薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なれ

2007.12.08 日常茶飯事
引っ越して随分経つわけですが今の家はやはり使いにくい。

おそらく慣れというのもあるのでしょう。
前の家は小学生の頃から住んでいたので。。。

あと不便だよね。
最近会社にはいって八時半にちゃんと出社出来るのか
今さらながら不安になってきたorz

収入に少し余裕が出来たら駅の近くに引っ越したい。
駅としては遠くなってもいいから
家から駅が近いほうが良い。
これは間違いないね。

もっと前に気が付け。俺。
スポンサーサイト
コメント2
トラックバック0

鎌倉探訪

2007.09.16 日常茶飯事
鎌倉を探訪

鶴岡八幡宮→建長寺→小町通り
という順路。
八幡宮、やはり裏山が開発されなくて良かったね。
070916_1321~0001.jpg



鶴岡八幡宮での流鏑馬目当ての客が多くて鎌倉は大賑わいでした。
結局見れずじまいなので建長寺へ。。。

建長寺は蘭渓道隆が建てた寺で忍性の建てた極楽寺と並ぶ名刹。
下の写真は三門。
070916_1436~0001.jpg


300円支払って拝観。
でも、金を払う価値あり。
070916_1440~0001.jpg

上の写真は仏堂らしいが天井にも絵が描いてあり
その禿げ具合が歴史を感じさせる。
建物もよいが進んでいくと展望台もある。
そこからの風景は絶景。

さらに登っていくとハイキングコースに繋がる。
・・・ってことは逆から入ればタダで入れてしまうのでは???

まあ、いいか。

収穫だったのは河村瑞賢の墓を撮れたこと
070916_1507~0001.jpg

河村瑞賢は商人で海運業を発展させた人。
さらに淀川の治水を行ったことでも知られている。
実はこの治水事業は色々いわくがある。
瑞賢は稲葉正休の推薦で事業を行ったのだが
この事業を巡りいとこの老中堀田正俊と揉めたらしい。
その結果が有名な堀田殺害へ至ることになったのではないかといわれている。
堀田は殺される前に熊沢蕃山に幕政への参画を打診していたらしいのだが
私はこれは蕃山に瑞賢のかわりに淀川治水をやらせようとしていたのではないだろうか?
(蕃山は打診を断っているし、堀田も将軍綱吉もあまり好きじゃないと書いている)
と推測している(蕃山は畿内の治水に関しても提言している著書がある)
つまり、正休から正俊が仕事を取ろうとした・・・。
で、正俊の方が地位が上で権力を持っていたから正休はどうしようもなく
結局、殺してしまった。
蕃山の苦言もこういう背景があったからじゃなかろうか???


・・・まあ、妄想なんですがねw


八幡宮に戻ったあと小町通りへ。
ここに以前から行きたかった御香屋さん鬼頭天薫堂がある。
覗いてみたが予想より店内が狭く御客で一杯。

ということで次回の課題ということで(汗
次回は誰か旅の御供が欲しいなー。
一人で鎌倉とか寺社とか巡っているのってなんだか気が引けるからw
コメント2
トラックバック0

人とは面白いもので

2007.09.02 日常茶飯事
東京から神奈川に引っ越したのですが
事実上初めての引越なので(以前は同じ市内に引っ越した)
色々戸惑うこともありました。

自分で自分が面白かったのは今迄住んでいた土地に
郷愁を感じたこと。
思えば20年以上同じ所に住んでいたわけで
感じないほうが冷血漢のような気がしますが
去るとわかってからなにやらオシャレな雑貨屋さんに
入ってみたり、ラーメン屋さんで外食したりと
アクティブに地元を散策したりしました。

いまさらそんなものを見つけても意味ないのですが
地元を全然知らなかったんだな。
と、改めて感じました。

自分は実家がこれで消滅なので
もう、完全なる”個人”扱いです。
責任は全部自分。
言い訳できない。
電話で
「今、親がいないんで」
と断れない。

この前、役所に届け出を出しに行ったら
「君が世帯主!?」
と怪訝な顔をされました。
確かに顔だけだと高校生みたいですからね。。。
自分では童顔のつもりはないんですが
22には見えないらしい。
昔は老けてると言われたもんですがね。
しかし、よく話す友人には
「御老体だから」
みたいな扱いを受けます。
うーむ。これは・・・

「体は子供!!頭脳は大人!!!その名は!!・・・」

みたいな展開になるんでしょうか?(←いや、ならない

とにかく責任を感じます。
(親もあてにならないことだしw)

今は近所をチャリンコ転がして地理を把握しようと思います。
あと、鎌倉が近いので鎌倉マスターになりたいな、と。

そんなことを思っています。
コメント4
トラックバック0

アルバイト

2007.05.31 日常茶飯事
始めようと思います。
6月1日から仕事です。
市営プールで清掃と監視員。
時給は800~850と安い。
場所も少し遠くてこれなら交通費出るだろ。
と、思ったらコミコミなんだってorz
そんなーー(泣
うう。チャリで行くしか選択肢はない。
でも短期で堅実な仕事だとこういうのしかない。
勤務時間は9時~16時だと・・・。
うーむ。
7時間かあ。
一日大体5600円で
週3くらいでいれると一週間18000円くらい
とすると一ヶ月7万くらいか。。。
まあ、まあ、やね。

他のところは本当に長期できる人みたいな感じでしたから
条件が悪くても仕方あるまい。
少し不安もあるけどね。
夏休みとかはやはり死ぬほど忙しいらしい。
昼飯もろくに喰えないらしい。
プールだもんねー。
でも屋内だから日焼けはしないで済むぜ。
皮膚ガンのリスクはナシ!!

なんとか3ヶ月乗りきりたい。
なんとか。
コメント2
トラックバック0

昨日のその時歴史は動いた

2007.01.25 日常茶飯事
島原の乱についてやっていました。
首謀者とされているのは天草四郎ですが
本名は益田四郎時貞つーんですね。
名字の読みが一緒なので昔から少し親近感を持っていました(勝手に)

昨日の扱いは島原の乱は宗教一揆という部分が
強調されていましたが最近の研究では
宗教のためだけに起こしたわけでは無いということがわかっています。
だから、なんか違和感w
幕府がキリスト教(耶蘇)を諸外国の侵略を懸念して弾圧した
みたいな扱いをしていましたが、これもおかしい。
幕府は耶蘇ばかりを弾圧したわけじゃない。
しかも宗教弾圧は徳川時代に始まったわけじゃないことは
信長の叡山焼き討ちや秀吉のバテレン追放令からも明確です。
あと、九州なのでキリシタン大名が増加したのは
純粋に耶蘇に帰依したものばかりでなく貿易目当ての
者や仏教勢力に対抗するために奨励したものも多かったようです。
なぜ領主が仏教勢力に対抗しようとしたのかといえば
仏教勢力も領主と同様の力と領地を持っていたからです。
両者は土地などを巡って対立する存在だったのです。
下手をすれば自分がやられると
家康は特に若いころの三河の一向一揆で痛感したはずです。
(家臣も宗教を理由に裏切った)
家康の宗教政策にはそれが生かされたのでしょう。
本願寺は東西に分裂し耶蘇は禁止、権力者に反抗的だった
日蓮宗不受不施派も禁止され耶蘇ともども弾圧。
(島津では一向宗が弾圧され藩境で
 何度も侵入しようとした僧侶が捕まったそうな)
在来の宗教勢力は権力に協力することで生き残り
特権を維持することが出来た。

話がなんだかこんがらがってきましたが
要は島原の乱は宗教上の理由だけではなさそうだということ
が言いたいのです。
勿論、大きな理由の一つだろうし精神的支柱だったと
思いますが松倉氏がちゃんと支配をしていれば
こんなことにはならなかっただろう。
つまり生活が十分できているが信教の自由がないから反乱を起こす
というわけではなかろうとそう思ったわけです。
はい。
コメント0
トラックバック0

退職届

2006.10.23 日常茶飯事
バイトを辞めるので退職願を貰いました。
バイトでもいちいちやるのね。
しかし、どこを書けばよいのか分らない。。。
とりあえず必ず埋めなければならないところを埋めておくか。

それと丁度契約更改時期だったんですが
小生は二年四ヶ月も働いていたことが判明!!
長かったな・・・。
しかも今回の契約では本当は有給が付くはずだったんだって!!!
年五日。
すご。
バイトに有給とかあんの?
なぜ小生が入ったときにはなくていまさらつけるのだ?
まあいい。
どうやら辞められそうだからな。
しかし、最後に小生が育てていた新人はどうも不安だ。
トチらなければいいが。

ってかそんなこと心配する義理もないんだけどね。
コメント2
トラックバック0

安井至氏の講座

2006.10.11 日常茶飯事
やっと書けます。
といっても疲れていてウツラウツラしていた
部分もあるので正確とは言えないかもしれません。
でも資料を貰ったのでそれを参考に
キーワードや要旨を抜き出していく。
・トレンドはゴミ問題から資源不足問題になる

・現代は長い歴史からみれば
 化石燃料時代という異常な時代
 化石燃料が世の中を慌ただしくしてしまった。

・経済成長することが現在良いとされている
 価値観だが、”良いこと”の価値観を
 デカップリングせねばならない

・すなわち価値観の転換をせねばならない
 ブータンの一家の持ち物は25品
 日本の一家の持ち物は9000品
 だからといって日本人は幸せなのか?

・電池は電気を買っているんじゃない。
 ゴミを買っているんだ。
 (充電池を買おう)

・プレミアム商品が売り上げ至上主義からの
 脱却に繋がる。(売り上げでなく利益重視へ)
 例えばブランドプレミアムだったら
 ルイ・ヴィトンのバッグはただの塩ビだ
        ↓
 しかしヴィトンはポイポイ捨てられない
        ↓
 ゴミにならない、すなわち高いと捨てない

・第三の革命を起こすべき
 内容は
 化石燃料文明からの離脱
 活動を地球の資源フローの範囲内に
 人口をへらす
 資源使用量をへらす
 何らかの価値創造を継続する


感想
これでは江戸時代に戻ってしまうのでは?
ただ、講演中に江戸時代に戻れったって無理ですからね
と言っていた。
個人的に矛盾を感じたが・・・。
そして講演終了後に小生がした質問は
日本はエネルギーや食料を輸入に頼っている。
また、頼らざるを得ない。
国内で賄おうとしても入ってくるものが安すぎてどうにもならない
この矛盾はどうしたらいいのか?
というもの。
答えは
あと数年で食料が輸入できなくなるとわかったら採算
採れるようになるからそれまで頑張ればいいんじゃない?

・・・ダメだろ。
それまで大量に農業に税金注入を続けるの?
と聞きたかったがウツラウツラしていた手前
それ以上きけなかった(汗
なんかイマイチだな俺。
コメント0
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。