薄馬鹿下郎日記

プロフィール

八閑斎

  • Author:八閑斎
  • 齢:22
    性別:♂
    身分:会社員
    趣味:草履作り
       炭焼き
       登山

    ネコ好き
    歴史好き
    ジブリ好き

    貧血気味
    そして
    金欠気味

    リンクフリーです

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業のメンタルヘルスはどうあるべきなのか?

2008.05.17 時事放談
今、20~30代の若手社員に「うつ」が広がっている

と、されている。
実際出社拒否になってしまったという人がいる
ということもちらほら聞く。
(これは若手社員じゃなかったんだけども)

これからこの問題は会社組織にとって致命傷になってくるだろう。
ただでさえ、いまは人材の流動性が高まっているのに
残っている人が戦線離脱してしまったら
さらに他の人への負担が高まって悪循環が生まれてしまうだろう。

しかし、これは対策に高い専門性が必要なわけで
トーシローがカウンセリングすることはできない。
でも、病院に丸投げというのもマズイだろう。

会社組織内でどういう予防策が取れるのだろうか。。。

ま、配属になってから考えようw
スポンサーサイト
コメント0
トラックバック0

教育とか

2008.03.10 時事放談
この前、NHKで教育に関する討論番組をやっていた。
かなりくだらないというか個人的には不毛な議論が多かった。

キーワードは学力低下。
そもそも「学力」ってなんですか?
っていうことが疑問。
途中までそういう議論あったけど
「それは置いておいて」
ということになっちゃった。
でも、根本的にそこが重要でその議論がある程度の
一致を見ないかぎり先に進めないはずなのだが。。。

学力低下が叫ばれるようになるのはOECDの共通テストの成績が
悪いからである。
このテストの内容がNHKの番組で少し紹介されていたが
正直日本のテストの形式と違いすぎる。
日本のスタンダードは選択肢の正誤を問うものとか
応用問題にしてもトンチがきくかどうかみたいなものだ。
質問の形式が違えば日本の学生はとまどうというか
やりにくさを感じるだろう。
やりにくければ点数は恐らく下がる。
これは経験上だが。

OECDのテストの成績を上げたいならその対策の授業でもすればよい。
でもそれは本末転倒だ。
つまり、そんなもの気にしても仕様がないのだ。

じゃあ、真に求められる学力とは何なのか?

そしてそれは教育はなんの為にするのか?
ということにつながる。

明治以前の教育は基本的には、いわば塾であって
自分が行きたいから行く。
自らの将来のために行くものだった。
それが明治になって富国強兵のため、国家に尽くす人材を作るため
の教育になった。
もっともこのシステムで量産された官僚群は日本を亡国へ導いたが。
そして、現在の日本は明治の教育制度を引きずっている。
それが「教育を受ける義務」というかたちであらわれている。
いわゆる「バカ」が増えると日本が滅びるから国民の義務として
教育を受けよという生徒の立場からしたら完全受け身の状況だ。

戦後、エリート達は高度経済成長へ日本を導いたが
重大な公害を発生させたりバブル崩壊などにより
国家に想像を絶する負の遺産(今の国債・地方債の多さは周知の如く)を残した。

つまり二度も大きな失敗をしている人材育成制度を日本は変えようとしていない。
しかもこの期に及んで再び安易に「エリート教育」が必要だ。
と御託を述べている。
笑止である。

エリート教育が必要だと考えている人は何を考えているのか?

世界を支配しているのは多国籍企業でありそれらの持つ科学技術である。
だから世界で勝てる、儲けられる企業を日本から作る
もしくはそういう企業により多く日本人を在籍させることが必要だと考えているのだろう
と自分は想像する。
しかし、これらの企業は何をしているのか?
途上国から富を搾取し、一部の人々に富を集積しているだけではないのか?
途上国は世界と繋がることによって富をその地域から吸い上げられている。
企業で働く従業員とて楽ではない。
トヨタはかなりの過労死者を出しているとされている。
彼らは現代の神風特攻隊だ。
教育とはそういうことをするために行われるべきなのだろうか?
特に義務教育はそうではないであろう。
教育とは受ける人々がどうやったら自らが幸せになれるのか
考えられるようにするということが
使命なのだと思っている。
そのためには思想・哲学・宗教などの紹介も必要だと思う。
過去の人々が
人生とは何か?生きること、死ぬこととは?しあわせとは?
ということについて考えたことに触れることは
決して無駄ではないと思うから。

まあ、俺みたいに虚無主義者が生まれるのは困るがw
コメント4
トラックバック0

残念な

2008.01.16 時事放談
年賀状の古紙配合率が嘘だったというのは呆れる。
何が目的なのか?
配合率を押さえると業者に何か利益は出るのだろうか?
そこまで事情に詳しくないからわからないが。。。

それに配合されているはずだった古紙はどこに行ったのか?
業者の古紙持ち去りが続々と有罪となるほど古紙が
高くなっているからやはり中国に流れ込んでいるのか??


もう一つ残念だったのはシーシェパードの捕鯨船襲撃。
まあ、毎度のことといえば毎度のことなんだがw
彼らのことを「環境保護団体」って紹介するのは
やめてほしい。
日本国内での環境に関するイメージが低下する。
彼らの思想的なもとはシンガーの「動物解放」あたりに
あるのだろう。
「動物解放」や「自然の権利」というのはやはり
日本人にはなじみにくいだろう。

「捕鯨は日本文化」という水産庁の主張にはうなずけないが
力ずくで捕鯨を阻止する活動家の思考も理解しがたい。

「捕鯨は日本文化」という水産庁などの主張にはうなずけないが
捕鯨を実力行使で阻止する活動家らの心情も理解しがたい。
と、そう思います。
コメント0
トラックバック0

ナポリゴミ満載

2008.01.08 時事放談
ナポリでゴミ収集が止ってしまったんだとか。
先進国でもこういうことあるんだね。
日本でも愛知県で藤前干潟をつぶさせない!!
ってことでこういう危機がありましたよねー。

個人的にはそんなこんなで解決できるんじゃないのか?
と思ってたんですが
解決できない国もあるんですねw
他人事じゃないけども。
コメント0
トラックバック0

ブット

2007.12.30 時事放談
日本ではアルカイダに暗殺されたと報道された。
パキスタンではムシャラフに対するデモが起きているという。

この差は何か?

これはそれ以前の情勢を分析しないとわからない。
このブット氏は元首相だが父も元首相。
途上国によくある名家の令嬢がそのまま地盤を引き継ぎ
政治家になるパターンだ。
何度か首相を解任された後亡命していたが
このタイミングで帰国した。
シャリフ元首相も帰国している。

シャリフの場合戻ってきてすぐにムシャラフに国外追放されて
再入国した。
3巨頭が政権を取ろうとしているわけだが
ここに毎度のごとくアメリカが絡む。
ムシャラフはアフガン戦争に協力するかわりに
クーデターで得た政権を認めてもらったのだが
最近は国民の不満がたまって政権が危うい。
この前の選挙も選挙違反じゃないという声が出ていた。

このくらいゴチャゴチャし始めるとアメリカが
首をすげ替えようかと考え始める。
その新しい首がブットだったらしい。
女性でもあるから民主化の象徴になるっぽいし
こっちに乗り換えようとアメリカは思ったようだ。
ムシャラフはたまったもんじゃない。

・・・だから殺したんだとブット支持者は考えているのだろう。
自分も第一報が入ったときムシャラフがやったと思った。
そのうち「アルカイダだ」となったときも
少々違和感があった。
動機は確かにありそうだがここで??
と思った。
やはり怪しいのはムシャラフじゃないか?
自爆テロだから真相は闇の中だ。
コメント0
トラックバック0

王制の衰退

2007.12.19 時事放談
ブータンは王制国家であったがこのたび
民主化を行い近々初めての選挙をするらしい。

ただ、この民主化は国民が希望したのでなく
国王が推進したらしい。
というか多くの国民は現状(王制)に満足しているのだが
「今後良くない王が出ないとも限らない」
と国王が全国行脚して国民を説き伏せたらしい。

なんとも奇妙な構図だが
これは個人的な推測だが御近所の国ネパールの情勢が
関係しているんじゃないかと思う。

ネパールはギャネンドラ国王が独裁だと非難され
共和制に移行しようとしている。

ブータン国王は将来こういうことが起こるんじゃなかろうか?
だったら今のうちに国民に権利を渡しておこう
と考えたんじゃなかろうか。

しかし、民主制を体験したことのない集団が
非自発的に民主主義国家を運営できるのだろうか??
社会実験としても非常に興味がある。
コメント0
トラックバック0

徴兵制で教育が出来るのか?

2007.12.04 時事放談
そのまんま東の発言をいちいちとりあげることもないかもしれない。
しかし、この言葉の背景には重大な問題がある。
戦争が云々ということではない。


そのまんま東は結局、最近の若者は腑抜けで規律も守れないから
自衛隊やら軍隊に入れて叩き直したほうが良い。
そんなところだろう。
まことに浅はかだと思う。

軍隊をはじめとした規律の厳しい組織に入れば
礼儀正しい「大人」が出来上がるのだろうか?

個人的には無理だと思う。
軍隊内でのイジメは有名だ。
なぜ、自衛隊で自殺者が多いのか?
沖縄などで米軍の海兵隊が犯罪をおこすのか?

規律が厳しいところで教育すれば
ちゃんとした人ができるなら世話はない。
コメント4
トラックバック0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。