薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クズネタ集

2005.09.29 未分類
一つのネタとして完成してないクズネタ達の箇条書き。
え?お前がクズだからだって?
いやクズの花は紫でキレイだし香りもいいですよ。
(葛粉もとれるし)

・噂のノマネコはモナーらしい。
 むしろ2ちゃんのあのキャラがモナーというのも最近知った。
 しかも正式名称はオマエモナーということも最近知った。
 以下参考まで。
 2ちゃんねる用語集

・FF7アドベントチルドレンのHP行くと小説が読めるよ。
 最近更新されてないけど。

・最近天気が悪くて洗濯物が干せない。
 乾燥が中途半端だとクサイ。サイアク。

・会う人にだいたい「痩せたね」とかいわれる。
 そんなに太ってました?俺。
 いや、確かに痩せたんだけどストレス痩せです。
 ダイエットで悩んでる人って小生からすれば不思議。
 喰わなきゃ痩せますよ。はい。

・髪を上げてたのを下ろすとだいぶ印象が違うらしい。
 会う人に(いやそんなに人に会ってないですけどね)
 「印象違うね」って言われる。
 冬なので少し髪を切らないでおきます。
 寒いので。
 ウザくなったら切るけど。

・免許は技能の予約があまりにもとれないので冬休みに持ち越し。
 サイアク。混みすぎ。コミコミ。
 こんなに面倒だとは思わなかった。
 教官基本的にウザいし。
 
・家の中整理したらいらないものが大量にあった。
 けど半分くらいしか捨てられない・・・。
 モッタイナイオバケ出まくり。
スポンサーサイト
コメント6
トラックバック0

FC2の企画に乗っかっちゃいますわ

2005.09.29 未分類
FC2ブログでは毎回テーマを決めてトラックバックして~。
という企画をやっているので初乗っかり。
テーマは「修学旅行の思い出」
・・・む。

・・・・。
(検索中)
・・・・。
ないな(笑)

強いて言うなら高校の修学旅行で行った沖縄で
海水淡水化施設とグスク(城)跡を見たことくらいか
中城はキレイだったけどね。
中学の修学旅行で行った北海道は山が噴火してたし雨降ってたし。
小学校の時のは校長に折り畳み傘で殴られたことしか覚えてない。

うーん。いかんなあ。
「青春」を感じないぞ?




コメント15
トラックバック0

保守主義の台頭

2005.09.27 時事放談
久々に硬いタイトルだね。
コメントが減りそうな予感・・・。

ともかく本題に入ろう。
最近、保守主義が世界中で息を吹き返している。
それぞれの国での保守主義である。
アメリカでは一昔話題になったネオ・コンサーバティブといわれる人達。
日本では自民党。
(民主党も前原が代表になったから保守になっちゃうかもね)
ロシアではプーチンが帝政ロシアもどきを作りはじめている。
(これは保守というか独裁というかロシアの本質というか・・・)
ヨーロッパだけは中道左派が多いようですがその反動も大きいようです。
移民排斥運動とかネオナチとか。


一番やっかいなのはやはりアメリカの保守主義者。
これはキリスト教原理主義者を含んでいる。
世界ではイスラム原理主義者がテロを起こしているとされて悪役になっているが
キリスト教原理主義者のほうがやっかいだ。
なにしろ世界最強の国の住人なんだから。
考えてみればプロテンタント自体が原理主義者みたいなもんですよね。
イスラムでいえばシーア派みたいな。
だから悪いとか言ってるわけじゃないですよ。
イラクではスンニ派がテロ活動してるし北アイルランドではカトリックがやってる。
弱者は過激行動をとりやすいということだと思うんですけどね。
アメリカのキリスト教原理主義者は強いのに過激というのが問題ですね。

まあ、だけどWASPは信仰のために移民してきたわけだから過激派要素大ですよね。
いまだに進化論を否定する人達が普通にいるというし。
そして今進化論に対抗して「知的設定」(インテリジェントデザイン)
という考え方が台頭してきているらしい。
このように複雑な働きを持っている生命というものは何者かによって設計されたに違いない
という考え方である。
偶然じゃないだろと言いたいのはわかりますがね・・・。
どうやって設計するんだよ。
という疑問も晴れないデカルトの機械論を発展させたような説である。
まあ、デカルトの機械論を進めると昔は神がいたけど今は神はいなくても大丈夫
ということになっちゃうんですけどね。
デカルトは神が材料と自然法則を設定したのだと言ってますから。
世界はその後、神がいなくても自然法則に従って全て動きますからね。
「知的設定」を唱えている人達はそこら辺をどう考えているのか聞いてみたいですね。
聞いてもよくわかんないと思うけど。
コメント11
トラックバック0

名字

2005.09.25 未分類
小生は変な名字が結構好きである。
信長の野望をやっているとそういうのがよく出てくる。
三好氏系の武将の十河(そごう)氏とか
剣豪の丸目長恵とか。
四国の長宗我部と香宗我部は2つ宗我部氏の本拠の
「長岡」と「香我美」それぞれの頭とってついたそうだ。
名字を調べると色々わかってくる。
今現在「藤原」と言う名字の人は藤原氏と一切関係ないらしい。
なぜなら公家がほとんど藤原氏になっちゃって住んでる場所が
名字になっちゃったから(一条とか)藤原氏ってのはなくなっちゃったらしい。
今、藤原を名乗ってるのは明治につけた人たちだそうな。
もっとも、由緒正しいとか言われてる人達の系図も
9割方ウソだということですが・・・。
家系図ライターというのがいて江戸時代に大名家から頼まれて
ありそうな家系図を沢山書いたらしい。
家系図というのは大名家の正宗と同じレベルで偽物だとのこと。

なんやかんや言いましたが
そういうことで変な名字を集めているHPを発見。

http://www.myshop.co.jp/japancal/fname/name.htm#x2

小生はいたって普通な名字なので残念。
コメント4
トラックバック0

愛知万博閉幕

2005.09.25 時事放談
小生が散々ケチをつけ続けたあの万博もついに閉幕らしい。
ごみを出さないように展示品は売られたり譲渡されたりするそうな。
とはいっても大量にゴミが出ることは必至。
テーマは「自然の叡知」だそうだが・・・。
大体、森を切り開いて会場建設というのが気にくわない。
自然環境に配慮するならもう少し別の方法があったろうに。
小生が会員になっているWWFは結構反対活動をしてました。
祭りというものはゴミが出るもんです。

学祭、学園祭、そういったものが小生は好きでなかった。
時間を費やしてゴミを製造してるとしか思えなかった。
売ってるものは詐欺的な価格だし。
小生の卒業した高校なぞ業者の製品を生徒が売ってるとか
意味のわからないことばかりだった。
小生が学園祭みたいなのが嫌いなのは高校3年間ゴミと
向き合っていたからかもしれない。
あとはひたすら展示の資料を書いていたと記憶している。
いずれにせよ創造的でも文化的でもない時間だった。
大学の学祭なんて行きもしないという。
はい。そんな男です。
コメント9
トラックバック0

mudai

2005.09.25 日常茶飯事
給与明細をもらった。
今月は約73000円。
労働時間は75時間
出勤日数17日
まあ、通勤手当が10000円くらいついてる
っていうのは前も書いたかな?
だけど今月は少なくなるだろうな。
新人を育てて3日くらい彼にあげたから。
(試しに一人でやってもらったってこと)
それに常に二人いるから22時以降の100円時給アップ時間が
否応なく少なくなる。
そういえばやっと新人クンを一人立ちさせることができました。
まだちょっと頼りないけど。
小生がいやいや働いていた火曜日を彼に任せることができる。
やれやれ。
多少は話してくれるようになったし。
だけど年齢はタメなのにやたら敬語使うんですよねえ。
聞いたら学年は一つ下らしいんですけど。
しかし、「敬語使うな」とわざわざ言うのもなにか気まずい。
まあ、いいか。
(↑なげやり)

acidmanの「イコール」ってアルバムが欲しかったり。
ヘソクリが出てきたから買っちゃおうかなあ~。
いや、棚を整理してたら5千円出てきた。
昔、隠したヘソクリだったらしい。
棚を整理しなかったら永遠にでてこなかったぞ(汗)
ドングリを掘り忘れたリスか!!お前は!!
と思わず一人でつっこんでみた。
コメント11
トラックバック0

いつものこと

2005.09.24 日常茶飯事
いつも今度はあれを書こうと思うのは移動中である。
バイトに行くとき。
通学途中。

要は体を動かしているときだ。
・・・で、帰ってきてパソの前に座ると
忘れる。

だからこの日記は日頃考えていることの1/10くらいしか
反映できていません。
だからどうしたといわれるとどうしようもないのですが
結局、今日もパソの前で書くことを忘れてしまったのです。
コメント4
トラックバック0

リタ

2005.09.23 時事放談
また来たらしいね。
ブッシュの祖国テキサスにむかってるそうな。
しかしリタってのもねえ。味気ない。
Rならリチャード獅子王とか奇抜なのにして欲しい。
いや、ないな。
うーん、リッチモンド、リンジー、リリーフランキー・・・。

そんなことはどうでもよくて驚いたのはその混乱ぶり。
ガス欠で逃げられんとか渋滞しすぎとか。
空港の職員も一部逃げちゃって人手が足りないとか。

ああ、そうか。
電車が無いんだ!!

きっと市内は電車はあるんだろうけど。
州をまたいでっていうのはあまりないんでしょうかね?
小生だったら電車で非難するけどね。
電車男はメリケンには上陸できないな。

メリケンネタでちょっと驚いた噂があります。
それはメリケンでは
「洗濯物は干さないで乾燥機」
「エアコンは一年中ついている」
という噂。
どうせ中流以上の人達の話でしょうが。
それにしても本当だとしたらムダの塊ですね。
それじゃあハリケーンも上陸したくなっちゃうってもんよ。
コメント3
トラックバック0

小生の読書傾向

2005.09.22 日常茶飯事
小説を一切読まなくなってしまった。
HPを作ってるせいもあるんだけど
何も得られない面白いだけの本を読まなくなってきている。
だから一冊に凄い時間がかかる。
娯楽じゃないから。

中学以前はほとんど小説で「ゲド戦記」とか「指輪物語」とかを
読んでました。
それとズッコケ3人組シリーズと「シートン動物記」ね。
マンガは歴史マンガ。
日本の歴史(全15巻)は穴が開くほど読んだ。
あとことわざのマンガとか「三国志」とか「はだしのゲン」とか(笑)

中学になって司馬遼太郎を知ってそこから歴史小説に浸かった。
初めに読んだ司馬作品は「城塞」。
こんな面白い本があるのかと驚いた。
後から考えると司馬作品のなかではそこまで面白いわけじゃないんだけどね。
吉川英治は「宮本武蔵」より断然「平家物語」。
「宮本武蔵」は小生にとって起伏がなさすぎましたね。
マンガは読んでないなあ。
ナウシカ以外(笑)
というくらいナウシカ読んだ。
「パトレイバー」とか横山光輝の歴史物は図書館で読んでた。

高校になったら司馬作品の長編小説はあらかた読んじゃったので
随筆と紀行文を読んでましたね。
宮沢賢治の童話とかも結構読んだかな。
マンガはこの時期はあまり読んでないね。
全部読んだのは「モンスター」ぐらいかな?
エヴァとかも4巻くらいでなんかやめちゃったし。
「すごいよマサルさん」とかは1巻でやめちゃったし。
読み切ったマンガってほとんど記憶にないなあ。
ナウシカ以外マンガ買ったことないんだけどね。

皆さんのオススメの作家とかいますでしょうか?
いたら是非教えて欲しい。
コメント9
トラックバック0

あー夏休み

2005.09.21 未分類
TUBEの曲の話ではありません。
大学によって夏休み期間は違うようですが
小生はまだ夏休み。
(休みが8月からだったからね)
もうほとんどないけど。
夏休み中に取れると信じていた免許は
授業の予約がいっぱいで一週間に一回くらいしか
受けられないので夏休み中は絶望視。
読みたい本が山積。
・・・なのにどうしても「信長の野望」&「三国志」
をやってしまう(恥)
宇喜多直家と諸葛恪でやってます。

諸葛恪って好きなんだよね。
傲慢な性格だったとか言われてるけど・・・。
暗殺されちゃうしね。
孫峻と籐胤に。

それと彼には神樹と亀に関する逸話が残ってるんです。
それが興味深い。
面白がってるのは小生ぐらいなものかもしれませんが・・・。

神樹にまつわる民話とか伝奇物って面白いんですよ。
共通点があって。
そういう話をあつめてだれか絵本とかにしてくれないかねえ。
文で読んでもあまりにも突飛なことが起きるから想像しにくいんだよね。
もっともそんなもの絵本にしても誰も買わないな。
幼児だったらまず泣くね。あまりの怖さに。

・・・え?お前がつくればいいだろって?
むーそんな時間はごじゃーません。
(いつかこっそりつくりたいけど)
コメント4
トラックバック0

様々な選挙後

2005.09.20 時事放談
様々でしたね。
選挙。
衆院選は自民大勝でしたがなんだかなあ。
「棚からぼたもちとは僕のためにあるような言葉です」
と言っていた彼。
武部幹事長にお灸を据えられたようだが
(過去を見れば武部は失言では負けていない)
なんであんな頭スッカラカンみたいな
医者の息子が議員になるんでしょう。
ああいうのを見ると比例代表制ってマズい制度なんじゃないの?
と思う。
ヤクやってた民主党議員並にどうしようもない。
あんな連中の給料払ってんのか・・・。

その民主の党首選。
前原氏が新党首。
フレッシュ!!
・・・になりました。
(ちなみに小生は前原っていうと幕末の前原一誠がはじめに思い浮かぶ)
けど自民党との政策の違いがあまりない。
普通二大政党制というのは保守(右)VSリベラル(左)
だと思うんですけど日本は右&右になっちゃた。
ダメじゃん!!
だけど今の日本では社会保障や失業対策より構造改革
というのが普通だから仕方のない話か。
民主党にはしっかりして欲しいと言われて幾星霜。しっかりしてほしい・・・。

右VS左が明確なのはドイツ。
・・・が選挙結果は不明確。
ドイツは日本と同じく構造不況のようでメルケル党首率いる
保守・野党が改革を唱えて戦ったようですが結果「引き分け」。
引き分けって困るよな。
連立の関係でまたシュレーダーが組閣するとの噂。
まだ左派政権が続くんでしょうか?

食べたらでるぞヒトフクロウ~
首から下は地井武男~
コメント4
トラックバック0

精霊飛蝗

2005.09.19 日常茶飯事
今日も教習所。
あのウザい教官二回戦目。
なんとかこなして家に帰ってきた。

こんな晴れた日は家にいるのはもったいないので
そとをブラつくことにした。
林のなかの休憩所でレオポルドの「野生のうたが聞こえる」を
読んだ。
自然保護については最後の章にしか記述が無くて
それ以外は周囲の動植物を観察してかいたエッセイである。
程よく風が吹いて気分良く読書した後
草むらを歩いた。
歩くたびに右へ左へキチキチキチと音を出しながらショウリョウバッタが飛んでいく。
小生も童心にかえって追いかけた。
ほかにもイナゴやトノサマバッタ、オンブバッタもいた。
オンブバッタは一見母親が子供を背負っているようだが
実際「オンブ」しているのは「彼氏」である。
虫の世界ではだいたいメスのほうが強い。
オスはちっちゃかったりメスに捕って喰われたり様々である。
それは置いておいて・・・。
ショウリョウバッタを捕まえた。
そいつは右前脚が一本なかった。
顔をまじまじと見てみた。
相変わらずいい顔をしている。
眼が印象的である。
飛ばすと確かに「精霊」が飛んでいるようである。
しばらくぶりにヤツらと再会できてよかった。
また、いつか遇う日までサヨナラ精霊飛蝗。
コメント7
トラックバック0

すし酢を愛す男

2005.09.17 日常茶飯事
今日は小生の食生活について少し書く。
小生は酸味が好きである。
特に酢が好き。
更に寿司酢が好き。

酢がどのくらい好きかというと
化学の実験で使う酢酸に授業中に陶酔してしまうくらい。
(酢だからね。)
だから何にでもすし酢を使います。

オススメは納豆ご飯に大葉と梅干しを入れ寿司酢を入れる。
コレ最高。
それから大根と鶏肉の煮物にも隠し味として入れる。
豚肉とレンコンを炒めてその中にもいれる。
いや、この料理はもうちょっと手が込んでるので
それだけじゃないんですけどね。
とりあえず小生は冷蔵庫にあるもので感覚で飯を作ります。
まあ、最低限身の回りのことは一通りできないとな。
コメント4
トラックバック0

季節の変わり目

2005.09.15 日常茶飯事
きょうは涼しかったですね。
小生はいまだに夏モードでタオルケット一枚で寝ていたので
風邪ひきました。
そろそろモードチェンジかな?
そういや昨日バイトから帰るときのこと
足もとでデカイ石みたいのが動いた様な気がしたので
よく見てみるとなんとヒキガエルでした。
危うく轢きガエルにするところでした。
しかし、水が全く無いトコからなんで出てきたのか?
近くに池があるからそこを目指してたんですかねえ。

・・・話は変わりまして
最近小泉首相を信長に例えるということがよくある
ということを以前も書きましたがおかしな話ですね。
だって小泉自民党は「小さな政府」「地方分権」を目指しているのに
信長は中央集権の象徴みたいな人。
全く相反している。
世間も「地方分権」を支持しながら「強い指導者」を求めている。
(自民党は中央集権的になっているようだが)
個人的には古い地方分権を一度壊して新しい「小さな政府」と「地方分権」を作る
そのためには強い改革者が必要であるということだろうと思っている。


小生が今の政界を昔と比するとすれば綱吉の治政である。
綱吉は小泉、堀田正俊は竹中平蔵といったところか。
綱吉の時代も財政難であり改革を強行した。
もっとも堀田正俊は途中で刺殺されてしまったが。
小泉首相も綱吉のように学問の奨励をして欲しいものだ。
何が言いたいかというと信長ほどではないということが言いたいのだ。
大体今は乱世ではない。
治世の人は治世の人に比したほうがより分かりやすいだろう。
「犬公方」ならぬ「郵政公方」か(笑)
コメント0
トラックバック0

学費

2005.09.14 日常茶飯事
を納付してきました。
泣きそう。
むしろ泣いた。
てか泣いてる。
50万

デカい・・・。
痛い。
つらい。

さわやかな一日がより一層小生の悲しみを掻き立てるのです。
小生の労働は何も生み出してないな・・・。
いや、労働しなきゃ赤字なんだな・・・。
労働して買った時間をHPに費やしてるんだな・・・。
だから俺のHPは汗と汗の結晶なんだ!!!
(塩?)
だから読んでくれ~。
できれば(むしろこっちが狙いだが)感想と批評をくれ~。
これからも梵我一如をよろしく。
コメント5
トラックバック0

FF7 アドベントチルドレン

2005.09.13 日常茶飯事
いよいよ発売ですねえ。
買えないけど。見たい。
映画など作らずにはじめからコレ作って上映すりゃよかったのに。
と思う。
FF7は3回くらいやったなあ。
中学受験の当日の朝もやってて大空洞でセーブしたことを覚えてます。
個人的にはナナキとルーファウス新社長が好きです。
FFシリーズはどうしても7のクオリティと比較してしまう。
もっとも全クリしたのは5、7、8だけですが。
4,6は途中で消えてクリア不可。
8以降は経済難で買ってません(笑)
そもそもPS2すら買ってませんからね。

あー今日も中身の無い話だった。
コメント4
トラックバック0

衆院選自民大勝

2005.09.12 時事放談
しばらく入れなかったから久々の更新だぞ。
まあ、選挙の感想は・・・。
やっちゃったね

自民が単独で絶対安定多数以上を確保するとは・・・。
勝つとは小生も思っていたがここまでとは。
投票率の上昇が原因だな。
ブーム
みたいな。
ホリエモンはブームに乗れなかったようですが。
無所属だからね。
彼が議員になるのは勘弁だったからいいけど。

ところで今回の選挙ほど将来のヴィジョンが語られなかった選挙はないですね。
いや、毎度そうだが。
一つだけ「小さな政府」というのが将来像らしきものです。
ただ誰も具体的にどういう感じと説明してくれなかった。

そのかわりと言ってはなんだが八閑斎的日本の将来像を描いてみる。
近未来ではないです。
100年後目指す(目指して欲しい)日本像です。

・内政
八閑斎の理想とする政府像は実は徳川幕府です(爆)
この政府はとことん小さかった。
地方分権・小さな政府を突き詰めればこれに近いものになるはずだ。
ただ、財源の問題とかが課題である。
どういう形でどのくらい地方政府から税を取るのか?
江戸幕府は直轄地の収益で大体運営されてました。
(政府というより徳川家ですからね)
今、直轄地を作るわけにはいきませんから全体から外交と国防に関する
もののみの税を集める。
(4大都市圏を直轄地にしてもいいんですがね、弊害が多そう)
そうすれば地方交付税は全面廃止。
公共事業は地方公共団体が独自に100%自腹で行う。
税金が足りなければ自分たちで殖産興業する。
教育も自治体が好きなようにやって下さい。
社会保障は徐々に小さくする。
「老後は子供を頼りましょう」
ということで。
実はこれは発展途上国の人達が沢山子供を産む理由だったりするんですがね。
さすがに日本じゃ通用しないか・・・。
なんにしろ社会保障を財政上削減。
皆さん動けなくなるまで働きましょう
がスローガン。
食料生産自給率100%を目指す。
学校給食などからはじめる。
今はコスト高だが世界の穀倉地帯が力尽きたときに備えねばならない。
林産物もしかり。

・軍事
対ソ連用に配備されてる部隊、装備を無くし規模も縮小。
海外派遣・災害出動部隊と対テロ用部隊をメインにする。
陸自より海自重視。
(日本に大規模なグランドフォースはいらないと思う)
海上保安庁と連携強化、一部一体化で密入国や国境紛争に対処。
独自に国土防衛できる体制作り。
(核の脅威があるかぎり無理なんですけどね 汗)

・外交
東南アジアと経済協力。
中国と主導権争いをする。
(今メコン流域で負けちゃってるから急いで!!)
中韓に関しては過去の歴史について正式に謝罪し
領土問題で強力に主張する。
ロシアとの交渉は小生に解決策を考えることは不可能です。
もう住み着いちゃってるし。
返してくれることになっても何を見返りに求められるのか想像もつかない。

残りはまた明日。
コメント4
トラックバック0

奨学金

2005.09.10 未分類
最近は奨学金を団体が回収できないらしい。
原因はニートやフリーターの増加らしいが・・・。
小生も他人事ではない。

この前、奨学金の2種(利子あり)から1種(利子無し)に変更しますか?
って電話が来た。
正直迷った。
なぜなら2種から1種になると3万円から5万3千円になってしまうからだ。
小生の3万円という選択をしたのは理由がある。
学費は年間100万。
バイトの稼ぎは月7万
7×12+3×12=120万
で20万浮くので2年間貰えば教習所の30万も支払える。

・・・という計算だったのだが5万も貰うと余剰が出る。
といっても借金だから使う気にはとてもならない。
銀行に預けておいたところで利子は雀の涙ほど。
だが利子なしということでそっちに希望を出しておいた。
ただ、採用されるかどうかは未定。
こういうときガッコの勉強もちゃんとやるべきだったと思う今日この頃。
コメント9
トラックバック0

攻殻機動隊

2005.09.09 未分類
この前久々に見た。
トータルで4回ぐらいしか見てないから
ストーリーがだいたいしかわからんけど。
時間が遅すぎるんだよな。
なんでもっと早い時間にやらないんでしょうか?
子供向けではないんでしょうが・・・。
絵も6時ぐらいにやってる目も当てられないほど下手な絵
に比べれば格段にいいし。
(ヘタクソなのは外注してるからだろうけど)
このシリーズが好きな理由はデカルトの機械論が行き着くところまで行き着いて
機械も実は生命になりえるんじゃないかというところまで行ってしまってることですね。
デカルトは人が人であるのは「理性」というものが備わっているからだといってるんですが
この作品だと「理性」は「ゴースト」に近いですね。
微妙に違うけど。
「ゴースト」はやはりアジア的霊魂のニオイがする。

ただ、この作品群は簡単に言えることを難解な言葉にして振り回すくせがありますね。
小生が見た回で首相が「官房長官は軍産複合を狙っている」みたいな発言があったんですが
これはちょっとおかしいような気がする。
この作品上の「官房長官」の履歴を知らないので何とも言えませんが
「軍産複合」は軍と軍事産業が結びついたものです。
そこから政治家が出てきて政府を牛耳り戦争を繰り返すというのがパターンです。
その政治家は大体、兵器製造企業の顧問や経営に携わった人物で(米のチェイニーとか)
そうでない場合は軍産複合にならないように思えます。
だから軍産複合というのはその「官房長官」が兵器企業出身者であれば既に成立しています。
だから「狙う」のはおかしな話です。


・・・とケチを付けてみる。
コメント9
トラックバック0

国連改革

2005.09.08 時事放談
事務総長の息子のおかげであらぬ方向へ行くようです。
イラク人道復興支援事業の不正疑惑を調べていた独立調査委員会が
相次ぐ汚職の監督責任を果していなかったとアナン氏らを名指しで非難した。
まあ事務総長の息子だけではなく他の職員の不正も多発しちゃってるわけですね。
しかしこれは安保理の常任理事国を増やすことを含む国連改革を推進してきた
アナン氏降ろしという見方もできる。
独立調査委員会の委員長はメリケン人である。
メリケンは当然常任理事国を増やすことは反対である。
だからこの件を利用してアナン氏を辞職に追い込みメリケンに近い
事務総長を立てて、メリケン主導の国連改革に持ち込みたいに違いない。
勿論、その改革はメリケンがより使いやすい国連にするという意味での改革
になるだろうということは十分予想できる。

でも今はそんな余裕無いですね。
ハリケーンとイラクの混乱のダブルパンチをもろに受けてますから。
コメント0
トラックバック0

大舌戦

2005.09.06 未分類
今日は某党から支持お願いの電話がありました。
「いや、うちはもう決まってるんで」
と丁重にお断りしたんですが
「憲法とか増税とかどう思ってますか?聞かせて下さい」
というもんだから大論陣を張ってあげました。
三国志10やりながら・・・。
丁度「戦役」起こしてるところだったんだよね。
小生に舌戦を挑んでくるとはイイ度胸だ。
若いから丸め込めるだろうと思ったのかもしれないがそんなに甘くないぞ。
大体、舌戦に応じるということは
よほど自信があるのか、よほどものを知らないのかのどちらかである。
某党党員にとって悪いことに前者であった。勿論後者の傾向も多分にあるが。
それはともかく。
ここからは対話形式で著述しましょう。

党員「サラリーマン増税についてはどう思ってますか?」
小生「仕方ないんじゃないですかね?借金やこれからの社会保障を考えれば」
党員「憲法9条改正についてはどう思いますか?
   自民党は日本を戦争のできる国にしようとしていますが?」
小生「自衛隊の憲法明記に関しては賛成だし、国際協力として海外派兵することは
   必要だと思う」
党員「派兵しなくても日本には日本にできることがあると思いますが」
小生「最も情勢が深刻なところ例えばアフリカで内戦をやっている国々は
   治安が悪化していますこういう国に治安維持で派兵するのは重要でしょう」
党員「そういう内戦とかがなぜ起きるかというと貧困とかが問題なわけですよ」
小生「勿論そうですが、貧困を無くす為には産業を活性化させなくてはなりません
   そのためには治安が最も基礎的な条件になってきます。」
党員「派兵できるようになってもアメリカのいいなりに派兵することになると思いますよ」
小生「属国だからしょうがないでしょう(笑)」
党員「そういう不健全な関係を変えていかなくてはいけないと思いませんか?」
小生「変えていきたいのならまず防衛力の独立が一番重要になってくるでしょう
   日本は日米安保でやってきてその結果立場が弱いわけですから。
   日本が自衛軍を保持するか安保継続かしかない。
   北朝鮮や台湾の問題が残っているわけですから。」
党員「そういうものは外交で解決していかなければいけないし
   台湾では戦争はおこらないんじゃないか?」
小生「軍事力というのは外交の延長線上にあると思いますね。
   軍事力というもので話し合いが進むこともある。
   台湾の問題はむしろ現在深刻化しているでしょう。
   今の総統は独立志向が強いし中国は軍備を強化している」
党員「私は中東やアジアの人達とそういう話をするんですが
   皆さんそういう力の時代は終わりで話し合いで解決する時代にするという考えです」
小生「理想はそうでしょうが現実は違います。現実を理想で解決できるとは思えない
   地域紛争で話し合いで解決できるような紛争がありますか?
   政治というのは理想も大事ですが
   現実の問題に対応していくというのがもっと重要でしょう」

こんな感じでした。
結論としては党員の方が「私とは考え方が違うようですね」と言ってしまった。
だからそのあと
「パンフレットを読んでもらって我が党と一緒の考えがあれば一票入れて欲しい」
と言ったときに小生は思わず
「読むのは構いませんが聞いたかぎりあなたがたと考えがだいぶ違うようです」
と言ってしまいました。向こうも「そうですね」と言ってましたが。
考えが違う党に一票いれることはありえないですね。
まあ、小生と考えが一緒の党とかないんですけど。
ちなみに小生が投票行動を決定する政策は「環境」です。
どの党もいまいちだけど。
コメント1
トラックバック0

車校しんどいなあ

2005.09.05 未分類
初の技能教習。
教官キツイわあ。
「ウィンカー出せよ!!」
「寄せ過ぎだっつってんだろ!!」
罵声の嵐。
「ちっ、あと四人もやるのかよ」
「ふわあ~、ねみーなー」
「なんも学んでねえなあお前」
やる気ゼロ?
何年も同じこと繰り返してればそうなるのかもしれませんがね。
それがあなたの仕事なんだから我慢して下さいよ。
ってかこんな人達とあと2ヶ月も付きあうのね(泣)
まあ、教習所なんて大体こんなもんらしいですからね。
辛抱しますよ。
小生は忍耐強いから。

その後ソリッド君と隠尊法主と国分寺で食事会。
くだらん話ができてとてもよかったです。
HPの改善点とか聞こうと思ってたのに忘れた・・・。
次回でいいか。
コメント5
トラックバック0

コンスタンティン

2005.09.04 日常茶飯事
現世は悪魔と神の均衡によって保たれている。
そういう世界観。
主人公はタバコの吸いすぎで余命一年のコンスタンティン。
(以下ネタバレ含む)
コメント3
トラックバック0

疲労

2005.09.03 日常茶飯事
HP久々に更新しましたよ。
(まだ書きかけだけどね・・・)
文章構成とか並べる順番が難しい。
書いてるうちに
「ああっ!!あれも!!これも!!書かなくては!!!」
となってしまいますた。
読みにくかったら指摘して下さい。
疑問質問苦情は掲示板で受け付けます。


全然関係ないですが
最近一週間肉魚を喰ってません(笑)
菜食主義者になってます。
肉は喰わなくても本当に生きていけますな。
これからは栄養の関係もあるだろうから
少しは喰うようにしますけど
(小生は貧血気味で立ちくらみとかするので)
大量に喰いたいとは思わない。
週に3回は焼き肉とか言ってるのを聞くと
正直引く。
あと炭水化物を断ってダイエットするとかいうやつも
何か間違ってる気がする。
確かに痩せるのかもしれないが・・・。
そもそも「痩せたい」と思ってること自体が
文明的に不健康だと思うんですよ。
だったら喰うなと言いたい。
そんなことも我慢できないのかとね。
喰わなかったら普通に痩せますよ。
喰わないで胃袋を縮めてしまえばリバウンドもない。


ついでに言っとくと肉を喰わないと
闘争本能というかそういうものが無くなっていく気がしますね。
心が平静になっていいのかもしれないが
戦いたい人には不向きかもしれません(笑)
コメント6
トラックバック0

散歩

2005.09.02 日常茶飯事
朝どうもすっきりしないので散歩に出た。
見えるものといえば蝉の死体ぐらい。
それとトカゲ。
トカゲは今日、10匹くらい見ました。
カナヘビもいたけど。
トカゲはまだ中途半端に子供のようでしっぽが青かった。
あの青すきなんだよね。
幼稚園の頃にはじめて見て惚れました(ポッ)
あれはきっと本体よりしっぽに注意を向けて身を守ろうという魂胆ですな。
昔は良くトカゲをつかまえましたけどね。
今はつかまえない。
しっぽ切るのはどうももったいない。
しっぽが切れたら余分にエネルギーがいるわけで・・・。
それでトカゲに悪いような気がしてつかまえません。
そのかわりにジロジロ観察します。
あのつぶらな瞳がいいんだよね。
光沢具合とか。

そういえば今HPの本文書いているので聖書とかデカルトの「方法叙説」とかを
読み直してます。
ダルい。
ベーコンの「ノヴム・オルガヌム」も読み直そうと思ったんだが
図書館に古いのしかなくてとてつもなく読みにくかったので別の図書館で借りることにしました。
量自体はそんなにないんだけどね。
訳が古いと旧漢字とか出てきて読めない。
ああいうのはなんとかならないのだろうか。
コメント8
トラックバック0

カトリーナ

2005.09.01 時事放談
帝人のCMに出ている少女・・・
ではなくメリケンを襲撃したハリケーンの名前らしいです。
小生はハリケーンに名前を付けるという習慣が疑問です。
まあしかし原爆にも名前をつけちゃう人達だからな。
ファットボーイとかどうなの?

ハリケーンに話を戻すと死者は数千人になるそうです。
マジかよ!?・・・。
被害は3兆円だとか。
海水面より低い地域は水没しているようですね。
海水面が上昇するとこういう災害も起きやすくなるだろうなあ。
コメント6
トラックバック1

我々がキリスト教的伝統のなかで生きていることについて

2005.09.01 未分類
こういう硬い話題だとコメントが減るという・・・。
いや、むしろ時期が悪いんだ!!
と絶叫してから本題に入ります。

前回「神は死んだ」という話をしました。
これは先進国全てに言えることで日本でも神仏は死んだのです。
我々は西欧の科学技術の中で生き、それらが生みだした理論を信じています。
西欧の科学技術は宗教的な欲求が多分に含まれています。
「自然」は神の与えた聖書と並ぶ書物であり人はそれを読み解かなくてはならない
という考え方です。
技術によって自然を制御利用するという思考はキリスト教ではなくともキリスト教的なのです。
よって共産主義も実はキリスト教的な伝統を持つのです。

科学技術がキリスト教的な部分はバイオテクノロジーに顕著に見られると思われます。
デカルトは物心二元論を主張しました。
それまでのキリスト教もそうですが大事なのは肉体ではなく精神です。
デカルトは精神は人間のみが持つと考えたので動物は機械のようなものである
という結論に達しました。
今のバイオテクノロジーはまさしくそれでしょう。
実験動物は「物資」ですし肉体は物体として研究されます。
ES細胞で部品のように臓器を作ったりもしています。
(ここでアメリカの福音派はクローンや中絶に反対しているではないかという反論が
 あるかもしれませんが、彼らはキリスト教原理主義者でイスラム教原理主義者が
 一般のイスラム教徒と違うように特別な存在であると思われます)
今、それが世界中で行き詰まっています。
しかし、それを捨てて別の生き方をすることはもうできないように思われます。
我々はどこまで行くのでしょうか?
それは小生にも全くわかりません。
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。