナメイというエビは最近インドネシア、タイ、中国で生産量が増えているようです。
東南アジアではエビ養殖はマングローブ(ヒルギ類などの総称)林
を開発するのが一般的だと言われていますから
(現在どうなっているのかは知らない、今はいけすなどで生産しているかもしれない)
マングローブ林の減少にも拍車がかかることも想像できます。

マクドナルドはどこからエビを輸入しているのか?生産の実態はどうなのか?
ということも公表して欲しいですね。

エビちゃんの笑顔を見て
「エビも牛も同じだ」
そう思いました。
コメント3
トラックバック0

ゆ~きやコンコン

2006.01.22 日常茶飯事
雪ですね。
おかげでうちのスーパーは壊滅的打撃を受けました(笑)

それはそうと小生の本体HPは鯖が噂のlivedoorなんですけど
大丈夫なんでしょうか?
小生が契約したときはaaacafeってやつだったんですが
知らない間にアドが生扉に変ってました。
最近の件で扉が潰れたらどうなるんでしょうか?
少し不安。


あ、久々にアクセス解析見たんですけど
かなり来客者が増えてました。
これはテスト前効果でしょうか?
もっとも小生のあの文章が役に立つとは到底思えませんがね。
参考になったとか言う人がいたら
足跡掲示板に足跡つけて欲しいんですけどね~。
励みになるから。
けど書き込みにくいかなー・・・。

路面凍結しないことを祈りつつ。
コメント7
トラックバック0

愚か者の灯火

2006.01.21 未分類
060114_2244~0001.jpg

クリスマスも新年も終ったんだからいい加減撤去しろよと言いたいが
撤去するのも費用かかるんだろうなあと思うと口をつぐんでしまう。
ひとりもののひがみか?・・・。

あと本体HPなにげに更新しました。
ミューアとピンショーのとこ。
テスト近いのになにやってんの?
とかいわないように。
まあ、小生が単位落すわけがない(強気)
むしろ最近うちの学科は定員割れで潰れるんじゃないかという噂も。
全入時代恐ろしや。オソロシヤ。遅ロシア。。
コメント6
トラックバック0

季節もの

2006.01.20 未分類
連続でバイト話です。

今、惣菜でいち押しなのは

”エホーマキ”です。
いや恵方巻です。

節分のときに食べる太巻きらしいんですが
マイナーですよね。
関西地方では(細々と)昔からあったそうですが
全国展開し始めたのはここ最近ですよね。
特に去年はほとんどのテレビ局で恵方巻を取り扱わさせてました。
かなりカネかけてますね。

どこが恵方巻をはやらせているのかというと
全国海苔普及推進委員会とかそんな名前の団体。
恵方巻のポスターのすみに必ず書いてあるのでご確認あれ。
って去年も書いたような気がする。

結局節分において豆まきには勝てないんですが「豆」じゃ単価が安すぎるからねえ。

惣菜に限らなければバレンタインフェアもやってます。
チョコ山積み。
惣菜では同時期に「おはぎ」を売ります(汗)
いくら甘いからって・・・。

節分にしろバレンタインデイにしろ2月だから結構先の話なんですけどね。
この時期イベントがないので繋ぐのが大変なようです。

小生の結論としては小売業に就職するのはやめておこうと。はい。
コメント2
トラックバック0

ある一日

2006.01.19 未分類
今日は11時から5時半まで授業。
その後いつものごとくバイトへ。

最近バイト先でよく商品に関する質問をされる。

以前質問されて困ったのは
5個300円ほどのコロッケと一個百円の同じ商品名のコロッケをさして
「このコロッケってどう違うんですか」
”うーん。メーカーが違うだけなんだが・・・”
仕方がないので
「メーカーさんが違うんですよぉ~」
”ぜってー納得できないだろうな。”

あとは
チョリソー味のフランクフルトソーセージを指して
「これどのくらい辛いんですか?」
”どのくらい?・・・どのくらい・・・むーん。”
客は小生が考え込んだのを見て
「子供が食べても大丈夫な辛さですか?」
と再度質問
”そういうことか。しかし喰ったこと無いぞ・・・。”
結局小生は
「お子さんには少し辛いかもしれないですねえ」
と無難な答え。
喰ったことも無いのによくそんなことシャアシャアと言えたもんだぜ。


今日はアタリの日だったようで二人に質問された。
はじめの人はオッサンで
「ねりものどこ?ちくわとか」
というもの

こういう質問が一番困る。
小生の部門は惣菜なのだ。

そうスーパーというのは部門縦割り行政なのだ。
他の部門のことは、ほとんど・・・というより全く分からない。
惣菜のほかに青果、精肉、水産、ベーカリー、それ以外の商品管理をする部門
などがある。
ちくわは「商品管理をする部門」の管轄範囲なのだ。

まあ、そんなことは客にはわからないから
(ユニフォームが違うから個人的には本当はそこで気が付いて欲しい)
小生は早速その部門の人に聞いてちくわの場所を聞く。

超目立つ場所にありました。

”このぐらい自分でみつけられるだろ?オッサン・・・”


二人目はもっと最悪。
20~30代の眼鏡をかけたニイちゃん。
「カツオブシどこ?」
”カツオブシ?~~~~”

”!!!!!!!!”
コイツみたことあるよ!
前も質問してきたよ!!

なんだったかなあ・・・。

そうだ!!
保存料と着色料を使ってないウィンナーはどれですか?
だ!!!!!
あのときは副店長まで引っ張り出してきて大変だったんだよなあ。
ってか後ろの成分表示みろよ。
まったく何でもかんでも他人に頼りおってからに。

で、しょうがないから小生は
「少々お待ち下さいませ」
とつぶやいてまた商品管理部門のバイト君のところへ。
無事にカツオブシのありかを聞いて戻ってくる途中で例の客に遭遇。

小生「あ、カツオブシはこち・・・」

客「ああ、もう見つけました」

とおおおおうっ!!!!!

自分で見つけられるなら聞くんじゃねえわーー

骨折り損のくたびれ儲けです。
で、思ったのがコイツ実は他のスーパーの会社の社員なんじゃないかと。
こっちのバイトの実力を見極めているのではないか?
もしくは小生のバイト先の本部職員。
以前もあったんですよね。
客のふりしてバイトを格付け(評価)するっていうのが。
小生はそのとき中くらいの評価だったらしい。
ってか評価が高かろうと低かろうと時給変らないんだから関係ないけど。

そんな日でした。
コメント4
トラックバック0

アリ

2006.01.17 未分類
今日、NHKの「地球ふしぎ大自然」を見ました。
アリを特集していたのですがアリはやはり凄いですね。
あの社会性。
人間の歴史上築いてきたどんな社会よりも機能的です。
(その反面無情ではありますが)
ゴキブリは核戦争があっても生き残ると言われているそうですが
アリもきっと生き残るでしょうね。

しかし自然ものの番組でアリを特集すると内容が大体予想できてしまいます。
ミツツボアリ、ハキリアリ、グンタイアリのどれかは絶対に出る。
アリとアリマキの関係も出る(今回はカイガラムシでしたが大差はない)
きっと自然ドキュメンタリーを見過ぎなんですね。
今回目新しかったのはあるアリの巨大な巣は空気の取り入れ口と排出口が
あるというものでしょうか?
見た目がカッパドキアの地下都市みたいでした。
あとはウツボカズラが捕えた(虫が勝手に落ちたのだが)
獲物を横取りするアリ。
それとアリが音でコミュニケーションをとっているという話もあり
興味深かったです。
こうして挙げてみると目新しい話も結構あったんだな・・・。

もっと色んなアリが見てみたいですね。
シロアリとかは嫌だけど・・・
(↑アリの仲間じゃないって!!)


関係ないけど
環境問題というものに興味を持たなかったらきっと小生は博物学者か古生物学者を
目指していたと思います(そして途中でこれでは喰っていけないと悟る)
もっとも、環境問題に興味を持ったのは生物が好きだったからなんですけどね。
そんなことを思いながら番組を見てました。
(英語のテストあるのに・・・)
コメント0
トラックバック0

イラン

2006.01.16 時事放談
いま、イランが熱い!!

・・・ってなにかのキャッチみたいだが
イランがいろいろ騒々しいです。

原因はアフマディネジャドというガダルカナルタカと同じくらい
舌を噛みそうな名前の大統領。
核の実験を再開したらしい。
正確には高濃縮ウランを作ろうとしているらしい。
国が国ということで問題になっている。
なにしろこの大統領の最近の発言は注目されている。

「イスラエルは地図から消えるべきだ」
とか
シャロン重体の報を受けて
「死んでしまえばいい」
といった内容のことを言っている。

もちろんイスラム教徒の本音としては当然かもしれないが
一国の大統領として、しかも米国に「悪の枢軸」と名指しされている状態で
この発言をするのは過激すぎやしないか?
まあ、イスラム原理主義者のようだから仕方のない気もするが。

この強気は今はアメリカはイラクで手いっぱいでしかも
財政状況が以上に悪化していてイランに戦争を仕掛けている場合ではない
ということを見越してやっているのだろう。
もし、イランにアメリカが戦争を仕掛けたなら「中東の民主化」を掲げる
アメリカに大義はない。
なぜならイランは中東でもっとも民主化されていると思われるからだ。

もし中東が民主化されると原理主義化、反米になるという図式が一般化されるなら
アメリカは膨大な金をかけて敵を作っているということになる。
勿論、同じ中東でも各国事情が違うから一概に言えないが
王制や独裁体制が倒れたあとイランのようになる国がないともいえない。
それでもアメリカは「自由」を標榜し中東の民主化政策を推し進めるのだろうか?

日本がとばっちりを喰らうのは御免だ。
コメント2
トラックバック0

伊藤・川路書簡

2006.01.15 時事放談
伊藤博文が川路利良に送った書簡が最近発見されたらしい。
内容は自由民権運動に注意せよということ。
特に活動家の植木枝盛は要注意であることということであったらしい。
川路は旧薩摩藩士で日本の近代警察の父である。

この書簡から当時の自由民権運動はやはり権力者からみると危険な
ものだったのであろうと感ぜられる。
川路は警察を束ねていたのだが西南戦争の時には警官を引き連れて
西郷軍と戦った。
大久保利通も川路も"祖国"を相手に戦争したわけだが
どういう気分だったのだろうか?
西南戦争については司馬さんの(またかよと思わないでね)「翔ぶが如く」で知った。
それによれば川路は祖国と戦うのにあまりしがらみを感じていなかったらしい。
理由は彼の生まれにある。
川路は薩摩藩士でも下士の生まれだった。
薩摩は上士と下士の差別がとても激しく下士は武士扱いされなかったらしい。
あまりに仲が悪いので新政府を作ったとき上士は陸軍で下士は警官に分けたのだそうだ。
だから殺し合いをしてもおかしくない。
(ただ記憶が定かではないが反乱軍の謀主である桐野利秋もとい人斬り半次郎
 も下士だったような気がしたが・・・。まあそれはそれ)

話がどこかいった・・・・。

自由民権運動というと板垣退助の
「板垣死すとも自由は死せず」
が思い浮かぶのだが(どうせこの言葉じたい作り話だろうというのは置いておいて)
幕末の小説を読んでいるとどうも板垣が自由民権運動をやっているのが解せない。
司馬さんいわく板垣は戦上手で普通だったら新政府陸軍を統べる位置につくはずだった
ということだがこれは薩摩に嫌われたらしい。
結局陸軍は大西郷が統べることとなり板垣は自由民権運動家になって自由党をつくる。
軍人であり元土佐藩の高級官僚だった板垣が自由民権運動をしている図
というのはどうにもおかしい。

幕末から明治にかけてはそういうことはざらにあるからいいのだが
板垣の場合そのギャップが大きすぎて思わず笑ってしまう。


何の話をしてたんだっけ・・・。

コメント2
トラックバック0

無題

2006.01.14 未分類
最近ネタ切れ気味なのでくだらないことを
つらつらと書いてみます。

バイト先の同僚がサクサカーだと判明。
ヴィン○ントのストラップをつけてました。
サクサクーをみてたら~友達が増えた~♪
ってやつですね。
でもさすがにMCが赤木○いとジゴ○ウだったころは
見ていなかったようです。
小生はレアだったんだなあ。
と今更思う。
(存在はレアではないと断固主張しておく)
サクサク繋がりで言うと現在のMCである木○カエラ嬢が
逮捕されたというデマがネットで流れて彼女のブログは
閉鎖してました(笑)
中国軍の沖縄軍進攻のデマといい迷惑ですね。
しかもあれはソースをコピーしただけらしいし・・・。
情報の信憑性というのは結局自分で判断しないと
いけなくなってきますね。
コメント10
トラックバック0

我、旧友ト会食セリ

2006.01.13 未分類
昨日はメリケン粉から帰省している友人と橋本でメシを
喰いながらだべってました。

まず午前のクソ授業をながして
橋本で合流。
小生は当日小生の研究成果である
"もっとも大学生らしい格好"をしていたので
彼は多少驚いたようですが
そんなことはどうでもよくて
図書館に行き小生は
「図説 日本の植生」 沼田真・岩瀬徹
「江戸時代の自然」  青木宏一郎
「日本人と動物」   斉藤正二
を借りる。

友人にピンショーの著作って読みたいのに
ほとんど和訳されてないんだよね
だから原典あたりたいんだけど知ってる?
と相談したところ
「それならうちの大学の蔵書検索でみてみよう」
と彼が言い始めて図書館のネット室へ
(神奈川の図書館ってホントすすんでるよなー)
係員に「静かにして下さい」と怒られながらもなんとか
ピンショーの著作を検索。
結果10冊ぐらいありました。
今度自分の大学の図書館にあるかどうか調べてみよう。うん。

その後メシでも喰いますかということになって
なぜかうどん屋でかけうどんの大盛り450円を喰いました。
かけそばで450円もとるなんてボッタクリじゃないかと思いましたが
場所代だと思い我慢。
結局なんだかんだ不毛な話を3,4時間していました。
(モトはとれたな・・・)
その日もバイトだったのでそのままバイトへ。

心残りはmockingbirdは日常で出てくる用語なのか聞くのを忘れたこと。
まあ、いつでも聞こうと思えば聞けるのですが。
コメント0
トラックバック0

APPアメリカの狙いは?・・・

2006.01.12 時事放談
日、米、豪、中、印、韓の6ヶ国が参加した
「クリーン開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ」(APP)
の共同声明案骨子が新聞に掲載されていました。
京都議定書離脱で温暖化対策に消極的であると言われていた米国の主導する
二酸化炭素削減案だけに注目されます。
まず内容を見てみましょう。

・6ヶ国の協調は京都議定書を補完

・公共、民間両部門から資金や人材を調達し専門家を結集

・参加国は国内外の投資を温室効果ガス削減技術に振り向ける

・?石炭のクリーン化、天然ガス利用
 ?再生可能エネルギー
 ?鉄鋼 
 ?アルミ
 ?セメント
 ?鉱業
 ?電力
 ?建物・電気製品
の8分野で特別作業班(タスクフォース)を設置

・特別作業班は先進国の最良事例を各国で共有し先進技術を導入するための
 具体的な行動計画を策定


全体として成長を阻害しないように二酸化炭素を削減する努力をしようという
姿勢がにじみ出ています。
数値目標を掲げていないところや技術導入によって二酸化炭素の排出抑制をしよう
という部分に環境対策で経済に悪影響を及ぼしたくないと考えているであろう
中・印などは惹かれたのかもしれません。

特に「石炭のクリーン化」は印象的です。
中国も米国も石炭が大量に取れるのでこれを何とか使いたい。
環境負荷も大きいがコストが安いので何とか使いたい。
(環境負荷が大きいということは本当は外部性のコストがかかるのだが)
という意志が読み取れます。
何をもってクリーン化というのかはわかりませんが
日本では大学教授が中国で酸性雨対策として石炭をもとにバイオブリケットという
燃料を開発しているそうなのでそういうことを指すのかもしれません。
(それでは温暖化対策として「クリーン化」とは言えないか・・・)

記事には「ポスト京都にらむ米国」とありました。
確かに京都議定書は発効したものの最大の排出者米国が参加しておらず
中・印も参加していません。
その上「森林吸収」や「排出権取引」など抜け道が多く実効性を疑う声もあります。
特に日本は目標の達成は絶望的で他国から排出権を買うだけで終りそうです。
むしろ京都議定書の枠組み自体が継続できるか怪しい状態です。
迷走を続ける京都議定書を見て米国はここで一発逆転を狙っているのでしょう。

感想としてこの共同声明案は
「技術によって環境問題は解決できる」とする技術信奉の臭いが感じられますが
(逆に堅実に二酸化炭素排出抑制ができるかもしれない)
京都議定書に参加していない米・中・印が参加しているだけで存在意義はかなりあると
思われます。
特に中・印が参加しているということは途上国も参加しやすい枠組みということが
いえるでしょう。
参加国が増加すれば京都議定書に代わるものとなるかもしれません。
行方を注視したいと思います。
コメント2
トラックバック1

成人式

2006.01.09 時事放談
成人式行って参りました。
終えての感想は
うちの市は以外と真面目なんだな。
ということ。

噂の「旅立ちの日に」は小生の予想に反して
ほとんどの人が歌っていました。

が、はじまり方はグダグダ。
開始してもまだ着席は全く完了せず
余興の中学生の吹奏楽部の演奏は聴けなかった。
次の国歌斉唱もやったのかどうかはさだかでなく
小生が着席して気が付いたときには市長が話をしているようだった。
”だった”というのはあまりにも会場がうるさくて
ところどころしか声が聞こえないのである。
そのあとの市議会議長の話も同様で
次なる余興のマジックショーでようやく静かになった。

マジックショーは無駄に盛り上がっていたが
それはマジックが凄かったからではなく参加者の気分が高揚していたからでしょう。
トークショーになると再びうるさくなり
あーなんかやっているなあという程度でした。
その後、中学時代の恩師の話という小生には過酷な
時間帯がやって来たので厠にいきました。
会場から出ると中座した連中が大量に屯していて写真を撮ったり談笑したり
様々でした。

でその恩師の話がおわり歌を合唱して終ったのですが
さっぱり面白くない。
小生はというと小生と同様に中学から私立に行った友人と
喋っているだけでした。
他の人達は来ているのかも分からないし顔もほとんど判別できませんでした。
小生はその後喋っていた友人とドトールにいって
友人に「今年のキーになる国はロシアだよ」と三時間力説して帰ってきました。

結果的に浮いてましたね。
誰が誰だかわからないし。
それと女の子がしているあの白い襟巻きはなんなんでしょうか?
全く意味がわかりません。
参加者の中には自衛隊の制服みたいなのを着ているやつもいましたし
赤毛でモヒカンみたいなやつもいました。
小生はマッタクジミでそこら辺のサラリーマンみたいでした。
友人とドトールでダベったのはよかったですが
それ以外は面白くはなかったです。
教習に行ったほうがよかったな。
コメント9
トラックバック0

ブランド力

2006.01.08 時事放談
今日は調子が悪くてよく話がまとまらなかったし
自分で書いていてツッコミどころ満載だったがネタも
ないことですし勘弁していただきたい。


日本人はブランド好きらしいということはよく言われているし
以前にも日記で触れたかもしれないが飽き足らずもう一度書いてみる。

なぜまたブランドについて書こうと思ったのかというと
それが日本の将来を決めそうだからである。
”麻垣康三”
言わずとしれたポスト小泉候補達である。
彼らの共通点は全員二世であるということは以前書いた。
”ジバン・カンバン・カバン”がなければ政治家になど滅多になれるものではない
ということがその原因であることもよくいわれている。

あのヒラリーマンのタイゾーくんでさえ”カバン”はあるのだ。
(とはいえジバン・カンバンがなくて議員になったのは奇跡中の奇跡で選挙に何かと出る
 羽柴誠三秀吉サンや又吉イエスサンが受かっちゃうのと同じくらいのオカシサである)

小生は政治もバッグも家電も結局はブランド力ではないかと考える。
要は安心感なのだ。
得体のしれない新参者より○○さんの息子とか子孫のほうが安心できる。
総理を選ぶときホリエモンと安倍普三だったら安倍なのだ。
(バッグの場合は自らの権威や資金力の誇示という意味合いもあるが)
結局日本では中身はあまり問題にならない。
門地とか名前が問題になる。
相当なヘマをやらかさないかぎり(雪印とか)ブランド力があるものは
生き残れるのだ。

世界中有名ブランドは信用されているというのは普通かもしれないが
日本はそれが顕著なような気がする。
これは小生の思うに家康もしくは江戸時代からではないかと思う。
彼はとても名家好きで歴史ある家門は断絶させないように扶持を与えたりした。

江戸幕府の役職もほとんど世襲で能力をとはず継いでいた。
これが日本人の習性に染みついてしまったのかもしれない。
学歴社会というのもきっとこの延長線上にあったのだろうと
思われて仕方がないのである。
コメント0
トラックバック1

気の迷い

2006.01.07 未分類
明後日の成人式行くかどうか迷っております。
大体、日にちを知らなくて教習の予約を入れてしまいました。
明日なら無料でキャンセルできるけど。

そもそも成人式ってなにやるんだ?

・・・そういえば案内状に内容が書いてあったような。
確認しよう。
・・・・・・・・・・
以下案内状
””内は感想

 成人式の御案内

「成人の日をお迎えになることを心からお祝い申し上げます。
『成人式』を開催いたしますので、どうぞご出席くださいますようご案内申し上げます。
テーマは『挑戦!全力でハタチ。』です。

!!!!!!
”ぜんりょくでハタチ・・・・”

日時 平成18年1月9日
(10:30開場:開始11:00~終了13:00予定)

”ながっ!”
式典
マジック&トークショー
”やすっぽ。誰マジックすんの?マギー一族?”

土江寛裕氏(アテネ五輪・世界陸上で活躍の短距離選手)
”誰?小生は見てないよオリンピックも世界陸上も
 まさかこの人がマジックを!?・・・”

恩師の話
中学校時代恩師
”小生は私立に行ったわけでして(〒ゞ〒)
 おかげでビンボーになったわけでして。はい。”

合唱
式典の最後に参加者全員で中学生の頃を思い出し「旅立ちの日に」
を合唱します。皆さん練習してきてください。
”なんですか?それは?
 小生が中学生時代を思い出すと草木も燃えちゃいますが?
 それじゃダメなの?ダメ?
 なんだ!「旅立ちの日に」って?
 少しはこっちにも配慮しろよ!
 「君が代」のほうがまだいいから!もしくは「蛍の光」でもいい!
 知らないと何かはじかれた気分になるじゃろーが!”

というわけで
行く気がだいぶ失せてしまいました。
本当にどうするか・・・。
面白くなかったら中座すればいいかな。
コメント10
トラックバック1

冬の感じ

2006.01.06 未分類
何か冬の感じというか正月という感じがしないな
と思っていたのですがそれはどうも雪が降っていないからのような
気がします。
小生の住んでいる地域では初雪が随分昔にほのかに降ったあと
全然降っていません。
他の地域では大雪だ!大雪だ!!と大変そうなのですが
なぜか東京では降らないのです。
関東の山脈はそんなに高いのか?
とブツブツつぶやきながら今日も曇天の空を見上げていました。
もっとも自転車通勤な小生は雪が降らないほうが交通費が浮いて助かる
のですが・・・。

もうすぐ冬休みも終わりです。
・・・と言ってもバイトと教習に追われていた小生は
休みどころではなかったのですがね。
精神の平安が欲しいです(笑)
コメント0
トラックバック0

独り言

2006.01.06 未分類
最近自分の能力の程度というのが気になる。
自分にはどのような方面に優れていてどの面で劣っているのか?
仕事は出来るほうなのか出来ないほうなのか。
平均的なのかドベの方なのか。

多分就職をどうしようかという思考の末に出てきた心配なのだが
就職自体は実感がない。
自己診断テストみたいなものを何回かやったが
結局のところ自分の特徴というのは掴めなかったし
これは自分がなりたいものが現れているだけではないかと思ったりして
納得がいかない。

小生の場合自分に近いタイプで目標とすべき人物がいないのが
彷徨の原因のように思える。
自分より少し上を行くような人がいない。
勿論違う方面で凄い人間はいるのだけれども
それでは小生のやる気というか負けん気が出ない。
上を行き過ぎていてもあまりに下でも出ない。

ま、無理な注文か。

しかし、目標がないとサボり気味になるのも確か。
あとドンドン中心から逸れていっている感覚が凄いある。
「やばい、俺大学生だよな?」
と思うことがある。
なにか馴染めないというか。
小生が変ったのか周囲が変ったのかといえば、きっと周囲なのだが
変らなければいけないのに一人で変っていないのではないか?
と不安になることもある。

もっとも翌日には
「まあいいや」
と思考の角に追いやってしまうのであるが。

以上独り言でした。
コメント3
トラックバック0

難治の国ロシア

2006.01.04 時事放談
昔、司馬さんがロシアは難治の国だと書いていた記憶がある。
最近のニュースを見ていると
「確かに」
と思う。
以前の記事にも書いたことがあったかもしれないが
現在のロシアは帝政もしくは共産党時代へ逆行しているようにしか見えない。
つい最近はウクライナへガス供給を事実上停止した。
これはどうも「オレンジ革命」を果したウクライナへの揺さぶりらしい。
こういうことができるのはロシアのガスが未だ
(事実上の)国営企業(政府系とよく報道される)に
握られているからだ。
また、プーチンの側近の一人がプーチンの強硬策に反対して辞職した
という噂も聞く。

そもそも
ロシアは旧ソ連時代にゴルビーがペレストロイカを行い
エリチィンがその改革の進度に満足できずクーデターを起こした。
そのエリチィンの流れを受け継ぐはずだったプーチンだが
「強いロシア」復活を目指すため中央集権化を進め旧ソ連の同胞国への締め付けを
強めているように見える。
民主化と逆行している。
小生が思うにロシアという国はそもそも民主化というのは無理なのではないか?
タタールの軛から解き放たれてから以後ロシアは住民自治や民主的政府を
作った経験が一度もない。
結局ロシアという広大な国土を持った国家は
独裁的支配によってしか統治できないのではないか?
というのが小生の思うところである。
コメント4
トラックバック0

帰宅

2006.01.03 未分類
皆様お久しぶりでございます。
帰って参りました。
PCのメールソフトを開けたら迷惑メールがありえないくらい届いてました。
八閑斎です。
メルアドを晒すものの定めですね。はい。

埼玉の親戚の家に逃亡していたのですが
ネコが心配になって帰ってきてしまいました。
バイトもあるし。

小生からの年賀状が御所望だった方。
もう届きましたでしょうか?
小生は宣言通り掲示板にカキコしてくれた方にしか出してません。
それ以外のかたも2,3枚来たので大至急返すつもりです。
届いた方もウワっなんじゃコレ?と思った方も
多数おられると思います。
疲れていたのです。
勘弁して下さい。

今日から年明けのテストに向けてボチボチ勉強します。はい。
ではご機嫌よう。
コメント2
トラックバック0

あけましておめでとうございます

2006.01.01 未分類
今年もよろしく。
更新しないとか言ってたけど
新年の挨拶ぐらいしないとな。
じゃっ!!
コメント1
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。